« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月23日 (日)

今年の菜園総括 家庭菜園報告 NOー105

今年も残り少なく成り、H19年度の家庭菜園作業の総括をして見ました。Cimg0757ask
Cimg1449ask Cimg2272ask 
Cimg2009ask_2





◎栽培品目数
 約30品目(約42種類、サツマイモ2種、玉ネギ3種、ニンジン3種等)
◎総括ー全体的には予定品目の栽培は可なり実行できました。


◎平成19年度 菜園成績表(収穫量に因らず期待度の達成度)

評価

品目

成績

内容

横綱

ナス(長、丸ナス)

期待以上の収穫出来ました

夏野菜は夏の天候の回復で出来が改善、苗の良し悪しが育ちに大きく影響。

カボチャ(和洋)

トマト(ミニ、桃太郎)

キューリ、ピーマン

大関

ニンジン(年間 4回栽培)

予測どうりの出来栄え。

根菜類は比較的良好

収穫量が安定 、但し春先の高温で育ち過ぎで悪い影響有り。

ジャガイモ(男爵、メークイン)

タマネギ(早生、晩生)

サツマイモ

チンゲンサイ 、ゴーヤ

関脇

ブロッコリ(春、冬)

期待より少し良くない結果

葉菜類は「虫害の影響」をもろに受け、非常に難しい、気温の低い季節に成り回復。

キャベツ(春、冬)

 大根 ( 春、)

絹サヤ、 エンドウマメ

小松菜、 高菜

小結

ホウレンソウ

予想外に出来が悪い

葉菜類の一部は種蒔きの時期外れと害虫対策が不足であった。

白菜

レタス(リーフ、サニ)

ネギ(定植)、オクラ

前頭

落花生、

全く期待が外れ

土壌の不良(PH調整不足)土壌の改善が必要と感じえられたと 連作の不適正の可能性有り。

冬 大根

発芽等が不十分

ネギ(種蒔き)

モロヘイヤー

小豆

番外

大豆

別途に報告予定。





























               




1)今年は異常気象(温暖化)の影響で、季節のズレと害虫被害の甚大さを実感しました。
2)無農薬栽培の難しさと有り難さを改めて実感。
3)種蒔き、苗の定植の時期の大切さを再認識。
4)菜園の広さに限りが有りますが、畑を休ませ土壌の回復の必要性を実感した。

* 大豆の大規模栽培(約6R、約180坪)を栽培に挑戦。

**来年は少数多品目、栽培の最適化、記録の整備を心掛けて楽しみます。

| | コメント (5)
|

2007年12月19日 (水)

天然酵母で自家製パン作り       家庭菜園報告    NOー104

今週は、自家製の果物エキスで天然酵母を作り、其れを使い自家製手作りパン作りに挑戦しました。
勿論 製作のチフーは妻で、当方は有能なアシスタントです。 

◎作業工程。
①天然酵母を作るーー約3~5日間。
②元種を作るーー約2日間。
③パン生地を作るーー約30分。
④発酵生地を作るーー約4時間。
⑤パン焼き作業ーー約30分。

◎主原材料。
 レーズン、リンゴ、小麦粉、塩、砂糖、バター、牛乳、卵、白神酵母

1)レーズン、リンゴのエキスで天然酵母を作る。
Cimg2126ask *温度は冬期約30度 、夏季約25度
 で発酵は約3~5日間程かります。

*その他
 バナナ、プルーン、イチジク、プラム、夏みかん等が適してます。
*果実は無、減農薬、NOワックス品を使用する。
*十分な発酵後エキスを絞る。
2)元種を作る
Cimg1555ask *元種は発酵を良くする為に2回(一晩置き、更に一晩置く)培養する。
元種Aーエキス1:小麦粉1
*約20時間放置 *温度管理(約25度)が重要

Cimg0264ask
元種B-元種1:小麦粉1
*約20時間放置 





3)パン生地を作る
Cimg2336ask元種1/2:小麦粉1
*白神酵母、塩、砂糖,バター





4)発酵生地作り
Cimg2150ask*一次発酵
*約35度で約2時間放置。



Cimg2179ask*二次発酵(仕上げ発酵)
*成形後
*約35度で約1.5時間放置
*オーブン使用。

5)パン焼き作業
Cimg0323ask








6)*手作りパンの完成

Cimg0793ask_5
*ドーナツ型






Cimg0319ask *あんパン





Cimg2255ask *丸パン







**今回は自家製加工食品作りです、家庭菜園も冬支度で段々と外作業は難しくなりました

| | コメント (4)
|

2007年12月 9日 (日)

寒冷の季節 家庭菜園報告      NOー103

山陰地方も連日の雨模様で日増しに冬の気配が強く成って来ましたが、今年は例年に比べ雪は遅く未だ降りまりませんネ。
菜園も晴れ間を見付けての作業に成り、畑もメッキリと人影が疎らです。

1)春の豆類3種の種蒔き。
Cimg2374ask
*絹サヤ(ツル有り白花)
*エンドウマメ(ウスイ)

*ソラマメ(極早生)
Cimg2375ask豆類の発芽は季節を外すと結構難しいものです。





Cimg2416ask  *防寒用に寒冷紗を掛けました。





2)第四弾のニンジンの初収穫。
Cimg2401ask*8月25日種蒔きの「新黒田5寸」が収穫に成りました、ニンジンは通年で栽培し殆ど外で購入はし無く成り自家栽培での柔かさと風味のコクを味わってます。
Cimg2412ask*太さ約5cm、長さ約15cm で中には未だ々小振りの育ちです。



3)ユリ球根を植え付けしました。
Cimg2415ask*テイノス(すかしユリ白)-6月頃咲き予定。
*グランドクルー(すかしユリ黄色)

 
昨年のチュウリップに続き妻の要望にて花類(ユリ)の植え付け。
此れで花々も種類が増えて多少は賑やかに成ります。 
**家庭菜園も初雪が始まりますとソロソロ作業が終わりに成りそうです。

| | コメント (3)
|

2007年12月 1日 (土)

時雨の頃の 家庭菜園報告   NOー102

山陰地方も時雨の日々が多く、里山も晩秋の気配で菜園作業も段々と厳しく成って来て大変ですネ。
食卓が冬野菜類の収穫物で賑わって来ました。

1)ブロッコリの奇跡の初収穫です。Cimg2308ask
Cimg2293ask*9月初旬に定植のブロッコリが残暑の高温で異常発生の害虫の被害(下の3枚目の写真)で断念を覚悟しましたが連日の手作業の駆除と被害葉部の切除、土寄せ、追肥等で、奇跡の回復で本日初収穫に成りました。
今年は完全無農薬栽培の難しさと喜びを味わい家庭菜園で此れ程の感激は初めてです。

Cimg2062ask*約1月半前の害虫の被害で穴明きでスダレ状態の10株の葉と幹です。
寒冷紗架けも今年は効果が有りませんでした。
2)遅く取り用
タマネギの追加定植。
Cimg2326ask *11月18日の第一弾の150本に追加で、遅く取り用x200本(6月下旬頃収穫予定)を本日定植しました。
昨年は早植えで失敗(
暖冬で育ち過ぎで葱坊主が多発し出来が悪く)しましたので遅く植え付けしました。

3)葉菜類の植え替え作業。
Cimg2327ask*小松菜の植え替え


Cimg2322ask
*高菜の苗の植え替えです。





**ブログ上梓100回記念にオリジナルテンプレートへ更新しました。
「山陰地方随一の名峰 大山の紅葉」です。

| | コメント (4)
|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »