« 秋冷の日々の畑 家庭菜園報告   NOー144 | トップページ | 秋晴れ実りの頃 家庭菜園報告   NOー146 »

2008年10月12日 (日)

秋深し畑の様子 家庭菜園報告   NOー145

山陰地方も日増しに秋が深まり、周囲の田圃では稲刈りも終わりました。
菜園も秋野菜から冬野菜へ少しづつ様変わりして来ました。

1)キャベツ、チンゲンサイの寒冷紗架け作業。

Cimg4511ak*先に定植の「キャベツ、、ブロッリ」に害虫の被害が酷く成って来たので、
早速、今回定植の「キャベツ、チンゲンサイ」に害虫予防で「寒冷紗」架けしました。



Cimg4512ak*昨年も害虫対策で寒冷紗架けをしたが架ける時期が遅れ気味で効果が良く有りませんんでしたので今年は少し早めに作業です。



2)白菜の植え替え作業。

Cimg4579ak*9月15日種蒔きの白菜「黄ごころ85」1/4畝分、12本を植え替えしました。

*直蒔き苗とポット蒔き苗なので育ちに大きく差が出てますネ。

Cimg4535ak*収穫時期を遅らせる様に追加で「中晩性株」の白菜8本を別の畝に定植しました。







3)第三段の冬野菜の種蒔き。

Cimg4576ak *遅蒔き用の「黄ごころ85」ー先回の直播の発芽率が良くないので年越し用に追加播きです。
*年越し用の「サラダ菜、オールシーズン」を種蒔き。

Cimg4574ak
*「ひとみ5寸ニンジン」を来春収穫予定でを本年最後のニンジンの第4回目の種蒔きです。
*ニンジンは発芽率が悪く生育が難しいので年間を通じて数回の種蒔きをして収穫に努めてます。

**完全無農薬栽培を目指しており、害虫の被害が日増しに酷く対策に悩んで居ります。

|
|

« 秋冷の日々の畑 家庭菜園報告   NOー144 | トップページ | 秋晴れ実りの頃 家庭菜園報告   NOー146 »

コメント

こんばんは!
葉野菜は害虫との闘いですよねthink
今年は寒冷紗架の効果が出ると良いですね~!
そうそう、先日、うちの父は、母にネギを摂って来てと
頼まれ根っこから引き抜いて来てしまい、根の方だけ、少し残して切って植えなおして来てね~と追い返されておりました。

*サユサユさん
 例年のように害虫との闘いが始まりました、今年は猛暑の影響か毛虫等が異常に繁殖してます、色々試してはますが早く気温が下がるのを待っております。
ネギは発芽条件が難しく生育に時間も掛かり、苗も結構高価で家庭菜園では意外と貴重ですヨ。
だから、作る人の苦労では母上がおしゃるのも当然ですネ。 久米仙人

投稿: サユサユ | 2008年10月13日 (月) 21時38分

こんにちは。
防虫対策に毎度悩まされていますね。こちらも同様ですが~そろそろ作業も終局真近で対策卒業です。
そちらは年中、種播き収穫出来そうで苦労も多いでしょうが~羨ましいですね。
白菜の種を播いたのでありますが、発芽せず、追加播きも同じで不良種の疑い~時既に遅く、今年は白菜諦めました。やっていると成功あり、失敗ありで、それもまた楽しの一種ですけどね(笑)

*wakaboshiさん
 例年この時期はアブラナ系のキャベツ、ブロッコリと大根(一般的には被害が少ないそうですが)が害虫の被害で悪戦苦闘してます。
無農薬栽培で色々と試しますが難しいですね。
菜園の周囲の人達が農薬、化学肥料を使用しているせいで当方の畑に被害が拡大する可能性も原因ではと推察してますが。
当方も冬には3、4ヶ月程雪が降りますので越冬の作物を中心に種蒔きをしてますので畑のローテイションで悩んでおります。   久米仙人

投稿: wakaboshi | 2008年10月13日 (月) 15時07分

久米仙人さんご苦労様です。今日植えた我が家のキャベツとブロッコリーにはまだ寒冷紗はかけていません。春先には必ずかけますが、秋採りのキャベツにはかけないでやってみます。サツマイモは小振りでも沢山出来ていますね。我が家の金時は30本ほどしか植えていません。奥さんはあまり食べないので、近所へのおすそ分けですよ。でも今日は昨日持ち帰った金時でてんぷらの予定です。

*自然大好き田舎人さん
ご訪問有難う御座います。
無農薬で栽培してますので例年害虫の被害対策で試行錯誤(木酸酢等)してますが今だ上手く行きませんネ。
サツマイモは今年は少し多目に植えましたので出来る限り早め(御裾分けは初物が喜ばれますので)試し堀りして小分けで収穫してます。
当方も先日、早速に天ぷら、味噌汁の具で味わってます。    久米仙人

投稿: 自然大好き田舎人 | 2008年10月13日 (月) 13時27分

お邪魔します。
キャベツとチンゲン菜の害虫防止、寒冷紗効果があるようですね。
当方も、昨日秋茄子をあきらめ白菜と水菜を定食しました。だいぶ遅れたので結球するか心配です。周りの畑の白菜は30センチほどの葉を広げています。大丈夫か・・(^^;)
久米仙人様のところは「中晩成」なので大丈夫ですね。

*龍山さん
昨年はキャベツ、ブロッコリに寒冷紗架けの時期が遅くて効果が今一でしたので、最初の植え付け分は時期的に遅れましたので、今年は二回目の植え付け分に使用しました、今の所宜しいようです。
白菜は虫の害が酷いので、直播、ポット蒔き、後蒔きと3回に分けて植え付けしてみました(収穫時期の時差の為にも)、その内でどの時期が良好か結果待ちです。        久米仙人

投稿: 龍山 | 2008年10月13日 (月) 06時41分

畑作業お疲れさまです!
ウチの方でも、虫たくさんいます。モンシロチョウもヒラヒラしてます。
昼間はけっこう25℃くらいの日もありますから、虫も快適に生きていけるのでしょうか。寒冷紗などの資材費もバカになりませんねbearing
サラダ菜、これからでも大丈夫なのがあるんですね。探してきます。

*ニャーゴさん
 お陰様で冬野菜類の植え付けも一段落しましたが、此れからが害虫青虫が温暖で凄くて対策で大変です、例年の事ですが、農薬散布の誘惑と戦ってますヨ。
寒冷紗架けもどの野菜にもとは量的に限界有りますしね、時期も難しいです。
サラダ菜は平地では4月ー11月頃まで種蒔き可能ですヨ。 久米仙人

投稿: ニャーゴ | 2008年10月12日 (日) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋冷の日々の畑 家庭菜園報告   NOー144 | トップページ | 秋晴れ実りの頃 家庭菜園報告   NOー146 »