« 自家製味噌作りー3、家庭菜園報告NOー98 | トップページ | 秋深し畑の 家庭菜園報告   NOー100 »

2007年11月11日 (日)

紅葉の季節に 家庭菜園報告   NOー99

深山は真に紅葉の季節に成って参りましたが、今年は里山は未だチラホラで遅れ気味です。
菜園も夏、秋野菜も撤去完了で一段落の様子に成って参りました。

1)葉菜類の発芽も順調です。
Cimg2238ask高菜(10月末種蒔き)、サツマイモの後に蒔き、現在は害虫の被害も無く、間引きをしました。
*葉菜類には今回は害虫対策として
「モミ殻」を意識し根元に多く入れて効果を試しております。
Cimg2239ask*大根(耐病総り)第二弾10月11日種蒔き)、前の9月分種蒔き(NOー95の記事)が害虫被害で全滅状態で)の追加分が順調に育って、更に追加第三弾を今週に種蒔き予定です。

Cimg2220ask*ホウレンソウ、(10月末種蒔き)がヤット発芽しました。




2)キャベツの奇跡の復活です。

Cimg2241ask*一時は全撤去も考えましたが辛抱の甲斐が有り逞しく無事復活、自然の回復力に感嘆しました。
Cimg2096ask_2約1月前の害虫被害で外葉が穴明きでスダレ状態 の写真です。

害虫の手作業での除去、外葉の手術、木酢液の散布、追い肥、土寄せ、気候の改善等により約1月程の遅れで復活、完全無農薬栽培の難しさと喜びを感じてます。
**来週はソロソロ タマネギの植え付け予定です、しかし今年はネギ坊主が大量に出来て良くなかったので検討中です。

|
|

« 自家製味噌作りー3、家庭菜園報告NOー98 | トップページ | 秋深し畑の 家庭菜園報告   NOー100 »

コメント

お邪魔します。
サツマイモの後に蒔いた葉菜類の発芽も順調ですね。
網目状のキャベツも復活してよかったですね(^^)

籾殻は一年では腐りませんから冬の間、害虫の越冬場所にならないのですか。籾殻効果の報告を期待しております。ちなみに私は、たまねぎ床に籾殻をまいて育てます。

キャベツ、ブロッコリー、白菜、もうすぐ取れそうになって来ました。仙人様のところはどうですか。
(^^)

*龍山さん
葉菜類の発芽もヤット順調に成って来ました、マダマダ油断出来ませんね。
モミ殻は発芽の保温の補助として使用してましたが、今回の害虫の被害で防御の効果も有る様な結果がしましたので今は自然物で「害虫阻止の効果のある素材」を色々と試行錯誤して探し試しております、又記事にしますよ。
 有機と無農薬のみで遣っておりますので周囲(最近は家庭菜園も前倒しの傾向が強すぎるように感じます)とは育ちが多少遅れ気味ですので未だ未だ時間が掛る様です。 久米仙人

投稿: 龍山 | 2007年11月12日 (月) 16時58分

こんにちは。
キャベツ復活、良かったですね!
ホウレン草も良い感じ!
玉ネギを来週の予定とは、やはり南国ですね。 こちらは耕地する気にもならない寒さです。 いくら球根でも植付け出来ませんよ。大根はちょっと可哀想~

*wakaboshiさん
 お陰様でキャベツ無事復活しました、一時は諦めてましたが(周囲の畑の人が処分しろと五月蝿くて大変でした)根性で抵抗してましたネ。
玉ネギは昨年は少し早めか?苗が育ち過ぎか?暖冬か?で1/3程がネギ坊主で困りました事が有りましたのでタイミングを調整中です。
ソチラ三陸に比べれば山陰地方は少しは暖かいですね(結構雪が降りますので決して南国では有りませんヨ)   久米仙人

投稿: wakaboshi | 2007年11月12日 (月) 16時30分

葉野菜の虫対策にもみ殻がよい事初めて知りました。
効果の程、レポートをお願いします。
効果あり・・だったら、私もやってみます。
あんなにすだれ状だったキャべツがこんなに復活するなんて信じられないです。
その後のケアーの賜物ですね。
それと、芯を食われなかったのが、幸いでしたね。
無農薬の喜びを味わってください。
私も今日、ブロッコリーに青虫を発見し、時間をかけて捕殺しました。 まだ100%とはいきませんが辛抱強く捕殺に勤めます。

*スロー人さん
 害虫対策に色々試しております、例えばマリーゴールドの花が良いとか、今回のモミ殻は初期の発芽時点での比較的に害虫に良さそうで大量撒いて結果を試しております。
ブロッコリ、キャベツと害虫の被害が余りにも酷く処分も考えましたが、奇跡的に復活してくれ感謝しております、しかし未だ未だ青虫等が活発ですので要注意です。      久米仙人

投稿: スロー人 | 2007年11月11日 (日) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自家製味噌作りー3、家庭菜園報告NOー98 | トップページ | 秋深し畑の 家庭菜園報告   NOー100 »