« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

自家製天然酵母でパン作り  家庭菜園報告     NOー152

本日は果実エキスで自家製天然酵母を作り、其れを使って自家製のパン手作りに挑戦しました。

◎全体の作業工程
 ①天然酵母を作りー約3-5日間(季節により異なる)。
 ②元種を作りー 約2日間。
 ③パン生地作りー約30分。
 ④発酵生地作りー約4時間(第一、二次発酵合計時間)。
 ⑤パン焼き作業ー約30分。

◎主原料
 天然酵母用果物ーレーズン、リンゴ等(シーズンにより様々です)
 小麦粉、塩、砂糖、バター、牛乳、卵。
 アンパン用の直栽培小豆。


1)ドライレーズン、リンゴのエキスで天然酵母を作る。
Cimg4960ak
*酵母発酵には適正温度は、冬季は約30度、夏季は約25度。
*果物は無農薬、ノワックスの勢いの良いの物を使用。







Cimg1547ak

*天然酵母エキスには果物は、バナナ、夏ミカン、ブルーベリー、プルーン、イチジク等が最適です。




2)パンの元種作り。
Cimg4962ak*元種ー1)
ーエキス1:1小麦粉
放置約20時間(温度約25度)



Cimg4981ak









Cimg1555ask_2*元種ー2)
ー元種1:1小麦粉
約20時間放置(温度約25度)








3)パン生地作り。
Cimg4983*パン生地
元種 1/2:1小麦粉+塩+砂糖+バター
を良くミックスしグルテンの発酵を促すように十分に揉み込む。








4)パン生地の発酵作業。
Cimg4970ak*一次発酵
ーパン生地を約35度で2時間放置し十分に発酵させる。

*保温機(発砲スチロールの箱等)で温度に注意して十分に発酵させる。





Cimg4971ak *発酵終了後のパン生地。
*指で押さえて弾力の有る穴が出来る状態が良い。

Cimg4975ak*二次発酵(仕上げ発酵)
ー 成型(分割)後に
約35度でやく1.5時間放置
*オーブンを使用。







Cimg4964ak









Cimg4985ak









Cimg0792ak









5)パン焼き作業。
Cimg0323ask*パン焼き作業の設定は
*温度210度、5分程度が目安です









6)自家製手作りパンの出来上がり。
Cimg4990ak


Cimg4992ak










Cimg0793ask2











*現在はオーブンの関係より小型種類のパンが中心ですが、徐々に中型食パン等に挑戦予定です。

| | コメント (4)
|

2008年11月24日 (月)

向寒の季節の菜園  家庭菜園報告 NOー151

山陰地方は先日、初雪がパラパラと降り、とうとう冬が其処までやって来た気配です。
昨日で冬春野菜用の植え付け作業は一段落が付きました。
1)タマネギの第二段の植え付け終

Cimg4930ak
*今回の植え付け数量。
* 晩生タマネギx200本
*早生タマネギx100本


Cimg4931ak
*タマネギ植え付け総数。

*晩生タマネギx300本
*早生タマネギx200本
* 赤タマネギx50本

 
(全 3.5畝分)
Cimg4932ak
*我が家はタマネギの消費が多く昨年分は在庫分が秋まで持ちませんでしたので今年は増量です。
*昨年より
+晩生タマネギx100本
+早生タマネギx100本
追加で植え付けしました。

2)春豆類の種蒔き作業。Cimg4937ak
*キヌサヤ(兵庫)
*グリーピース
*ソラマメ(一寸)


Cimg4935ak
*夏野菜類の支柱枠を一部残しその場所に豆類を3種類の種蒔きして使用しました。
Cimg4934ak
*来週には例年どうりに防寒用に寒冷紗架けの予定です。







3)ブロッコリの初収穫です。
Cimg4914ak
*9月12日、定植のブロッコリx10本が約2月で待望の初収穫に成りました。


*第一弾(9月頭)分は害虫に遣られ今復活中です
*無農薬栽培として
苗の植え付けの時期選択、土壌改良、防害虫対策等不足でマダマダ試行錯誤です。

Cimg4910ak






**最後の作業として大豆収穫作業(乾燥済み分の一部は実施済み)が天候の回復待ちで未だ残ってます。

| | コメント (5)
|

2008年11月16日 (日)

落葉の季節の菜園 家庭菜園報告 NOー150

陰地方は日々に寒さが深まり紅葉も真っ盛周囲の野山は綾錦です。
菜園作業も冬春野菜の準備も終わり一段落です。
1)タマネギの植え付け開始。
Cimg4805ak
*早生タマネギx100株
*晩性タマネギx100株

*気温も下がり植え付けの時期が来ましたので第一弾を植え付け完了。
*一昨年は早やく植え過ぎでネギ坊主が沢山出ましたので出来る限り遅くに植え付けです。
Cimg480ak7
*赤玉タマネギ(サラダ用)x50株
*第二段を「晩性タマネギx200株程」来週くらいに植え付け予定です。


2)落花生の収穫が終りました。
Cimg4639ak
*5月14日に種蒔きの落花生2種(内皮、白色と茶色)、約40株を先月の試し掘りより数回に分け収穫して来ましたが、葉身も褐色に色付き網目も鮮明に成りました。
Cimg4867ak
*残り全量(約20株)を収穫完了。
*落花生は試し掘り以来評判が良く知人に御裾わけし喜ばれましたね。
Cimg4905ak *収穫の総量は概算で15kg程で粒の大小のバラツキは結構有りますが、実の入りは具合は非常に良好で満足な出来栄えでした。
Cimg4907ak
*落花生は最初には早速塩茹でビールの御摘みで味わいました。
残りが此れから一月間程乾燥させて
「煎り落花生」と「ピーナツバター」を作り味わいます。
3)冬野菜、葉物の様子。
Cimg4860ak
*9月12日植え付けのブロッコリ(第二段分)が順調に花芽が付き始めました。
*第一弾分のブロッコリは害虫被害より復活中です。
Cimg4862ak
*10月3日植え付け。白菜(第二段)が芯巻きがソロソロ始まりそうに育ってきました。



Cimg4824ak
*9月27日植え付けの「寒冷紗架けのキャベツ」が害虫の被害も無く育ってます。


**今、来週中には大豆の収穫開始ですが天候の様子が気に掛かります。

| | コメント (4)
|

2008年11月 9日 (日)

秋雨の日々の畑  家庭菜園報告        NOー149

山陰地方も連日秋雨で寒さが強くなり、日中でも20度以下の日々が続き、家庭菜園での作業が段々と厳しく成って来ました

1)キャベツの寒冷紗の取り外し作業。
Cimg4679ak*気温も下がり害虫(アオムシ、コナガ)の発生も少なく成り、十分の生育したのでヤット寒冷紗の取り外しが出来る時期に成りました。
寒冷紗は本来は防寒対策が主ですが害虫防御にて使用しております。
*別畑のブロッコリは今の所は害虫の被害も無く順調に育ってます。
Cimg4681ak Cimg4700ak







2)ニンジン三世代の収穫模様。

Cimg4796ak *7月10日種蒔き分「時無し5寸」発芽率(約30%)は良く有りませんでしたが、その分各株の実の付きは結構良くて(株間が適度と栄養状態が良く結果)収穫開始です。

Cimg4718ak *9月1日種蒔き「ひとみ5寸」は発芽率(約6ー70%)も良く、生育も順調で未だ小振りですが間引きを兼ねて初採りです。
Cimg4666ak*10月11日種蒔きの年越し収穫予定「ひとみ5寸」は発芽率は比較的に良好で此れからの間引き、追い肥が大切な作業に成ります



3)3種の葉物の植え替え。

Cimg4683ak*水菜、タカナ、サラダ菜が十分の大きくなり別畝に分割して植え付けしました。
Cimg4694ak 









**今週は早生のタマネギの植え付け開始予定で降ります。

| | コメント (3)
|

2008年11月 2日 (日)

大豆と小豆の栽培 -NO-4   家庭菜園報告      NOー148

本日は「自家製味噌、豆腐作り用」に、大規模栽培(自称)してます「大豆、小豆栽培の畑の様子」前回ブログNOー138」続き途中経過を報告します。
 ◎昨年より約20年程未耕作の荒れ放題の畑を整地して大豆、小豆の専用に栽培してます。

*畑の広さ  ー約660㎡(約200坪)
 *大豆ー25畝、(1畝 長さ、42mx幅、40cm) 約3、200株

 *小豆ー 5畝、(1畝 長さ、42mx幅、40cm) 約 700株
1)’08年8月上旬の畑ー大豆、小豆の花芽が盛況。
Cimg4123ak
*第一回目の土寄せ、草取りも終わり株も大きくなって来ました。


Cimg4000ak*大豆の花芽は薄紫花です。
*大豆の種類により花の色は様々で
茶大豆の花は白色です。

Cimg4195ak

*小豆の花芽は薄黄色です。






2) 、8月20日頃ー大豆、小豆に実が付き始める。

Cimg4207ak
*8月気温も上がり大豆に実が入り始める。
Cimg4299ak






Cimg4204ak
*小豆は大豆より少し前に実が入り始じめた。

Cimg4439ak

*この土寄せ、雑草取りの作業で台風での株の倒れ予防と水捌けが良くなり大豆、小豆の育ちが促進されます。

3)、9月上旬頃ー大豆の枝豆での収穫開始。
Cimg4452ak 
*8月末頃より実が良くなり若い実を枝豆にて収穫してその味を堪能します。
Cimg4457ak

Cimg4456ak 










4)、10月中旬ー大豆の実の乾燥と葉身の枯れ始め。
Cimg4651ak

*今年は雨の少ない天候のせいか大豆の実の型の付きと葉身の乾燥が比較的早い様相です。
Cimg4649ak







Cimg4650ak
Cimg4531ak*小豆も実の入りが比較的早くから収穫開始できそうです。

Cimg4584ak_2







5)  、10月22日ー小豆の第一回目の収穫作業

Cimg4552ak_3*小豆は全体が成熟し乾燥を待つとその内に実に虫が入りますので少しヅツ乾燥した鞘だけを収穫して行きます。
Cimg4583ak 



Cimg4658ak*収穫した鞘は自宅で乾燥し虫を除き選別して行きます。

*最初の収穫のせいか、小豆の粒が少し小振りですが色合は非常に良好で次回頃の収穫時には粒も大振りに育っている予定です。

Cimg4659ak

| | コメント (3)
|

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »