« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月25日 (日)

市民農園の日々 家庭菜園の報告 NOー101

お陰様でブログ上梓、NOー101回目に成りました。
今回は我々「市民健康農園の住人」日々の様子です!

Cimg0757askCimg0085ask         



市民健康農園ー
20区画

市街地より約20分程山間部に近く周囲は、一方は住宅地&自然親水公園&崖地に囲まれて側は結構人通りが有る道です。
 1) 市民健康農園の参加資格
*心身の健康者(健康家庭菜園です)。
*非農業者
(田舎では貴重な少数派)。 
*年間使用料の先払い可能な余裕人(1区画年間¥2,500、周囲は空き畑だらけで高いか安いか?)。
*住民に迷惑を掛けない者(
協調と濃厚な付き合いが条件
*年2回の総会参加
懇親会は自由参加)。

*共同トイレの掃除の義務有り(写真の赤い屋根瓦の建物)
 2)家庭菜園な人々(約15名、田舎では少し浮き気味な者達
Aさん会長(男性、推定年齢55歳過ぎ)ー現役の勤め人で農作業は専ら奥様(本人は畑で殆ど見掛け無い)しかし子供歌舞伎の監督、蛍の保存会と多忙である。
Bさん副会長&会計(女性、推定年齢70歳過ぎ)ー大変熱心で1人で3区画も借りあらゆる種類の作物を植えて作り過ぎ?、結果未収穫で成りっ放し枯れてしまう始末家族での消費分をオーバしてる?)。
Cさん畑奉行(男性、推定年齢80歳過ぎ)-10年以上の経験者毎日畑に出て姿が見えないと病気かと噂が立つ(夏に骨折で3ヶ月ほど入院多したが退院後杖を突きながら畑に出ている始末)、収穫物他の菜園者に進呈するのが生き甲斐。
Dさん畑の世話焼きな人(女性推定年齢75歳過ぎ)ー一番に熱心普段着でも、外出時でも必ず菜園を見回り他の畑の手伝いまで為さる、口癖は「一寸寄っただけだヨ」。
Eさん
影の菜園の番人(女性、推定年齢80歳過ぎ)ー菜園の最も古参で自分の畑と他人の畑の比較が趣味で菜園作業より他の畑を観察するのが楽しみ、口癖は「貴方達は良く出来ているね、自分は出来だけで十分で満足(勿論本心の裏返し?)」。


**以上は個人情報に拠らない限りの噂話ですー悪しからず宜しく!!

| | コメント (3)
|

2007年11月18日 (日)

秋深し畑の 家庭菜園報告   NOー100

山陰地方も連日の冷え込みが厳しく日中でも15度以下の日々が多く成って来まして、山里も色付き秋の深まりを感じております。
菜園作業も活動時間が少なくなって来ました。

1)タマネギの第一弾の定植。
Cimg2270ask*早や取り用(5月末頃)黄色x100本
*サラダ用  赤色 x50本

*第二弾は
*遅く取り用(6月末頃)黄色x150本
*サラダ用       赤色 x50本
を来週に追加で定植の予定。
今年はとう立ちとネギ坊主の多発で失敗したので少し遅めの植え付けにしました。
2)ニンジンがヤット発芽しました。
Cimg2277ask
今年第ー5弾、10月末種蒔き「うかり大5寸」が遅れ気味でしたが発芽率約70%でこの時期では良い発芽率です。
 
Cimg2280ask
今年の第ー4弾、先の8月25日種蒔き「新黒田5寸」が順調に生育中で(発芽率は約50%程)末頃から収穫に成りそうです、
「ニンジン」は我が家の重要品目で年に4-5回は栽培しており、市販品は殆ど購入しません。
3)大根が順調に育ちました。
Cimg2282ask 種蒔き(10月11日)「耐病新大蔵」が
発芽時の害虫に被害に耐えて育ち、年明けの収穫を目指しております。

** お陰様でブログ家庭菜園報告」も今回「NOー100」を達成しました、上梓後約2年間程に成り感慨深いものが有ります、今後とも宜しくお願いいたします。

| | コメント (4)
|

2007年11月11日 (日)

紅葉の季節に 家庭菜園報告   NOー99

深山は真に紅葉の季節に成って参りましたが、今年は里山は未だチラホラで遅れ気味です。
菜園も夏、秋野菜も撤去完了で一段落の様子に成って参りました。

1)葉菜類の発芽も順調です。
Cimg2238ask高菜(10月末種蒔き)、サツマイモの後に蒔き、現在は害虫の被害も無く、間引きをしました。
*葉菜類には今回は害虫対策として
「モミ殻」を意識し根元に多く入れて効果を試しております。
Cimg2239ask*大根(耐病総り)第二弾10月11日種蒔き)、前の9月分種蒔き(NOー95の記事)が害虫被害で全滅状態で)の追加分が順調に育って、更に追加第三弾を今週に種蒔き予定です。

Cimg2220ask*ホウレンソウ、(10月末種蒔き)がヤット発芽しました。




2)キャベツの奇跡の復活です。

Cimg2241ask*一時は全撤去も考えましたが辛抱の甲斐が有り逞しく無事復活、自然の回復力に感嘆しました。
Cimg2096ask_2約1月前の害虫被害で外葉が穴明きでスダレ状態 の写真です。

害虫の手作業での除去、外葉の手術、木酢液の散布、追い肥、土寄せ、気候の改善等により約1月程の遅れで復活、完全無農薬栽培の難しさと喜びを感じてます。
**来週はソロソロ タマネギの植え付け予定です、しかし今年はネギ坊主が大量に出来て良くなかったので検討中です。

| | コメント (3)
|

2007年11月 4日 (日)

自家製味噌作りー3、家庭菜園報告NOー98

今年初めの記事「自家製味噌作り、2月3日、10日付け、NOー57、58」「自家製の手作り味噌」が約1年程経過してほど良く成熟しましたので出来上がりを確認の為に味噌の初取り出しをしました。
1)仕込んだ味噌の内容(約25kg)
Cimg2070ask *材料ー1工程分量(1仕込み分)    
  *米ー10升(約13kg)自然米
  *地元産無農薬大豆 
    ー3~4升(約4~5kg) 
  *塩 ー4kg
   (天然塩 ー
赤穂の天塩
  *自家製米麹ー種麹、1袋( 約7g)
*海砂の蓋は
雑菌の侵入を防ぐ為と温度の影響を防ぐ仕様です。
2)開封前の味噌と醤油の発酵状態。
Cimg2072ask*周囲には綺麗なたまり醤油が出来上がり雑菌の混入も無く非常に良い色の発酵状態です。


3)待望の初自家製味噌の開封です。

Cimg2074ask *今回は状態確認の為に約1kg程取り、次回は年末頃開封予定です。


Cimg2078ask









Cimg2081ask_3 *非常に大豆の味が濃縮でまろやかな(大豆と米麹と塩のみの材料)味わいでした。


4)現在栽培中の来年用の大豆畑です。

Cimg2030ask
*今年は初めて「自家製味噌、豆腐作り用」に約20R(24畝)の畑で無農薬の大豆を栽培しており、来週位から収穫の予定です(
今までは知人より大豆を調達しておりましたので)。


**気温が落ち着き冬、春野菜類の生育が目に見えて良くなりました。

| | コメント (3)
|

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »