自家製苗のサトイモの苗とショウガの苗を植え付けしました。 NOー408

鳥取県地方も、今年は梅雨の後半は雨降りの日が多く続き、中々梅雨が明けません。
その分、晴れ間の日が少なくて外作業が捗らず、畑は雑草が伸び放題でジャングル状態です。
1)7月初旬、自家製のサトイモ苗を定植しました。
 *4月発芽用促進箱に伏せたサトイモの種芋のが移植出来るまでの苗が大きく成りましたので早速、植え付けしました。
Img_5020-800x600_20200728144901 Img_5021-600x800_20200728144901 *使用種芋ーサトイモ赤芋x500g(9個)、
ー土垂芋x1000g(20個)
ー唐芋x500g(20個)を植え付け。



    
Img_5097-800x600_20200728143202
Img_5559-800x600 *サトイモ苗x36株(3種)を4畝に植え付けです。

*根肥えとし有機肥料(鶏糞と油粕のミックス)をいれます。







Img_5567-800x600*今年は春先の高温と梅雨の雨が多く保湿が充分だったので、種芋の発芽が例年に比べ良い自家製の苗が出来ました。








Img_5580-800x600










Img_5582









Img_5576-800x600*サトイモの苗は株の間隔を約40cm程で植え付けです。










Img_5597-800x600
*今年は、植え付けした後に沢山の降雨で苗の根付きが非常に良好です。




















2)大お多福ショウガの自家製の苗を植え付けしました。
Img_5079-800x600_20200728143201
*4月中旬に伏せた、ショウガ種芋1000g(約20個)の苗が好天で良く育ちましたので植え付けしました。
Img_5564-600x800


Img_5591-800x600

Img_5586-800x600Img_5598-800x600


























 

 








3)待望の、小玉スイカが初収穫出来ました。

Img_5479-800x600*5月上旬に植え付けした「小玉スイカ赤苗」x2本が充分な日照と高温で順調に育ち、待望の収穫です。









Img_5477-800x600










Img_5478-800x600*2本の株で5個の立派な実が付き早速新鮮な夏のスイカの風味を堪能しました。
*例年小玉スイカは余り実付きが良く無いので、ヤハリ大振りの実の付くものは楽しいです。
Img_5553-600x800
















4)ようやく、ニンニクを収穫しました

Img_5252-800x600*昨年11月の植え付けしたニンニク種芋が約8ケ月達ち収穫と成りました。








Img_20200620_175518-800x450 Img_20200620_175520-800x450*ニンニクの栽培は長い期間(約1年弱)と3~4回の充分な追肥が必要で結構手間が掛かりますが我が家では料理にhs貴重ですので重宝してます。
*毎年自家採収した種芋を植え付けしてますのでここ数年はニンニクは買ったことが有りません。






| | コメント (2)

2020年6月29日 (月)

玉ネギ全品種とジャガイモの第一弾の収穫が終わりました。  家庭菜園報告 NOー407

鳥取県地方、今年は空梅雨で雨が少なく暑い日が続いて居おります、そのせいか例年より作物の育ちが一周り早い感じがしますネ、
特に気温が30度にも達する日も有って外作業が厳しいこの頃です。
1)6月上旬、玉ネギの全品種(早生、赤玉、晩生玉ネギ)の収穫がようやく終わりました。
**昨年11月中旬に
植え付けした玉ネギ苗が、今年は春先の高温で良く育って早速収穫と成有りました。Img_5394-800x600
早生の玉ネギx100本    








Img_5267-800x600*早採れの早生種は水々して春先の玉ネギは貴重です。









Img_5416-600x800










赤玉ネギx50本  
   
Img_5415-800x600*赤玉ネギはサラダなど生食に最高です。








 Img_5432-800x600 晩生玉ネギx200本

Img_5433-800x600









Img_5431-800x600
Img_5434-800x600*今年の玉ネギの出来栄えは気候に恵まれたせいか玉太りは素晴らしく良く出来ましたが、春先の高温でネギ坊主(トウ立ち)付が沢山出ました。
*この玉ネギの収穫量が我が家の略1年間分ぼ消費量分です。  
Img_20200630_131740-800x450*軒先に吊るして乾燥と保存します。
2)ジャガイモの第一弾(キタアカリとダンシャク芋)の収穫が終わりました。
Img_5495-800x600**今年3月中旬の植え付けしたジャガイモが葉身が枯れ出しましたので、昨年より約1週間から10日も早く収穫出来ました。
Img_5390-800x600








*キタアカリx約25株(2.5畝)
Img_5445-800x600Img_5413-800x600Img_5407-800x600   *ダンシャクx約30株83畝)       
Img_20200630_131620-800x450*ジャガイモの2種共に植え付け時に 少し大振りの丸芋の種芋で植え付けしたので全体に実付きは大振りの芋付き良い出来栄えでした。


  

3)5月末にサツマイモ苗の植え付けが終わりました。
*サツマイモベニアImg_5196-800x600ズマ苗x30本の植え付け
が終わりました。  











Img_5202-800x600*元肥として有機肥料ミックス(鶏糞と油粕)を入れます。  
Img_5206-800x600
Img_5223-800x600

 




*株間早く40cmで2畝の全株にマルチを掛けます。
 *秋の10月末頃に収穫出来る予定です。  

**6~7月には一大作業の大豆と小豆の種撒きが始まります




| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

今年も夏野菜の苗の植え付けが終わりました。     家庭菜園報告 NOー406

  鳥取県地方も今年の連休は快晴続きで す、
今世間では色々と騒がしく成ってますが菜園は自然のままで、その分外作業が捗ってます。
1)夏野菜苗の植え付け作業をしました。
*5月の連休好天気続きで「第一弾の植え付け」です
Img_5116-800x600*夏野菜苗の植え付け用の畝3本には元肥として有機肥料ミックス(油粕と鶏糞)を入れました。
  Img_5153-800x600_20200524172801  *夏野菜苗の植え付け品目と数量。
Img_5114-800x600*ミニトマト苗x4本。トマト桃太郎x2本。トマト瑞英x2本。キュウリx4本。Img_5115-800x600_20200524144301ナス丸ナスx2本。長ナスx2本。千両ナスx2本。Img_5156-800x600*ピーマン京みどりx2本。エースx2本。カボチャ苗みやこx1本。Img_5130-800x600 
     








Img_5129-600x800














*追加植え付け分ーミニトマト中玉x4本。ナス黒曜x2本。唐辛子x2本。
Img_5158-800x600*カボチャンみやこX1本。小玉スイカx2本。
Img_5155-800x600_20200524172801 Img_20200507_143229-800x450
*直立式の支柱を立て、カボチャの苗には保温用のキャップを架けました。







**「第二弾植え付け」

 Img_5109-800x600*小玉スイカ苗x2本。
*オクラ苗X3本。
Img_5170ak-800x524 








 Img_5190-800x600









*トウモロコシ苗(先月に種まきした自家製苗)x26本。
Img_5212-800x600 
2)伸びたジャガイモの芽欠き作業をしました。
Img_5152-800x600 *3月中旬に植え付けしたジャガイモ「キタアカリ、ダンシャク、メ―クイン」
の新芽と葉身が好天に恵まれ大きく成りましたので、早速2~3本立に芽欠きをしました、この作業はジャガイモの育ちと芋付きを良くする為に大切な作業で後収穫までには2~3回は遣る予定です。
 Img_5149-800x600 Img_5148-800x600








*ジャガイモ畝5本の土寄せしました。
Img_5240-800x600 
3)春豆、絹サヤが採れ始めました。
Img_5071-800x600_20200524153801Img_5069-800x600*昨年11月下旬に種まきした春豆「絹サヤ白花」は待望の収穫出来と成りました、この時期の絹サヤは春の味覚を味わうには玉子とじやサラダ等で最高の食材です。Img_5072-600x800_20200524154201
*エンドウ豆は未だ未だ実入りを確りと遣りますので収穫は5月下旬頃の予定です。
   Img_5074-600x800_20200524153701

| | コメント (2)

«サトイモとジョウガの種芋を促芽箱入れ作業をしました。 家庭菜園報告 NOー405