« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月28日 (月)

大豆栽培  家庭菜園報告    NOー109

昨年、初めて「自家製味噌、豆腐、豆乳作り用」「大豆栽培」に挑戦しました。
約20年程未耕作の畑が荒れ放題でしたので整地して、最初の作物は大豆が土壌的に最適ですので大規模大豆栽培をしました。

*畑の広さ  ー約660㎡(約200坪)
*種大豆   ー良品約1、4
kg使用。

1)’07/4/上旬ー 畑の整地開始
Cimg0689ask *カヤ、雑草、雑木で荒れ放題の畑を
 重機(農業法人に依頼)で整地。 

*自家用小型耕運機にて整地、畝作り作業開始。
*畝幅は約30cm、溝幅約60cmX長さ約21m、で24本の畝を作る。
2)’07/6/15-種蒔き 作業。

Cimg1177ask *種蒔きは株幅約30cmで1穴に3個の大豆を種蒔き。
*約1、300所に点蒔き。

3)’07/6/30 ー発芽 開始。

Cimg1228ak*種蒔き後約2週間程で発芽が確認。





4)’07/7/中旬 ー雑草取り作業。

Cimg1499ak *夏に雑草が勢いを増して来たので、毎日雑草取りです。
大豆栽培には雑草除去が生育に大きく影響しますので重要な作業です。

5)’07/8 /17ー花芽の開花。
Cimg1634ak *種蒔き後約2ヶ月で待望の大豆の紫色の花が開花しました。



6)’07/8/30 -結実の開始。

Cimg1687ak *開花後約2週間で鞘に実が入り始めた、しかし実の付き時期は株により大きな差が認められた。

7)’07/10/5 -実りの頃。

Cimg2110ak
*夏の晴天のお陰で順調に実が入り少しづつ色付始めました。

8)’07/11/15 -収穫作業。
Cimg2259ak
*鞘も乾燥が十分に成り、葉も完全に脱落して収穫時期に成りましたので作業開始です。
Cimg2257ak *収穫には機械での直接刈り、脱穀等様々ありますが、当方は鎌での手刈りで自然乾燥にての収穫方法です。
9)’07/12/10 -脱穀作業。

Cimg2376ak *収穫後約1月で十分に乾燥し大豆の水分が抜け、粒潰れ、変形が無くなりましたので脱穀機(JAにて有料で借用の機械)脱穀作業です。
10)’07/12/10 -大豆収穫。

Cimg2420ak  *選別前の大豆の割れ粒、色付き粒、変形粒入りの状態です
Cimg2721ak_2 *全収量はー約80kg程
*選別後良品ー約55kg程
*予想収穫量から検証すると収率は約70%(良品約50%)で初回の栽培にしては良好な結果と自己満足してます。
**総論ー反省点
○全体の作業時期が遅れ気味で、収穫が遅れたので今年は全体とし1-2週間早める予定です。
○収穫後脱穀までの乾燥時間が掛かり過ぎでしたので刈り取りの最適時期の検証が必要です。
○株により生育に大差が有り種豆の選別、間引きを含め検証です。

| | コメント (4)
|

2008年1月20日 (日)

自家製味噌仕込み、 家庭菜園報告   NOー108

山陰地方も連日の降雪です。
 この寒い季節の定番
「自家製味噌、米味噌風」を仕込みました。

◎米味噌作り作業の様子(延べ約3日間)
*材料ー無農薬 米ー約30kg
    -大豆、(自家栽培無農薬)、約5kg
    -天然塩(赤穂の天塩) -約4kg
    -麹菌           一1袋入り

1) 1日目ー米麹仕込み工程。
 *一昼夜糟した米を蒸しす(4分割にて)  Cimg2584ask
Cimg2630ask  







*蒸し上がった米に麹菌を混ぜる
Cimg2636ask Cimg2582ask


 




*発酵器にて約20時間寝かし、麹米を仕込む。
Cimg2642ask








2)
 2日目ー大豆を煮る工程。麹米の手入れ工程。
 *前日に一昼夜糟した大豆を圧力釜で煮る。
Cimg2637ask







*麹米を再度揉み解し(切り替えし)再度発酵器で仕込む。
Cimg2639ask








3)
 3日目ー味噌の仕込み工程。
 *前日に煮た大豆に「天然塩」を合わせる。
 *約20時間後に発酵器より取り出した麹米を冷まし、塩と合わせた大豆に良く混ぜ合わせる。
Cimg2628ask Cimg2613ask

 




*ミンチにて「麹米、大豆、塩」を挽き合わせる。
*味噌専用桶にて密封し約一年保管し熟成させる。
Cimg2607ask
Cimg2621ask








**恒例の自家製味噌作りを終わりましたが、菜園作業は収穫ばかりで未だ々冬眠中です。

| | コメント (2)
|

2008年1月13日 (日)

左義長の行事 家庭菜園報告     NO-107

早やくも幕の内を過ぎて、本日は「どんどさんの行事」です。
正式には
「左義長祭」と呼ばれてますが、地元では「どんどさん焼き」「どんどさん焼き」「んどさん焼き」
等と呼ばれ居ります。
*どんどんさん焼きの様子
Cimg2549ask
*正月の門松、注連縄、昨年のお札、書初め、御供えの品々等を焚き上げる火祭りでその煙を体に浴び、古くには残り炭を持ち帰り自宅の竈で焚き、無病息災と火難避けを願った火祭りだそうです。

Cimg2563ask*此方の地方でも少子化で年々子供達の参加が少なく成り昔の賑わいは無くなりて来て、特に今年は雪降りの天気で人の退けが目立ち寂しい様子です。
*参加者に甘酒、お神酒、豚汁等が振舞われる。
Cimg2559ask

Cimg2566ask









*狛犬 (本日の神社の狛犬達)ー先週に続き。
Cimg2557ask *狛犬は日本では古くは鎌倉時代に起源し中国の宋時代に伝承されたそうで、江戸時代に広く一般神社、庶民に流布したそうです。
現存する最古の石造ものは「東大寺南大門の狛犬」だそうです。
*狛犬には古くから、木製、陶製、鋳金製、石製、の狛犬があるそうです。
Cimg2553ask*狛犬の原型は唐獅子に由来し、沖縄のシーサーもその系統だそうです。
口を開けた阿形狛犬を左側(上座)、口を閉めた吽形狛犬を右側(下座)に置くそうです。

**来週から今年の自家製味噌作りが始まります。

| | コメント (4)
|

2008年1月 5日 (土)

新春の  家庭菜園報告   NOー106

新年明けましてオメデトウ御座います。
本年も宜しくお願いいたします。
山陰地方も雪の正月に成りました、当地の新年の様子を紹介します。
1)正月の注連飾り。
Cimg0060ask
*正面玄関用の注連飾り

 
*地域、家庭によりリース付き等様々の仕様が有ります、我が家は最もシンプルな、ウラジロ、ユズリ葉付きタイプです。

Cimg0059ask
*神棚用には、注連縄にミカン、炭を付け、スルメ、昆布、干し柿、勝ち栗等を飾ります。


2)初詣の国庁裏神社
Cimg2515sakmeru*地元で最も歴史的に古い神社で
 奈良 大和時代に建立された神社で、かっては地元の総社でありました。
現在は地元の人々の参拝のみで参拝人は少なく簡素な佇まいです、
子供の頃からの馴染の初詣の神社です。

Cimg2509ask









Cimg2512ask *狛犬の表情が奥ゆかしさと歴史を感じさせます。



**家庭菜園は冬眠中で、菜園記事は暫くお休みに成りそうですネ。

| | コメント (3)
|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »