« 花曇りの畑作業 家庭菜園報告 NO-122 | トップページ | 惜春の菜園  家庭菜園報告NOー124 »

2008年5月 4日 (日)

薫風の季節の菜園 家庭菜園報告 NOー123

山陰地方も快晴続きで日中は30度過ぎる時も有ります、夏野菜の準備、雑草取りで忙しく、連日畑に出る時間が多く成りました。

1)ジャガイモの発芽が盛況です。
Cimg3329ak
*4月上旬の植え付け、
ダンシャク、メークインが約20日で待望の発芽と成りました、植え付け初期の雨降りと近頃の水不足で株に発芽の差(メークインが遅れ気味)が多く認められます。



Cimg3328ak
*ダンシャクは発芽の状態が比較的良好です。





Cimg3327ak








2)キヌサヤの初収穫です。
Cimg3331ak
*昨年12月2日種蒔きの豆類、
*キヌサヤに実が入り早速初収穫して吸い物の具とサラダの具にて春の食感を味わいました。


Cimg3298ak








Cimg3273ak
*先週、ソラマメは摘心で勢いが増し来て、ソロソロ 実が入りそうです。

*エンドウ豆の実の入りにはマダマダ時間が掛かりそうです。

Cimg3256ak_2







3)ニンジンの発芽です。
Cimg3267ak
*3月23日種蒔きの、今年第一弾のニンジン 「春蒔き紅5寸」が結構時間が掛かりましたが発芽に成りました、
Cimg3269ak
*同時期に種蒔きのネギも発芽です。
土壌が合わないのか(此の市民農園元々水田を畑に転用で底土は砂利混ざりです)はネギは発芽が難しいです。 


**いよいよ、連休には夏野菜7種の苗の定植で忙しくなりそうです。

|
|

« 花曇りの畑作業 家庭菜園報告 NO-122 | トップページ | 惜春の菜園  家庭菜園報告NOー124 »

コメント

こんにちは。

キヌサヤ、ソラマメ、エンドウ豆の生育ぶりにはとても敵いませんが、ジャガイモはやや当方と同じくらいの状況と見受け致しました。

これからが本当の忙しさ、怠けたら、その結果が作物にモロに現れますから、油断が出来ません~けど過労には気をつけて下さいよ。

*wakaboshiさん
ジャガイモは昨年、早や植えと春先の高温で花芽が出て良く有りませんでしたので調整して遅くに植えましたが、正直少し遅れ気味で心配ですヨ。
親の意見の反古と、草取りの手抜きは後で効きますそうで?
実は先日の高温の時に昼間の草取りで後で少しバテ気味に成りましてそれ以来注意しておりますデス、お互いに注意しましょう。
                    久米仙人

投稿: wakaboshi | 2008年5月 7日 (水) 14時04分

お邪魔します
ジャガイモの芽吹き順調そうで楽しみですね。
にんじんの発芽順調のようですね(^^)
ねぎは少し苦労するみたいです、(^^;)
えんどう豆の初収穫うれしいですね(^^)
後は、ヤラマメ(ソラマメのような豆ですか?)の収穫、一杯の楽しみまでまだかかりそうですね。
昨日から、奈良では、植えつけた苗に恵みの雨が降っております。

*龍山さん
 お陰様でジャガイモは今年は少し遅れ気味で定植しましてからやっと発芽に成りました、これで一安心ですネ。
キヌサヤ、エンドウの豆類も実が入ってきましたので此れからが楽しみです。
当方も先日待望の雨が降り少し水不足気味でしたので此れで植え付けの済みの苗が一安心しました。
別畑の大豆畑の準備で此れから忙しくなります。
(ヤラマメとはご指摘のとうりソラマメの事ですー失礼しました!)                               久米仙人

投稿: 龍山 | 2008年5月 6日 (火) 04時41分

キヌサヤの収穫が始まりましたね。
久米仙人さんの畑の状況を見ると、関東地方の我が菜園の育ちは15日位早めのようです。
特にこの所の暑さのせいで、小松菜、赤ほうれん草などは、一日でぐんと伸びてしまい、収穫が追いつかないくらいです。
夏野菜の定植は、苗は購入済みですが、苗屋さんが連休中に一挙にさばいた為に苗が小さめで、家で7~10日ほど育ててから定植しようと思っているところです。

*スロー人さん
 今年は此方は関東地方と比べると約10日以上遅れ気味です、しかし連日の高温の気候で、キヌサヤ、ホウレンソウ、タカナ等は急激に伸びました、特にキヌサヤは実が付くと育ちは劇的に大きく成り早くに収穫しませんと硬くなり風味が落ちますね。
夏野菜は此の連休が植え付けがピークで苗屋さんも大変な賑わいで、当方も此の時期に植えつけします。  久米仙人

投稿: スロー人 | 2008年5月 5日 (月) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花曇りの畑作業 家庭菜園報告 NO-122 | トップページ | 惜春の菜園  家庭菜園報告NOー124 »