« 猛暑の時の畑  家庭菜園報告 NOー137 | トップページ | 晩夏の菜園 家庭菜園報告 NOー139 »

2008年8月20日 (水)

大豆と小豆栽培 -NO3    家庭菜園報告    NOー138

山陰地方も旧盆も過ぎ、朝夕が爽やかな気配ですが、日中は猛暑が続いており菜園は熱風で無人の荒野です。

◎本日は自称大規模の「大豆、小豆栽培の畑の様子」[
前回NOー129]に続き報告します。
1)’2008,6月,9日.ー自家無農薬大豆の種蒔き作業完了。 
Cimg3614*今年は昨年より約10日早く、自家  
 採取の大豆を種蒔きです。
*種蒔き、大豆約2kg(約4,800個)
 *種蒔き 穴数x1、600箇所
 *1穴x3個の大豆種蒔き。
 *種蒔き穴ー間隔約30cm。
Cimg3607ak









2)’08、6,14 ー初発芽を確認。
Cimg3670ak*種蒔き後約1週間程で発芽開始です、
*発芽率は約90%-で概ね、良好な発芽率ですが昨年よりは少し低調です、


Cimg3676ak*今年は種蒔き後の空梅雨での水不足が発芽率、生育に大きく影響した様で、
*水遣り作業を実施しました。Cimg3675ak 








3)’08、6、17ー 小豆の種蒔き完了。

Cimg3660ak *小豆2種
ー5畝x52箇所x3個=約780個

*昨年に比べて約1週間程早くの種蒔きですが、結果は如何に成りましか楽しみです。
*種蒔き時期は当地では
一般的には6月末ー7月上旬頃です。

Cimg3661ak*昨年(630個)より約20%増しで、株間を広く(約45cm間隔)し、育ちの良さと害虫の発生予防(日当たりと風通しの改善)を図りました。
*小豆は御裾分けで皆さんが重宝されます(自家製は珍しく)ので増量です。


4)’08、6、27ー小豆の初発芽を確認

Cimg3718ak *今年は空梅雨の影響で発芽時期が少し遅くです。
*発芽率は約80%で昨年実績より約10%程増量です。
*小豆の元種が良好品と時期が適切でしたので良い結果です。
*未発芽箇所は再度種蒔きです(7月20日に種蒔き実施)。

Cimg3714ak







 
5)’08、7、 1ー大豆苗の植え替え、間引き作業開始。

Cimg3725ak_2
*間引き作業を兼ねて、3粒種蒔き箇所の大豆苗を未発芽箇所に定植しました。
*昨年もこの作業をしましたが後の株の生育と全体の収穫量に大きく影響し重要な作業です。

Cimg3730ak*下の双葉が十分に育ち後で植え替え時期です。
Cimg3769ak







6)’08、7、20ー大豆、小豆苗畝の雑草取り作業開始。
Cimg3905ak
*種蒔き後、約1月半で畝、溝の雑草が勢いをまし、大豆苗に影響が出始めましたので此れから約1月間掛かり雑草取り作業に成ります。

Cimg3906ak *無農薬、雑草取り薬品を使用しませんので当然、全て、手作業での草取りです。

7)’08、7、28ー大豆、小豆の初花芽を確認。

Cimg3998ak_2
*大豆の薄紫の花芽です。
Cimg4004akCimg3993ak Cimg3992ak_2 *小豆の可憐な黄色い花芽です






8)’08,7,31-大豆、小豆畝の土寄せ作業完了。

Cimg3997ak*7月20日頃開始の手作業に寄る「畝の土寄せ作業」がヤット約10日掛かり完了しました。
*この土寄せ作業と雑草取り作業が大豆、小豆栽培(生育の良し悪しを決定する)の最大の重要作業です。
Cimg3996ak 







**次回は10月頃に大豆、小豆栽培の様子の報告予
定です

|
|

« 猛暑の時の畑  家庭菜園報告 NOー137 | トップページ | 晩夏の菜園 家庭菜園報告 NOー139 »

コメント

こんにちは。
一年を通じての大豆、小豆の作業、生育状況こまめに見せて頂いております。あまりの規模に大変だろうな~と言う感想と、その大変さを見事にこなして、自家製味噌作りまで至り、完成させた時の充実感は苦労を忘れさせる何にも比べられない物と推察致して居ります。

龍山さんのおっしゃる通り商売としてJAに出荷申請してもよろしいのでは(*^_^*)

*wakaboshiさん
家庭菜園の延長での大豆、小豆栽培ですが、少し規模が大きくなり最近はソチラの作業に時間を取られて苦戦してます。
これらは自家製味噌、豆腐用に使用&友人に配布の予定ですので手抜き出来ませんので結構大変ですヨ。
しかし、半身程に伸びた大豆の株の中で作業していますと気持ちが落ち着き実に貴重な時間ですね。
先にも書きましたが、大豆、味噌等も知人に配布予定ですので、その他(出荷等?)は回りそうに有りませんね。  久米仙人

投稿: wakaboshi | 2008年8月25日 (月) 12時20分

お邪魔します。
綺麗に並んだ大豆と小豆の行列、北海道の大地を見ているようですね。雑草も無く綺麗に手入れされた畑に感動してみております。この秋には沢山の大豆と小豆の収獲が期待できるので、JAに出荷できそうですね。収獲の様子また楽しみに待っております。

*龍山さん
 昨年度から自家製味噌、豆腐用に栽培を始めました、大豆と小豆で見よう見まねで勉強で無農薬、有機栽培してます。
実家の畑で約200坪程の広さが有り約30年程未耕地で放置の畑で雑草等が勢い強く手作業で大変ですが収穫と加工品を楽しみに耕しております。
又、後日、経過を記録し上梓します。     久米仙人

投稿: 龍山 | 2008年8月21日 (木) 17時32分

本当に大規模ですね。
もうこれは自称ではないと思いますよhappy01
うちは今年は小豆だけの栽培になりました。
種まきが遅いので、まだこのように勢いがないです。
春からの野菜とは逆に、久米仙人さんを私が追いかける栽培になっていますね。
今後も参考にさせていただきます。

*maoさん
 当方も大豆、小豆は昨年からの偶然に実家の畑を使用することに成り、初めての栽培で、日々人から聴き、本を見ながらの試行錯誤しております。
 種蒔きが小豆に関しては少し早や目でしたので、結果がどう出るか?注目してる所ですが今の所順調のようです。
当方も菜園の野菜では何時もmaoさんの記事で作付け時期、作物等を参考にさせて頂いていて助かっておりますので今後と宜しく。      久米仙人

投稿: mao | 2008年8月21日 (木) 12時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猛暑の時の畑  家庭菜園報告 NOー137 | トップページ | 晩夏の菜園 家庭菜園報告 NOー139 »