« 新年の行事    家庭菜園報告  NOー157 | トップページ | 雪中の菜園の様子 家庭菜園報告   NO-159 »

2009年1月11日 (日)

今日はとんどさんの行事です。  家庭菜園報告   NOー158

今年は大雪の中での「とんどさんの行事」です。
 広くは「左義長祭」と呼ばれ宮中での小正月の火祭りに由来してるそうです。
 地元では古くから
「どんどんさん焼き」「どんどさん焼き」「とんどさん焼き」
等と呼ばれ居ります。
*どんどんさん焼きの様子
Cimg5197ak*正月のお飾りの門松、注連縄、旧のお札、書初め文、御供えの品々等を小正月(15日頃)に焚き上げる火祭りです。
Cimg5202ak *近所の「日吉神社」での「どんどんさん」の様子です。



Cimg5209ak*子供達による火付け開始の行事です。
Cimg5213ak「どんどんさん」の焚き上げの煙を体に浴び健康を祈念します。
皆が我先にと煙を全身に浴びようとしてます。


Cimg5217ak *地域(松江地方等)によってはその残り炭を顔に塗りつけて無病息災を祈念する地方も有ります。
*火の勢いが強く煙が高く上がるほど豊作と昔より信じられております。
Cimg5230ak*古くには残り火、残り炭を持ち帰りその火で自宅の竈で焚き、「無病息災と火難避け」を願った火祭りだそうです。
Cimg5222ak*参加者にお菓子、甘酒、お神酒、豚汁等が振舞わます。 Cimg5233ak
「どんどんさん焼」の行われた鎮守の杜の遠景です。
*此方の地方でも年々少子化で子供達の参加が少なく成り、古くからの行事が昔の勢い雰囲気は無く成りつつあります、特に今年は大雪降りで人出が減りましたネ。

|
|

« 新年の行事    家庭菜園報告  NOー157 | トップページ | 雪中の菜園の様子 家庭菜園報告   NO-159 »

コメント

うちの方では「とんど」と呼びます。
呼び捨てですよcoldsweats01
煙を浴びると健康にというのは同じです。でも竹にモチをはさみ、とんどの火で焼いて食べるというのがどちらかというとメインだったような気がします。
モチがないと始まらないような雰囲気でした。

うちの辺りでは旧正月頃行います。同じような行事でも少しずつ違いますね。

*maoさん
 所により呼び名は色々有りますね、当方では子供の頃「どんどさん」が一番馴染が有りますね。
「さん」付けは昔は何事にも親しみと尊敬の念で呼んでました、例えば
神社をお宮さんとか言ってましたね。
そういえば当方も子供の頃は御餅(昔は御餅がご馳走でしたから)を火で焼いて食べた事が一番の思い出でしたネ。         久米仙人

投稿: mao | 2009年1月13日 (火) 14時49分

お邪魔します。
懐かしい言葉の響き「とんど焼き」
田舎では意味は分からないのですが
「よわよわ」と呼んでいました。
奈良では、若草山の山焼きなのですが
今日は朝から冷たい雨が降って今年も
延期になるかもしれません。
奈良地方でも、「とんど焼き」は
神社や寺で行われる正月行事です。
茅の環くぐりなどもあります。

*龍山さん
 地方でも年々様々な昔の行事を遣らなく成り、貴重な伝統が廃れて往きつつ有り、此れも少子高齢化、経済的な地方の衰退が大きい影響でしょうか?
「とんどさん焼」は子供の頃は近くに田圃で皆が集まり盛大に御餅やスルメ等を焼いたり、して、とこに雪のこの時期はでの外での楽しい遊びでしたね。 
「よわよわ」とは初耳で珍しい表現ですね。           久米仙人

投稿: 龍山 | 2009年1月12日 (月) 09時11分

私は18才まで松江市で育ちました 当地ではトンドさんと言っていたように思います スルメ モチ 干し芋等を燃え盛る火で焼いて食べたのがとてつもなく美味かったような気がします 終戦直後のお菓子など滅多に
口に入らない時代でしたから あれから50年余り職を
離れ家庭菜園をしたりしていますが神戸の方では
トンドさんのならわしもなく貴兄のブログを拝見しとても懐かしく子供の時を思い出させて頂きました

*神戸の爺さん
 ご訪問、コメント有難う御座います。
当方も此方に関東よりUターン後に家庭菜園に励んでおります。
子供の頃に慣れ親しんだ「どんどんさん」(此方では子供の頃そう読んでましたね)は正月行事でも雪の中で友達との事、焼いた御供え餅、スルメ等の楽しい思い出ですね。
ヤハリ子供の頃に数多くの行事等の経験が大人に成ってからの貴重な財産になりますね。           久米仙人

投稿: 神戸の爺 | 2009年1月11日 (日) 16時09分

こんにちは。
正月のお飾りの門松、旧のお札等を焚く行事はそちらでは「どんどんさん焼き」ですね。 もう済んだんですか。 宮古の場合は横山八幡宮神社で今年は18日の予定で行われます。 名称は「どんど祭」と呼ばれています。一時は公害問題で中止の時もありましたが、お粗末には出来ない物ですから、復活ですね。
それにしても結構は雪ですね。宮古は今は雪がございませんよ。

*wakaboshiさん
 雪が降ります分其れだけに「古くはどんどんさん」今風は「とんどさん」は昔は小正月の15日に決まってましたが、最近の成人式と同じで近い祭日に成りました(少し味気無い気がしますがネ)。
昔からの風習は其々に意義、言われ(特に自然との係わりが深く)が有りますので是非残したい物ですね。
雪はこれからは2月末頃まで一週間置きに降ったり止んだりのくり返しですね。                           久米仙人

投稿: wakaboshi | 2009年1月11日 (日) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新年の行事    家庭菜園報告  NOー157 | トップページ | 雪中の菜園の様子 家庭菜園報告   NO-159 »