« 自家製味噌仕込み、 家庭菜園報告   NOー108 | トップページ | 雪の菜園の様子 家庭菜園報告   NO-110 »

2008年1月28日 (月)

大豆栽培  家庭菜園報告    NOー109

昨年、初めて「自家製味噌、豆腐、豆乳作り用」「大豆栽培」に挑戦しました。
約20年程未耕作の畑が荒れ放題でしたので整地して、最初の作物は大豆が土壌的に最適ですので大規模大豆栽培をしました。

*畑の広さ  ー約660㎡(約200坪)
*種大豆   ー良品約1、4
kg使用。

1)’07/4/上旬ー 畑の整地開始
Cimg0689ask *カヤ、雑草、雑木で荒れ放題の畑を
 重機(農業法人に依頼)で整地。 

*自家用小型耕運機にて整地、畝作り作業開始。
*畝幅は約30cm、溝幅約60cmX長さ約21m、で24本の畝を作る。
2)’07/6/15-種蒔き 作業。

Cimg1177ask *種蒔きは株幅約30cmで1穴に3個の大豆を種蒔き。
*約1、300所に点蒔き。

3)’07/6/30 ー発芽 開始。

Cimg1228ak*種蒔き後約2週間程で発芽が確認。





4)’07/7/中旬 ー雑草取り作業。

Cimg1499ak *夏に雑草が勢いを増して来たので、毎日雑草取りです。
大豆栽培には雑草除去が生育に大きく影響しますので重要な作業です。

5)’07/8 /17ー花芽の開花。
Cimg1634ak *種蒔き後約2ヶ月で待望の大豆の紫色の花が開花しました。



6)’07/8/30 -結実の開始。

Cimg1687ak *開花後約2週間で鞘に実が入り始めた、しかし実の付き時期は株により大きな差が認められた。

7)’07/10/5 -実りの頃。

Cimg2110ak
*夏の晴天のお陰で順調に実が入り少しづつ色付始めました。

8)’07/11/15 -収穫作業。
Cimg2259ak
*鞘も乾燥が十分に成り、葉も完全に脱落して収穫時期に成りましたので作業開始です。
Cimg2257ak *収穫には機械での直接刈り、脱穀等様々ありますが、当方は鎌での手刈りで自然乾燥にての収穫方法です。
9)’07/12/10 -脱穀作業。

Cimg2376ak *収穫後約1月で十分に乾燥し大豆の水分が抜け、粒潰れ、変形が無くなりましたので脱穀機(JAにて有料で借用の機械)脱穀作業です。
10)’07/12/10 -大豆収穫。

Cimg2420ak  *選別前の大豆の割れ粒、色付き粒、変形粒入りの状態です
Cimg2721ak_2 *全収量はー約80kg程
*選別後良品ー約55kg程
*予想収穫量から検証すると収率は約70%(良品約50%)で初回の栽培にしては良好な結果と自己満足してます。
**総論ー反省点
○全体の作業時期が遅れ気味で、収穫が遅れたので今年は全体とし1-2週間早める予定です。
○収穫後脱穀までの乾燥時間が掛かり過ぎでしたので刈り取りの最適時期の検証が必要です。
○株により生育に大差が有り種豆の選別、間引きを含め検証です。

|
|

« 自家製味噌仕込み、 家庭菜園報告   NOー108 | トップページ | 雪の菜園の様子 家庭菜園報告   NO-110 »

コメント

お邪魔します。
200坪の畑に1.4キロの豆をまいて収穫が80キロ、良品が50キロなかなかのできばえですね。害虫などの被害にあわずにすんだようですね。
味噌、豆腐、など自家製にこだわるところに仙人様の意気込みが伝わってきます。今年もかんばってください。

*龍山さん
タマタマ、昨年は畑(20年以上の荒地)が栽培出来る事に成りましたので、味噌、豆腐等用に自家栽培してみました。
調べてみると大豆は収率が悪く30~50%程度で一般には効率が悪く余り栽培は盛んで無いようです。
更に肥料として窒素系の栄養が重要のようで実の入りを決めるそうですが(今回、化学系肥料は全く使わずで)初回ですのでこの結果に自己満足してます。
次回は連作等で条件が悪くなり収率が落ちそうで心配してます。                               久米仙人

投稿: 龍山 | 2008年1月29日 (火) 12時39分

味噌や豆腐を作るために大豆まで栽培するとは、すごいですね。
しかも200坪とは本格的です。
大豆栽培では、虫は大丈夫でしょうか。
私は枝豆を少し栽培しただけで、虫にやられて全滅の経験を何度もしています。
こんなに沢山の栽培なら、虫の捕殺も出来ないですよね。
・・・ところで、タイトルバックの山が素敵ですね。 なんと言うやななんでしょうか。

*スロー人さん
 大豆は御承知の様に、害虫被害、土壌の条件、収穫作業等、大変効率の悪い作物なので、一般的には余り栽培はされない様で、良品が入手が難しいので、空き畑が使用できる事に成り、初めて大豆を栽培しました。
事実、収率は余り良く有りませんでしたが、害虫の被害多発でしたが予想の範囲内で済みました、多分今年は連作に成りますのでモット被害が予想されますが。
** 写真の山は山陰随一の銘峰「大山(ダイゼン)」で、別名「伯耆富士」と呼ばれて朝晩に眺めております。   久米仙人

投稿: スロー人 | 2008年1月28日 (月) 22時27分

こんばんは!
200坪の荒畑を整地にする作業は、凄く大変だったでしょうね|
そして、手作業での種まき!
雑草取り・・・味噌を作るまでに、こんな大変な作業をされていたんですね!
食するときは、感動もひとしおですね!
でも、無添加の有機味噌!
最高に美味しいでしょうね。
親戚の方たちも、凄く嬉しい頂き物になりますよね♪

*サユサユさん
 記事にも書きましたが、荒地(20年以上)の整備は流石に素人には何年掛けても無理ですのでJAの重機作業に依頼しました、その後は小型耕運機で整地(約1週間程)しましたよ。
雑草取りが大変でしたが実りの様子で疲れも取れました。
実はお米も知人から分けて頂いてますが、無農薬米のみを味噌用に使用してます(原価的には採算は合いませんが)、自家製味噌作りなので自己満足してます。    久米仙人

投稿: サユサユ | 2008年1月28日 (月) 21時46分

こんにちは。
味噌の寒仕込み始めましたね。
麹まで作っているとは知りませんでした。

1年の大豆収穫過程、成功裡に終わって、味噌作りも順調のようでおめでとうございます。 さぞかし美味しい仕上がりとなると思います。 ところで何人で作業していらしゃるんでしょうね?

私も一時、味噌作りをした経験がありますが、麹、大豆は専門屋から購入してでしたが、年間大豆60k×10表=600k(やや倍増まではならないが近い量に増える)を4人共同で作業した訳ですが、重量労働でした。
その内、2人が亡くなって、残る一人も病気になって、やりきれず辞めた経過があり、その時使った重石の一部が菜園の一部に積んでありますよ(苦笑)

味噌の話には耳が傾きます(笑)

*wakaboshiさん
 以前自家製味噌作りをしてましたんですね。
良くご存知のように人手、時間が必要ですね。
当方は1サイクル(大豆当たり 5kgx4コマ)、6人X3日間程の目安で作業してます、米麹の仕込みからですので実際に結構時間が掛かりますね。
しかし出来上がりの安全性と風味と色相には変えられません。
昨年から大豆も自家栽培を始めましたので尚更自己満足ですがその気持ちが増しております。      久米仙人 

投稿: wakaboshi | 2008年1月28日 (月) 15時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自家製味噌仕込み、 家庭菜園報告   NOー108 | トップページ | 雪の菜園の様子 家庭菜園報告   NO-110 »