« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月24日 (土)

今年の自家製味噌作り。   家庭菜園報告    NOー160

例年、一年で一番寒いこの時期は「寒仕込の味噌」に最適な季節で、早速「我が家の自家製米麹味噌」作業開始です。
 昔より味噌は地域により様々な仕様が有り、更に各家庭流の自家製味噌の味わいが有ったようです。
 戦国時代には味噌は栄養価が高く体力の源で有ったそうで。
味噌を製する者は天下を征するとも言われて居たそうです。
「家康の三河の八丁味噌、信玄の甲斐信濃の信州味噌、
 正宗の奥州の仙台味噌等」。


◎自家製の米味噌作り作業工程。
 ー今回は4工程分を仕込み(延べ約3日間)

 *材料(1工程分)ー無農薬米ー約15、kg
            -大豆、(自家栽培無農薬大豆)、約4、kg
            -天然塩(赤穂の天塩) -約3、kg
            -麹菌           一1袋入り(70g)

○一日目の作業 ー自家製の米麹作り。
Cimg5126ak *先日に約24時間水にかして置いた米を4工程分を30分程蒸す。
Cimg5129ak*JA加工所(共同で有料で借りてる)の蒸し器で、
一度に4工程分は蒸し処理できます。
Cimg5143ak *麹菌ー1工程(1袋、70g)x4袋使用。
Cimg5135ak*人肌に冷ました「蒸し米」を良く解して麹菌を満遍なく付ける、
この作業が麹の出来の良し悪しを決める重要な作業です。

Cimg5139ak *発酵器にて約20時間程寝かし1次発酵させる。
*温度(38度前後)と湿度の管理が重要なポイントです。







○二日目の作業 ー大豆煮作業と麹の混ぜ(切り替えし)。

Cimg2631ak*先日に水にかして約24時間経過した大豆を十分に水切して圧力釜で約40分煮る。
Cimg5150ak *JA加工所の圧力釜です。
Cimg5161ak *水分を十分に抜き冷ましておく。






Cimg5156ak*米麹の混ぜ(切り替えし)作業。
約20時間経過した米麹を発酵器より出して米の塊を砕きて麹菌が全体に塗布する様に良く揉み解す。
*この時点で、高温による麹のダメージや雑菌に拠る変色等の取り除き、温度度の管理をして再度発酵器に入れて約20時間程発酵させる。

Cimg5149ak







○三日目の作業ー味噌の仕込み。Cimg2613ak
*塩切作業
ー煮大豆(4kg分)と天然塩(3kg分)を良く合わせ均一に混ぜる。

*地域によっては先に米麹と塩を合わせる遣り方も有るようです。
Cimg5181as発酵器より取り出した定温の米麹と塩切した大豆を均一に混ぜて良く合わせる。
Cimg5173ak*ミンチ器にて大豆を挽き空気が混入し様に潰し味噌専用の桶に詰める。
Cimg2617ak*この空気抜き作業が結構キツイ作業です。
手抜きすると夏の高温期に殺菌が入り腐敗が出る事に成ります
*味噌玉(味噌の塊)を作りながら桶に投げつけて詰める遣り方も有ります。

Cimg5175ak*今回「自家製米麹味噌」は2桶(約60kg)の仕込みで約1年間程の熟成期間で早くても今年の冬に出来上がり予定です。
*例年、我が家の手前味噌(完全国産大豆、添加物無し)の御裾分けを心待ちにしてる方が多く喜ばれますので仕込が楽しみです。

| | コメント (1)
|

2009年1月17日 (土)

雪中の菜園の様子 家庭菜園報告   NO-159

山陰地方は正月以来の降雪が続いており、積雪が約50cm程に達し菜園は雪の下です、菜園作業は冬眠中で専ら収穫のみです。
本日は久し振りの晴れ間に成り冬野菜の様子です。
1)寒冷紗の除雪です。

Cimg5238ak*連日の降雪で完全に菜園は雪景色です、流石に全く人影は有りません。
*今年は例年に比べてこの時期としては積雪が非常に多く此れから降りそうで大変です。

Cimg5292ak*写真は雪で露出オーバ気味で鮮明で有りませんネ。




Cimg5266ak*春豆類に架けた寒冷紗が完全に雪に埋もれて重さで潰れそうですので2度目の除雪作業、中支柱の補強作業です。
Cimg5287ak*11月22日に種蒔きの「ソラマメ」
*雪にも負けず寒冷紗の中で元気に生育しております。


Cimg5190ak*11月22日に種蒔きの「エンドウマメ」の寒冷紗の中で順調な様子。






2)雪中の野菜類の様子。

Cimg5273ak*雪布団の中のキャベツ完全に雪の下で見えません(雪を掘り起こした所です)が元気に育ってます。
Cimg5274ak*冬の野菜類(雪の中の野菜)は野菜が寒さに負け無い様、凍結し無い様に野菜自身が糖分成分を増してその結果で美味しく成るそうです。
Cimg5275ak
*春用のブロッコリが完全に雪に埋もれてますが元気です。




**今週から例年の「家庭菜園の加工部(自家製味噌作り)」作業が始まります。

| | コメント (3)
|

2009年1月11日 (日)

今日はとんどさんの行事です。  家庭菜園報告   NOー158

今年は大雪の中での「とんどさんの行事」です。
 広くは「左義長祭」と呼ばれ宮中での小正月の火祭りに由来してるそうです。
 地元では古くから
「どんどんさん焼き」「どんどさん焼き」「とんどさん焼き」
等と呼ばれ居ります。
*どんどんさん焼きの様子
Cimg5197ak*正月のお飾りの門松、注連縄、旧のお札、書初め文、御供えの品々等を小正月(15日頃)に焚き上げる火祭りです。
Cimg5202ak *近所の「日吉神社」での「どんどんさん」の様子です。



Cimg5209ak*子供達による火付け開始の行事です。
Cimg5213ak「どんどんさん」の焚き上げの煙を体に浴び健康を祈念します。
皆が我先にと煙を全身に浴びようとしてます。


Cimg5217ak *地域(松江地方等)によってはその残り炭を顔に塗りつけて無病息災を祈念する地方も有ります。
*火の勢いが強く煙が高く上がるほど豊作と昔より信じられております。
Cimg5230ak*古くには残り火、残り炭を持ち帰りその火で自宅の竈で焚き、「無病息災と火難避け」を願った火祭りだそうです。
Cimg5222ak*参加者にお菓子、甘酒、お神酒、豚汁等が振舞わます。 Cimg5233ak
「どんどんさん焼」の行われた鎮守の杜の遠景です。
*此方の地方でも年々少子化で子供達の参加が少なく成り、古くからの行事が昔の勢い雰囲気は無く成りつつあります、特に今年は大雪降りで人出が減りましたネ。

| | コメント (4)
|

2009年1月 3日 (土)

新年の行事    家庭菜園報告  NOー157

新年明けましておめでとう御座います。
山陰地方は今年は雪の正月を迎えました。


◎此方地方の正月の様子を少しお知らせします。
〇正月のお雑煮です。
Cimg5194_2*此方の田舎のお雑煮は写真でお解りの様に全国的にも珍しい「小豆ぜんざい風の雑煮」です。
勿論味は甘くて丸もち(西日本は全般的に)入りです。
*「ぜんさい雑煮」の風習は全国的にみても四国と九州の一部しか無い珍しいそうです。
〇注連飾り。
Cimg2518ak*玄関のお飾りは各家庭で少し異なりますが最近はお店で誂えますのでこの形(ウラジロ、ユズリ葉、ミカン、丸注連縄、)が一般的ですネ。
Cimg2519ak*我が家では昔より注連縄(ノレン型)でウラジロ、ユズリ葉、ミカン、炭)で、干し柿、昆布、スルメ、椎茸等を飾ります。
*此方では神棚の飾りは以前は各家庭で手作りする事が多くて仕様は各家庭で様々でしたが、最近はお店での購入が多く特色は少なく成りました。

〇初詣は「国庁裏神社」

Cimg2515sakmeru*毎年初詣に行きます近くの「国庁裏神社」です。
*この神社は700年頃に律令により建立された「伯耆国庁、伯耆国分寺」に立てられた由緒ある神社です。

Cimg2509ask_2






**ブロク開設より約3年を過ぎ更に菜園に励む気持ちです、
今年も宜しく願います。

| | コメント (5)
|

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »