« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月26日 (土)

盛夏の菜園の様子 家庭菜園報告        NOー135

山陰地方は、連日の新記録更新の猛暑で日中は35度を過ぎる日が多く、菜園の作業は熱中症が怖くて午前中の早く数時間しか出来ません。
専ら雑草取り、水遣り、収穫等の作業ですね。
1)
Cimg3976ak カボチャの初収穫です。
*待望の「都カボチャ」が程良い色合に成りましたので成熟度調査?を兼ねて初収穫。
*昨年は初収穫は8月中旬で今年は流石に高温で早くに取れました、しかし成熟は如何でしょう?

Cimg3928ak*「日向はやとカボチャ」は玉太りは十分スが表面の色付き、茎の硬さから見て次週に収穫予定でかね?*カボチャは例年取り頃で悩みます。



2)丸ナスに待望の実が付きました。

Cimg3977akk
*長ナスに遅れてヤット丸ナスに実が付きマした(昨年はこの時期には既に収穫してましが、花芽が沢山付いてきましたので此れが楽しみです。


3)ニンジンが発芽です。

Cimg3979ak *約2週間前に種蒔き「時なし5寸」がヤット発芽しましたが水不足で発芽率は約30%程で悪く、後日再度種蒔きで挑戦です。


4)夏野菜の花々シリーズ。

Cimg3983ak
*オクラの花芽は何時見ても可憐で優雅さに溢れております、植え直しで例年に比べ約半月程の遅れての花芽です。
Cimg3984ak_2
*ゴーヤの花芽は今年は種蒔きから栽培でしたので遅れ気味のでしたが、此れから急激に成長しその内連日のゴーヤの実とジュースで悩みそうです。
**高温の日々が続き、専らの夏眠中?
作物毎で水不足の影響の差が大きくて、
秋物の畑の準備が遅れております。

| | コメント (3)
|

2008年7月19日 (土)

梅雨明けの時 家庭菜園報告   NOー134

山陰地方もヤット、今年の梅雨明け宣言が出ました、
連日のカラ梅雨で昨年に比べ約1週間程早くもの明けです。
水不足と高温で菜園は外作業が困難で暫くは収穫人です。。

1)夏野菜の収穫シリーズ
*ミニトマト、大玉トマトの収穫が絶好調です

Cimg3923ak

*連日の高温で急激にトマト類が完熟で真っ赤に成りだし毎日収穫が出来ます。


Cimg3922ak
*瑞栄トマトは例年、病気に掛かる事が多く中々に大玉の完熟は難しいですが今年は良く育ちました。Cimg3932ak
*完熟トマトは大変に風味が濃縮で其のまま丸かじりもトマトジュースも最高です。





*キュウリー、長ナスが連日取れます。
Cimg3935ak
*キュウリは取れだすと際限無くて連日キュリーのオンパレードです。Cimg3941ak
Cimg3859ak






2)トウモロコシに実が入り始めました。
Cimg3909ak
*連休に種蒔きで少し遅れ気味のトウモロコシに待望の実が入り始めましたが未だ未だで旧盆頃には収穫出来きますか?
*雄しべにて手作業で受粉の助けを小まめに遣ってます。Cimg3911ak









3)ツル無しインゲンの発芽です。
Cimg3937ak
*先週に種蒔きのツル無しインゲン豆が無事に発芽しました。

*第二回種蒔きの「ニンジン時
なし5寸」は水不足の関係か?発芽が遅れ気味です。

**連日の暑さで大型栽培の大豆の土寄せ、雑草取りが遅れ気味です。

| | コメント (5)
|

2008年7月13日 (日)

向暑の季節の菜園 家庭菜園報告 NOー133

山陰地方も連日の暑さで、本日は30℃を越えて本当に水不足で野菜への影響が心配に成って来ました。
 菜園でも日中を避けての畑、水遣り作業と成りました。
1)トマトに待望の色付いて来ました。
Cimg3861ak
*「大玉トマト瑞栄」の実の付きは良好ですが中々、色付きが遅れてましたがヤット色付き始めました。
此れからが楽しみですネ。

Cimg3853ak
今年はミニ、大玉トマトと実の付きは良好でしたが写真の様に色付きが遅れ気味です。





2)ジャガイモの収穫完了。
Cimg3873ak
先週にひつ続き
*ダンシャク約20kg、メークイン約30kgを雨の降る前に腐りを避けるために収穫を完了。

*昨年は雨に遇い一部のイモに腐りが出で保存が良く有りませんでした。
Cimg3876ak



Cimg3892ak








3)ニンジン、ツルなしインゲンの種蒔き。
Cimg3857ak
*待望の第二回目のニンジン(時なし5寸)をタマネギの後に種蒔きです、
水不足が心配ですので連日の水遣りが忙しく成ります。

手前半畝がニンジン。
奥の半畝がツルなしインゲン豆です。

Cimg3869ak_2*第一回目、3月中旬種蒔き「春蒔き紅5寸」が色、大きさと重量に育ち連日収穫で大変重宝してます。





**ジャガイモの収穫後の秋物野菜の耕地準備必要に成りました。

| | コメント (3)
|

2008年7月 6日 (日)

初夏の気配 家庭菜園報告    NOー132

山陰地方は晴れ日が続きカラ梅雨の様で水不足が心配です。
高温では熱中症が心配ですから水分補給を心掛けて作業。
1)ジャガイモの第一回目の収穫。

Cimg3784ak 
*4月5日、植え付けの、
ダンシャク、メークイン(各3kg)が約3ヶ月経ち少し早めですが一部の葉茎が枯れ始めましたので梅雨の長雨の前に、本日第一回目分を収穫しました。

Cimg3791ak








Cimg3793ak
*今回ダンシャク、メークインの各約1/3の畝分を掘り。
収穫量はダンシャク約20kg、メークイン20㎏程。
昨年に比べてダンシャクは実の入りが大きさ、数量ともに良好でした。

*上側がダンシャク。
*袋とザル入りがメークイン。


2)カボチャに待望の実が付き始めました。
Cimg3801ak
*少し遅れ気味のカボチャが連日の高温で待望の実が入り急激に大きく育ちました、


*日向はやとカボチャ




Cimg3804ak*都カボチャ



Cimg3802ak *自然交配での受精で各それぞれ4,5個程実が付きましたが、未だ実付きが安定してませんから気が抜けません。
*整枝、芽欠き作業と敷き藁、追い肥と雑草取り作業中。

3)初夏のキャベツの収穫。

Cimg3796ak*4月中旬に植え付け、
夏取り用キャベツが待望の収穫に成りました、写真の如く無農薬野菜(木炭酸酢液散布等対応)の現状です。

Cimg3797ak連日の害虫攻撃に耐えて実に立派な育ち振りで自画自賛ですが感謝状ものです。




**今年はカラ梅雨模様、水不足でホウレンソウ、レタス等の葉菜類がダウン気味です。

| | コメント (4)
|

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »