2018年9月30日 (日)

冬野菜の植え付け準備作業です。 家庭菜園報告NOー389

鳥取県も9月に入ってから連日の台風到来で雨の日が多く急激に気温が下がって来て周りの田圃の稲刈りも段々と進んで秋本番です。
ようやく、冬野菜類の種まき植え付けの準備で忙しく成って来ます。
1)先ず最初に夏の間暫く手就かずの野菜畑の草刈りと畝作りの耕運機入れ作業です。
Img_2861_800x600Img_2860_800x600_2Img_2670_800x600

 







2)冬野菜の第一弾種まきです。

Img_2892_600x800*青首大根の種まき






Img_2891_800x600



*聖護院蕪の種まき
、例年蕪の発芽は余り良く無いので今年は蕪は少し多めに種まきをします。

3)サツマイモの初試掘りをしました。

Img_2917_800x6005月下旬に植え付けした「サツマイモ金時」30本の
先ず2株を掘りをしました。
Img_2919_800x600*今年の夏は殆んど降雨が無く完全な水不足でサツマイモの葉身の育ちが非常に悪くて例年に比べ芋付きも特に小振りです。




3)金ゴマの花芽の付きの様子です
Img_2912_800x600

6月頭に種まきした「金ゴマ」3畝分が今年は少し遅目ですが待望の花芽が付きました。

*何時見ても「金ゴマの花」は薄ピンク色の可憐な花が咲きます。
Img_2867_800x600Img_2865_800x600

| | コメント (2)

2018年8月31日 (金)

我が家の、大豆と小豆の栽培 家庭菜園報告 NO-388

鳥取県地方も今年の夏は連日35度以上の記録的な酷暑が続いて居て、菜園も畑もカラカラで土埃が舞っております、真に経験の無い程の干バツに遭遇してます。
「大豆の完全無農薬栽培、第一弾の報告」
1)大豆、小豆用畑を耕運機で耕す作業をします。
Img_2505_800x600*6月上旬、
*春先から雑草に覆われた大豆畑を知人に頼んで大型耕運機で耕して整備して後、我が家の小型耕運機にて全面(約180坪)を天地返しと雑草除去の為に耕し大豆と小豆用の畝作りの準備をします。
Img_2508_800x600


 

2)種蒔き用の畝作り作業。
*6月中旬
大豆と小豆の種まき用の畝を作ります。
畝幅約35cm+溝幅x60cmで1畝は約95cm幅です。
Img_2514_800x600*溝は土寄せ作業で小型耕運機を入れる為に少し幅広く(60cm)に切ります。
Img_2520_800x600*大豆種蒔き用x17本畝
*小豆種蒔き用x6本畝
今年は小豆用を2畝分程少なく作りました。Img_2524_800x600







3)大豆の種まき作業。

Img_2526_800x600

*6月18日 

待望の、大豆種蒔きの作業開始です。
*大豆の種蒔き量x約1000g
Img_2529_600x800Img_2536_800x600


*大豆は一か所に3個ヅツx55列x17畝(約2900個)





Img_2541_800x600Img_2546_800x600
Img_2553_800x600


Img_2560_800x600



*種蒔き後はカラスやキジの被害を避けるために周囲に防鳥黄色糸と反射テープを設置しました。


4)大豆の発芽の様子。

Img_2588_800x600*7月上旬
*待望の大豆の発芽が始まりました、
Img_2589_800x600*今年は特に降雨が少ないせいか少し遅めの発芽状態です。



Img_2615_800x600

Img_2591_800x600

*今年は全体に発芽率(約85%で)が非常に良好です。






5)土寄せと草刈り作業。
Img_2815_800x600*7月下旬
種まき後約一月半経過して株も大分伸びましたので雑草の草刈りと土寄せ作業をします、何れの作業も大豆の生育を良くするには重要な作業です。
Img_2822_800x600






Img_2813_800x600









「小豆栽培の第一弾の報告」

1)小豆の種まきの作業。
*7月12日
Img_2674_800x600*今年の小豆は約200gを6畝に種まきしました
Img_2675_800x600*1ヶ所3個x55x6畝=約900個
*昨年より約2畝分少なく成りました。




Img_2682_800x600

Img_2687_800x600


Img_2689_800x600



*種蒔きした畝の周囲には防鳥用黄色糸と反射テープを4方に張ります。
2)小豆の発芽が始まりました。
Img_2819_800x600*7月下旬
待望の小豆の発芽が始まりました。
Img_2820_800x600*例年大豆は発芽率は95%異常で非常に良好です。




Img_2821_800x600



**次回は11、12月の大豆、小豆の収穫時期に第二弾を報告の予定です。

| | コメント (2)

2018年6月29日 (金)

サトイモ種芋を促芽箱入れ作業をしました。 家庭菜園報告NOー387

鳥取県地方も梅雨のど真ん中ですが、今年は空梅雨の気配で、殆んど雨が降りません。
その分、菜園の外作業には暑さが厳し季節です。
1)5月中旬、サトイモとジョウガの種芋を促芽箱で発芽させます
Img_2403_600x800*サトイモ唐芋(赤芋)種芋x1.0kg(約18個)
Img_2405_600x800*サトイモ石川早生種芋x1,0kg(約30個)

Img_2407_600x800*促芽箱(段ボール箱)の底部に発芽用に腐葉土を約15cm程入れ、天面には透明ビニールシートを掛けて保温と保湿して約一月半程の間で発芽を促進させます。
*サトイモ用に段ボル4個
*ショウガ用に段ボル2個
Img_2410_800x600*種芋の植え付け間隔は約10cmで1箱に12-15個程を植え付けします。





Img_2413_800x600*大ショウガ種芋x1kg(約18個分)
ー種芋は1個が約60g程に芽を傷つけない様に割ります。Img_2417_800x600
*ショウガの種芋は約15cm間隔で1箱に9-12個程植え付けします





Img_2421_800x600*天面に透明ビニールシートをかけ雨が入る様に穴を開け、更に風対策に針金の支柱と紐を掛ける。
*サトイモの苗は6月末頃から植え付けの予定です。


2)6月上旬、今年も恒例の「金ゴマ」の種蒔きです

Img_2574_800x600*昨年我が家で自家採取した「金ゴマ」を撒きます
Img_2571_600x800*今年の金ゴマの蒔き量は3畝で約200gです。




Img_2492_1024x768



Img_2495_1024x768*撒きの仕様は1畝に約4本の筋撒きで蒔きます。



Img_2498_1024x768*昨年は収穫量が比較的少なかったので今年は少し厚めに多く蒔きます。




3)脇枝が伸び出し夏野菜の支柱立て作業です。

Img_2586_800x600*丸ナスの支柱をクロスに立てます。Img_2576_800x600



*ピーマンと水ナスは直立式の支柱です。
Img_2578_800x600*大玉トマトとミニトマト類は合掌式の支柱をします。


Img_2582_800x600*カボチャは支柱を立てネットを張り空中栽培をします。
Img_2580_800x600*カボチャの空中栽培は受粉の効率が良く、伸びるツルを整え易いので便利です。

| | コメント (2)

2018年5月29日 (火)

今年も夏野菜苗を沢山植え付けしました。家庭菜園報告NOー386

鳥取県地方、未だ梅雨入りもしてないのに、連日25℃以上にも成りまるで初夏が訪れた様な熱い日が続いています、その分菜園の野菜達も雑草達も伸び盛りです。
1)ようやく、少し遅く成りましたが、連休に夏野菜類の7種(13品目)の苗の植え付けが終わりました。
Img_2361_800x600*トマト
ーミニトマトx4本。桃太郎トマトx2本。サンロードトマトx2本。

Img_2360_800x600ナス
ー米ナスx2本。博多長ナスx2本。黒陽中ナス。千両ナスx2本。



Img_2359_800x600*ピーマン
ーエースピーマンx2本。京みどりx2本。
*キュウリー4本。

*ゴーヤー長レイシx2本。*オクラx2本
Img_2364_800x600
Img_2363_800x600







Img_2372_800x600


*苗植え付けの間隔は35cmで植え付けで支柱たてます。
Img_2374_800x600*米ナスは例年我が家の定番品です。





Img_2376_800x600Img_2377_800x600*ゴーヤー青長レイシ




Img_2379_800x600*坊ちゃんカボチャには保温用ビニール袋を掛けます。

Img_2367_800x600




Img_2378_800x600*4畝の全部の苗には直立式で支柱を立てます。






2)サツマイ苗の植え付けをしました。

Img_2431_800x600*サツマイモの苗は金時X30本
Img_2432_800x600*今年の苗の植え付けは畝作りの時期の関係で例年より約10日程遅く成りましたが、サツマイモの植え付け期間は長いので、その分収穫時が送れますが、未だ未だ十分に間に合います。
Img_2434_800x600Img_2435_800x600*サツマイモの植え付けは2畝に30本を約40cm間隔で植え付けし全面マルチ掛けをしました。




3)夏物の種蒔です。

Img_2382_800x600

*ツルありインゲン豆
Img_2470_800x600*定番の黒田5寸のニンジン




**気候が段々と良く成って菜園も大豆畑も増々忙しく成って来ましたが、今年は此れかの夏は体(歳?)を考えて作業を少しセーブして遣っていこうと思って居ます。

| | コメント (2)

2018年4月30日 (月)

ようやく、今年のジャガイモを植え付けしました。 家庭菜園報告NOー385

鳥取県地方も今年は未だ4月末ですが連日の好天で25度程にも成って丸で初夏の様な気候が続いて居ります。
 ようやく、色々と有って「農園の草取り作業と耕土作業が大幅に遅れていたが畑の準備が出来て、今年のジャガイモの植え付けが終わりました。
1)4月頭、ジャガイモ種芋の植え付け作業Img_2259ak_800x684
Img_2246_800x600*植え付け数量
*ダンシャク芋ー1,0kg( 18個) 1畝
           Img_2241_600x800





*メークイン芋ー1,0kg
(30個 )1.5畝
           :
Img_2244_600x800







*キタアカリ芋ー1,0kg
(15個)1畝Img_2250_800x600_2






Img_2253_800x600


Img_2257_800x600

*今年の植え付け種芋の数量の合計3,0kgは昨年より植え付け面積と消費から約2.0kg減らしました。




2)春豆苗の定植です。

Img_2345_800x600Img_2344_800x600*今年2月に種まきした、春豆の自家製苗の絹サヤ赤花とエンドウ豆のポット苗が充分に大きく成りましたので定植しました



Img_2346_800x600*赤花絹サヤx22苗
Img_2348_800x600*エンドウ豆x15苗

Img_2346_800x600_2




*春豆にネット架けをしました。



3)4月中旬、恒例の初筍掘りをしました。Img_2320_800x600
Cimg9791_800x600_2
Cimg9795ak*今年は例年に比べて気温が高いので筍の採れる時期が約10程早い様です。




Img_2322_800x600


Img_2328_600x800

*早速、筑前煮や筍御飯で今年の初物の風味を味わいました。

| | コメント (2)

«自家製味噌作りです。 家庭菜園報告NOー384