« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月24日 (日)

師走です! 家庭菜園報告 NOー51

今年も残り少なく成りましたので、本年度の「家庭菜園収穫の総括」をして見ました(来年度への反省点)です。
20061216_hata20061105_hata1 





1)目標「多品目、小ロット、無計画、出来た限り、無農薬、小肥料」栽培
2)害虫の被害が酷く「葉菜類」は自然製消毒薬(木酢液等)は再度改良の必要有り。
3)土壌の改善の重要性を再度痛感しました。
4)種蒔き、定植の時期の大切さを認識しました。
  * 平成18年度 家庭菜園の成績表

評価

品目

成績

内容

横綱

ジャガイモ

期待以上の収穫

根菜類は比較的良好

収穫量が安定

玉ネギ

サツマイモ

ニンジン

大関

トマト

予測どうりの出来

夏野菜は出来に差が出た、苗の良し悪しが決めて。

キュウリ

カボチャ

ゴーヤ

リーフ(サニー)レタス

関脇

ブロッコリ

期待に少し達し無い

葉菜類は「虫害の影響」をもろに受け、非常に難しい、気温が下がり回復。

キャベツ

小松菜

春菊

チンゲンサイ

小結

ピーマン

予想外に出来が悪い

果菜類は初夏の日照不足とその後の水不足の影響を大きく受けた

ナス

白菜

高菜

前頭

ナス

全く期待が外れた

豆類は土壌の不良(PH調整不足)と種蒔き時期の悪さが出た

ホウレンソ

エンドウマメ

トウモロコシ

エダマメ

番外

マリーゴールド

チューリップ

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2006年12月16日 (土)

寒冷の時 家庭菜園報告 NOー50

当地は、空も冬模様の真近な様子で、明日は天気予想で初雪が降りそうです(家庭菜園には嫌な季節!)
本日は冬支度(防寒対策)と雑草取りの作業で終了です。
1)玉葱、大根に「
20061216_tamanegi敷き藁ともみ殻撒き」作業。
20061216_wara遅蒔きの大根(10月27日蒔き)雪対策とし敷き藁で防寒対策です。
遅く定植した玉葱も順調に根付き安定しました。
20061202_buroltukori
2)ブロッコリ、キャベ20061216_buroltukori20061202_kyabetuも順調。



*雪対策として追い肥(下記参照)と根元に土寄せ(倒立防止)を多めにしました。

3)自家製造腐葉土
20061202_fiyoudo雑草堆肥落葉と油粕を混合し黒色ビニール袋で自家発酵後3ヶ月以上程経過し物を使用。

**家庭菜園作業もソロソロ終わりですネ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2006年12月 9日 (土)

初冬の季節 家庭菜園報告 NOー49

雨降りの日が多く、ヒタヒタと冬の気配もう直ぐに雪が降りそうです、冬野菜の収穫作業のみに成りそうです
一部では冬野菜が出来すぎで廃棄している等の噂が有りますが
我々家庭菜園人から見ると自然に対する冒涜で、残念で成りません!!

1)ニンジンの収穫が20061209_ninnjin盛況です。
20061209_ninnjin29月16日に種蒔きの「太陽5寸ー短足型」少し小振りですが 収穫出来る様に成りました(間引きを兼ね)その風味と柔かさ感激です葉と小型の物は「野菜ジュース」に使用して活用しております。2)ホウレンソ20061103_hourensou
20061209_hourennsou *9月18日、種蒔き発芽後に害虫に遣られて散々の苗が一部(約半分)が残り、木酸酢、間引きと雑草取りで、ヤット収穫に成り、ホウレンソウは無農薬で栽培は大変な苦労でした
**ソロソロ本年度の家庭菜園の総括を検証し様かと考えております

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2006年12月 3日 (日)

初霜の季節 家庭菜園報告NOー48

山陰地方も寒さが厳しく成り、冬の気配が近付いて居りますが、しかし今年は暖かく約10日程遅れ気味です、連日の雨、少しの晴れまに菜園作業を遣っております。
1)高菜の植え替え。

20061202_takana*10月14日に種蒔きした「三池高菜」が育ち、少し遅れ気味ですが害虫の被害も収まり増したので約30株程を準備の畝に植え替え、。
2)20061202_daikon20061202_daikon220061103_ninjin根、ホウレンソウの間引き。




* 遅く植えの大根(来春用ー長径春ずまり)本葉が10cm程伸び其れらしく成りましたので。
**家庭菜園も作付け作業は一段落に成り、草取り作業程度です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »