« 花曇りの季節 家庭菜園報告NO-66 | トップページ | 花冷えの季節 家庭菜園報告NO-68 »

2007年4月14日 (土)

初筍掘り 家庭菜園報告 NOー67

今年初めての筍掘りをしました、何と昨年に比べると約10日程早い収穫です、早速に初物の筍の柔かく深みの有る貴重な食感を堪能しました。
1)筍掘りの竹薮です(
この竹薮は筍掘りが自由に出来る貴重な場所ですCimg0632asyuku
Cimg0607asu  








2)初筍の姿

Cimg0611asuku
時期的に早いので筍を見付けるのが難しいですが此れも筍掘りの楽しみの一つです。


3)本日
Cimg0634asu_1の収穫物です(例年より少し小振り
Cimg0615asuku








4)筍料理 
Cimg0647 *筍と蕗とワカメの煮物







Cimg0630asyuku
*定番の筍ご飯






**次回は野菜の花シリーズの予定です
(写真はクリックで拡大します)

|
|

« 花曇りの季節 家庭菜園報告NO-66 | トップページ | 花冷えの季節 家庭菜園報告NO-68 »

コメント

初めまして~筍が自由に採れる貴重な場所にお住まいで羨ましいですね。 そして、写真の数ほどお採りになったんですか。これ又、羨ましい事。
一度は旅行して見たいと思いながら、なかなか実行出来ずにいる一人ですが、その場所にお住まいも~私にとっては、これ又、羨ましい事 だらけです。又、お邪魔させて下さい。  

*wakaboshiさん
 初ご訪問有難うございます、ブログにも書きましたが田舎でも自由に筍掘りが出来る場所は貴重です、実はその後2回ほど
採りに行き20本程採り知人に御裾分けし大変喜ばれました。
旬の物を味わえるのは此れも田舎暮らし(Uターン2年生です)のささやかな楽しみの一端ですネ。
余り特別な記事は有りませんが、此方こそ今後とも宜しくお願いいたします。         久米仙人

投稿: wakaboshi | 2007年4月22日 (日) 16時31分

リンクの件、ありがとうございます。
紹介文は下記にしたいとおもいますがいかがでしょうか。

”久米仙人さん:故郷にUターンし、健康目的の家庭菜園を楽しんでいます。”

ご確認をお願いします。

*スロー人さん
 リンク、文面の件了承しました。
此方こそ宜しくお願いお願いいたします。 
                     久米仙人

投稿: スロー人 | 2007年4月20日 (金) 21時31分

この稿に3度目のコメント。しつこくてすみません。
筍、また届きました。
これは、明日来訪する会社時代の先輩ご夫婦を、筍ご飯の他、筍づくしの料理でもてなそうかと思っています。
このご夫婦とは、夕方からは麻雀になります。

久米仙人さんにお願いがあります。 それは・・・
私のブログの「友人紹介」欄に、久米仙人さんのブログをリンクさせてもらっていいでしょうか。
私のブログを訪れた人が、久米仙人さんのブログを開けるようにするものです。
もしOKなら、紹介文を作成して、再度ご承認を得たいとおもいます。
よろしくお願いします。

*スロー人さん
 再度の訪問有難うございます、友人との家庭マージャン宜しいですね!!
 当方のブログ照会リンクの件、現状は週一のペースの更新のみで目新しい記事も有りませんので、期待に添えません様で、正直面映ゆい心境です。
結果、リンクを張られる程度ならば了承です、紹介は簡単1行で(ex マイペースの健康目的の素人菜園人とでも・・) 結構ですヨ。

投稿: スロー人 | 2007年4月20日 (金) 10時35分

久米仙人さんのブログから一日遅れで、我が家にも、知人から例年通り「筍」届きました。
久米仙人さんのブログを見て、よだれを流して待っていたので、早速に「筍ご飯」にして食べました。 近くに住む息子夫婦にもおすそ分けを・・・。
待っていただけあって、それに採り立ての筍なので、とても美味しかったです。
旬を感じる食べ物・・・、日本は本当にいい国ですね。

*スロー人さん
 実は昨日当方も1週間ぶりに又、筍掘りに行き、正しく「雨後の竹の子」で大漁?でした、知人4軒程に御すそ分けし初物で大変喜ばれました、自分的にも喜ばれ満足でた、昨日は、吸い物、中華春巻きにて旬を堪能しました。
本当に季節を味わう田舎暮らしの醍醐味と言うところですね。

投稿: スロー人 | 2007年4月18日 (水) 08時54分

こんにちは!筍おいしそうですね!!!
私も大好きです。
この辺にも自由に取れるところがあればいいのですが・・・
まだ、捜索中です。
スーパーで買うものとは比べ物になりませんものね。

*農家見習の嫁
 長野地方は以前仕事で何年か行きましたが、筍、キノコ等う
豊富に有るますよね(但し自由に掘れる所は以外に少ないですよネ)、その内近所から御すそ分けがキット来ますヨ(念じれば通じる)。
 レタスの作付けの最盛期のようで大変ですね、お子様の保育園の朝の通園は如何ですか?ケロットして元気で通っていらしゃる事でしょう。            久米仙人

投稿: 農家見習の嫁 | 2007年4月17日 (火) 22時39分

もう、うち(父所有の山)にも筍が生えてるかもと思った理由の1つは久米仙人さんのブログを拝見させていただいたせいもありました。うちよりも久米仙人さんのところの方が寒そうなイメージがあるんですよ。だから生えているのではと(笑)実際ありました。
筍ご飯、ワラビと共に煮物、筍すまし汁にしました。
まだ珍しいのでみんな喜んで食べてくれましたよ。時間がたって珍しくなくなると、なかなか掘りにも行かず大きくなった筍は蹴り倒される運命です。
初物の筍とはかなり待遇に差があるようです。

:maoさん
 当方も昨年より「筍掘り」にハマっておりまして(この秘密の場所?-実は自慢で皆に知らせてますがネ)今年も知人よりの連絡で早速に馳せ参じた次第です。
おっしゃるとうり、筍は旬が命でその内にスーパ等アッチコッチからまるで竹の子の様に??(一山幾らで)出てきますね?
ですから、今のうちに旬を味わい優越感を堪能しております。
  久米仙人

投稿: mao | 2007年4月16日 (月) 17時45分

ワォー竹の子!
筍高価なんですよね。今年。
自由に掘っていいんですか?何ともうらやましい。
そして、美味しそうな料理まで・・・・
昨年わざわざ千葉の民宿まで行って筍料理を食べましたけれど、筍ご飯に筍のてんぷらが一番ですね。
刺身は?でした。
自由に掘れるそんな豊かな自然がうらやましい!

*山ちゃん
 田舎でも筍を自由に掘れる場所は滅多に有りません、よって
秘密な場所なのです(実は知り合いには皆教えてますがネ)競争が大変なんです、早ければ見付けられないし遅ければ無くなりますし、置いておくと一雨1尺と申しまして伸びすぎで硬くなりますし。
筍は料理には色々吸い物、刺身等有りますが、旬の時期が短かいので新鮮さが一番ですね、マアこれも田舎暮らしのささやかな特権ですかね。     久米仙人

投稿: 山ちゃん | 2007年4月16日 (月) 08時50分

こんばんは!
もう、筍の季節なのですね!
筍堀いいなぁ♪
こちらは、まだのようです・・・
いつも知人から頂いてばかりで、
一度も堀に行ったことがありません。
旬の筍、蕗、ワカメを使った料理、筍ご飯、
新鮮で美味しそうですね☆

またまた、ご指導頂きたいのですが、ミニトマト、トマトの苗を買いたいのですが、どの種類の苗が美味しいのでしょうか?
実家から、桃太郎の苗を3つ貰いましたが、後、どの種類のミニトマト、トマトの苗を植えようか迷っています。
昨年は、桃太郎と後、何種類かのミニトマト、トマトの苗を植えたのですが、小さいんだけど甘くて美味しいミニトマトが沢山摂れた苗があったんですが、名前を覚えていません。
反対に黄色のミニトマトがなる苗を植えたら、殆ど実も付けず枯れたの。。。トマトも当たり外れがあって。。。お~~っ、大きくなってきたなって思っていらた、落下してたり・・・枯れてしまったり・・・トマトはスーパーで買うと高いし、育てたほうが新鮮で毎日、美味しいトマトが食べられるから、今年も絶対作りたいものの一つです。
ご指導下さい。お願いします!!

*サユサユさん
 トマト、ミニトマトは正直種類が多く(最近は外来種が多く入ってますから)特定の種類は難しいですヨ、
ですから最初は「苗屋さんで初めて作るんですと相談し」作りやすい品種(丈夫な品種)を選んでもらうのが宜しいでしょう。
病気に強い週類は「サターン、瑞光、招福、」作り易いのは、桃太郎&おどりこ等が一般的です。

投稿: サユサユ | 2007年4月15日 (日) 19時14分

筍ですか。言われてみるともうそんな季節ですね。
若くて美味しそうな筍ですね。
私は筍ご飯が大好きで、それを知っている近所の人や、農家の人が毎年筍を届けてくれます。
今年はまだ届きませんが、久米仙人さんのブログを見て、早く届かないかと待ち遠しくなりました。
写真の筍ご飯、美味しそうでヨダレが出そうです。

*スロー人さん
 当方も友人に言われるまでそんな季節だと気付きませんでした
特に今年は暖冬で早過ぎ気味です!
筍の季節は旬と言います様に10日程で本当に短ちかく、過ぎると硬く味が落ちます。
山菜、蕗の薹等味わい深い季節に成りました、
此れも田舎暮らしの特権ですね!又来週にでも堀に行こうかと思ってます。

投稿: スロー人 | 2007年4月15日 (日) 14時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花曇りの季節 家庭菜園報告NO-66 | トップページ | 花冷えの季節 家庭菜園報告NO-68 »