« 神無月の頃 家庭菜園報告  NOー94 | トップページ | 秋冷の日々 家庭菜園報告   NOー96 »

2007年10月13日 (土)

仲秋の季節 家庭菜園報告 NOー95

山陰地方も朝晩は涼しく成り来まして、秋の味覚のキノコ(シメジ、舞茸)が出回り始めました。
しかし、今年は気候のズレの影響なのか
「松茸、」は未だ出て来ません。

1)未だ、ゴーヤ、オクラ、ピーマンが収穫出来ます(4日の写真です)
Cimg1994ask Cimg1993ask
*昨年は9月末までに収穫完了の夏野菜類が未だ2-3日置きに取れますが、季節のズレ(初夏の日照不足、夏の猛暑、残暑の高温)と異常気象を実感してます。

2)大根葉の害虫被害が甚大です。
Cimg1987ask *9月12日種蒔きの「耐病新大蔵」が新芽の成長と共に、例年ならば発生が沈静化する頃ですがことしは連日の高温で害虫(アオムシ、ヨトウムシ等)が異常発生で
、木炭酢液散布&人力駆除、の効果も虚しくスダレ状態で、完全無農薬栽培での葉物は難しいですネ。
再度、何度でも追加の種蒔きをします。

3)小松菜、チンゲンサイが発芽しました。
Cimg1981ask *9月末に種蒔きした2種が発芽です、しかしホウレンソウ等は水遣り不足、土壌不良等が原因なのか発芽が未だ有りませんので再度種蒔きをします。
**今週は待望の秋の味覚「サツマシモ、落花生」の収穫の予定です。

|
|

« 神無月の頃 家庭菜園報告  NOー94 | トップページ | 秋冷の日々 家庭菜園報告   NOー96 »

コメント

ゴーヤ、おくらがまだ収獲できているとは、本当に驚きです。
ピーマン、ししとうは、我が菜園でも今でも収獲していますが・・。
それにしても、大根、見事に虫の餌になってしまいましたね。
これだけ喰われてしまうと、お見事という他ありません。

*スロー人さん
 この時期、夏野菜が収穫できるのは、有難いのですがほかの影響(高温で害虫の多発、次の作付けの遅れ等)で複雑な心境です。
害虫の被害がこの様に酷いのは初めてす、ある程度は予測してましたがコンナな被害大きさ(完敗でお見事?)には、正直、完全無農薬栽培に悩んでますが、再度色々と試行錯誤(土壌の改良等)でTRYしてます。                  久米仙人

投稿: スロー人 | 2007年10月14日 (日) 22時47分

こんばんは!
夏野菜のゴーヤ、オクラ、ピーマンが収穫出来るなんて、凄いけど気候の異常を顕著に表していますよね。
何れ亜熱帯気候に変ってしまうのかな・・・

大根の葉、画像拡大して被害状況を拝見しました。
害虫が元気はつらつ活動していますね。
これも、高温が関係してきちゃうのですね。

今日、岐阜の山奥をドライブしてたら、怪しげなケートラの車発見!松茸、1本1000円と書いて売っていました。しかし、どこ産とも書かれていなくて、車のナンバーも隠してありました・・・・きっと、外国産なんでしょうね。

*サユサユさん
 夏野菜が収穫できるのは嬉しいですが、其れだけ冬野菜が遅れ、害虫が元気で困り物です、ヤハリ冬からの異常気象の影響でしょうか?
そうなんです、田舎に帰れば松茸はバンバン食べれると妄想してましたが、此方でも貴重品でJA特売場にも滅多に出ません(今年は未だお目にかかれません)、昨年は確か「小振りで2本3,000円程」でしたがヤハリ貴重品ですね。
1本1,000円の国産品が有ればニュース物でしょう(特にキノコ類は偽者が多く危なく要注意ですよ)。      久米仙人

投稿: サユサユ | 2007年10月14日 (日) 17時36分

お邪魔します。
久米仙人様、害虫に悪戦苦闘しておりますね。何時になったら虫たちは勘弁してくれるのでしょうか(^^;)ぼちぼち葉も大きく硬くなってきますので、もう一寸の辛抱だと思います。私の菜園は夜なべの奇襲作戦でほぼ全滅させました。しんどかったです。 (^^;)
我が家の庭に樹齢30年の赤松があり、毎年マツタケの胞子を、松の根元に蒔いてから食べるのですがマツタケは出てきません。白い菌糸は繁殖しているのですが駄目なんですね(^^;)・・・ざんねん

*龍山さん
 今年ほど害虫にモロニ被害が酷いのは初めてで、色々試しておりますが完全無農薬栽培は大変で、誘惑に負けそうですが
負けずに何度でも追加種蒔き、定植等で遣ります。
田舎にUータンすれば松茸等はバンバン食べれると思ってましたが、産地は誰もでも秘密のようで噂にも出ません、此方でも高値の花?茸?で未だお目にかかれません。     
シメジ、天然舞茸で我慢しております。   久米仙人

投稿: 龍山 | 2007年10月14日 (日) 15時24分

こんにちは。
大根=害虫被害甚大ですね。高温で虫たちも活躍中で困りますね。 岩手はその点、寒くなった所為で、うるさくなくなりました。マツタケも順調に出回っていますが、相変わらず高価です。
ホウレン草は1晩くらい水に浸さないと発芽が遅くなりますね。
盛んであった収穫もひとつひとつ終末を迎え、数日置きに現在はオクラ*ツルナ*モロヘイヤ*ネギ*人参*インゲン*ピーマン*南蛮*リーズリーフ だけになり、大根、カブ、白菜、キャベツ、ホウレン草、レタス、旬菊、チンゲン菜の成長を待っている所です。

*wakaboshiさん
 今年は害虫の被害が特に酷いですね、例年ならば気温も下がり作物の成長が勝る頃ですが、バンバン活躍で悩んでます、
色々試してはいますが、特効薬は見付りません。
宮古ではマダマダ収穫が盛んですね、此方では葉物が端境期に入り冬野菜待ちです。
私の畑は土壌が合わないのか例年ホウレンソウは発芽率が悪く(近所の人は簡単な野菜といってますが)出来が今一ですね。
諦めずに種蒔き中です。     久米仙人            

投稿: wakaboshi | 2007年10月14日 (日) 13時35分

広島も昨日でしたか夏日だったそうです。どうりで畑で作業していると汗が出るはずです。
そちらも例年とは違い暑いようですね。
虫や野菜は気温どおりに動いてくれます。
まさか、まだ夏だと思っているのでは?(笑)
隣の畑の方は大根がレースになってしまったと嘆いていました。久米仙人さんとそっくりの状態でした。

うちのある地域はよく採れていたので、昔はマツタケが名産だったのですが、最近は激減しているそうです。
子供の頃は、秋になると目にすることも多く冷凍して保存していましたから。
最近はなかなか我が家まで来てくれそうにありません。

*maoさん
 マツタケは昨年は今頃はもうJAの直売所に出てましたが、今年は未だ見かけませんが季節の遅れか、気象の異常かでしょか?
そうなんです、虫も野菜も未だ夏のようで異常に繁殖し、葉物はまるで窓際(元サラリーマンの嫌な言葉?)のレースのカーテン状態で、害虫を取っても切が無く、農薬散布への誘惑と葛藤しております。
負けじと追加種蒔き、定植を何度も遣り、時期の定性と強い作物を見つけて行こうと思います。     久米仙人
 

投稿: mao | 2007年10月13日 (土) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神無月の頃 家庭菜園報告  NOー94 | トップページ | 秋冷の日々 家庭菜園報告   NOー96 »