« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月29日 (日)

花冷えの季節の畑  家庭菜園報告 NO-170

山陰地方も、今年は例年に比べ桜が約10日程も早く咲き始めて、今頃は7分咲きに成りました。
 然し、今週はミゾレ混じりの雨が数日降り続き花冷えの天候で、急に気温が下がりました。
1)ジャガイモの植え付け開始。
Cimg5885ak_2*ヤット、2,3日快晴の日が続き待望のジャガイモの植え付けが出来ました。
又今週末に雨に成りそうな予報です。
*今年は季節が早いので昨年に比べて約10日程早くの植え付けです。
*切り口に「草木灰」を付けて約3日程十分に乾燥させて後に植え付けです。
Cimg3094ak*ジャガイモ植え付け数量。
ーダンシャク約43個。
ーメークイン約30個。
ー キタアカリ約20個。
(2分割の植え付けです)

Cimg3090ak_3 *植え付けの畝数。
ーダンシャク-1、5畝分
ーメークインー1畝分
ー キタアカリ-1畝分
*昨年より1畝分減反?です。
Cimg5929ak_2*種芋は約30cm間隔で植え間に有機堆肥(腐葉土、油粕、米糠、牛糞等ミックス)を入れました。
Cimg5932ak*深さ15cm程度で覆土をして表面を多少強く土を押える。
Cimg5935








2)本日の収穫です。


Cimg5870as *春キャベツが柔かく良い巻き状態で未だ々取れそうです。
Cimg5858ak*ブロッコリの脇芽。
脇芽の収穫の今週でソロソロ終わりに成りそうです。

**今週は葉物と夏物の野菜の種蒔きが始まります。

| | コメント (5)
|

2009年3月23日 (月)

陽春の畑作業です  家庭菜園報告  NO-169

山陰地方も今週は日中23度以上の日々が続き、4月下旬頃の気温で梅桃の花も菜園の野菜の花も満開です。
 この頃の季節は早過ぎで気候の異常さを畑の自然から実感してます。
いよいよ菜園の作業も植え付けで忙しく成って来ました。
1)豆類の寒冷紗の撤去と支柱立て作業です。
Cimg5879ak*本日は、昨年12月21日の架けた寒冷紗が連日の気温の上昇でヤット取り外せる季節に成りました。
*外枠に大型支柱と中枠に小枝の支柱立てです。
Cimg5873ak*ソラマメは未だ葉身が低いので小型の支柱を立てます。
*花芽が付くのはマダマダ先に成りそうですがこの気温では可なり早まりそうです。
Cimg5875ak*キヌサヤとエンドウマメには中間に小枝を立て支柱をします。
Cimg5876ak_2
*キヌサヤ






2)待望のニンジンの発芽を確認です。
Cimg5861ak*2月21日種蒔きした「時なしニンジン」が約1月達て待望の発芽を確認出来ました、先月末の寒さで遅れてかなり時間が経過したので発芽をほぼ諦め気味でした。Cimg5863ak
*発芽率はほぼ60-70%程で遅れ気味にしては良好でした。






3)冬野菜類の撤去と畑の準備。

Cimg5880ak*冬野菜の先植え付けの白菜、大根とキャベツ、チンゲンサイ、水菜の撤去しジャガイモの植え付け畝の元肥入れで前準備です。Cimg5882ak








**来週はいよいよジャガイモの植え付けのの始まりです。

| | コメント (4)
|

2009年3月14日 (土)

余寒の季節の頃  家庭菜園報告    NOー168

山陰地方は今日は朝から雪混じりの雨が降ってますので菜園作業は暫く出来そうにも有りません。
 先週の晴れ間の日での菜園の様子です。
1)寒冷紗の中の豆類。
Cimg5773ak
*寒冷紗はソロソロ撤去の時期になって来ましたが、此方では彼岸過ぎ頃までは未だ小雪が降りますので暫くはそのまま架けて置きます。
Cimg5769ak
*ソラマメ
11月下旬に種蒔きして遅れ気味でしたが気温の上昇に連れて急激に大きくなりました、昨年は害虫マメアブラムシに集中的に遣られましたので今年は害虫対策を予定してます。

Cimg5772ak
*エンドウマメ
*寒冷紗の保温のお陰で順調そうです。

Cimg5771ak
*キヌサヤ
*少し遅れ気味で種油カスの追い肥をしました。






2)タマネギの草取りと追い肥。Cimg5818ak
*11月上旬の定植の「早生タマネギ」の草取りと油カス、牛糞粉の追い肥作業です。
*タマネギは例年この時期は雪の寒さで育ちが遅めですが気温の上昇で直ぐに大きく成ります。
Cimg5774ak
*晩生タマネギは少し遅くに植え付けですので「早生タマネギ」に比べて多少未だ小振りです。
*タマネギ類は余り早く育ちますと「ネギ坊主と芯芽」が出易いので遅れ気味の方が丁度頃合が良いです。
3)ニンジンの間引き作業。
Cimg5817ak
*昨年10月中旬に最終の種蒔きの「ひとみ5寸ニンジン」が大きく成って間引き作業と追い肥です。
Cimg5816ak
*ニンジンの間引きした株はサラダの具に最適で苦味の風味が良く合い重宝してます。


**春の彼岸が過ぎますといよいよ菜園も種蒔き等で忙しくなりますネ。

| | コメント (4)
|

2009年3月 8日 (日)

自家製天然酵母で自家製パン作り。        家庭菜園報告NOー167

この時期、未だ天候が悪くて菜園作業が出来ませんので加工作業のみです。
 本日は自家製天然酵母を作り、そのエキスを使い「自家製山型パン」「ピザー」を作りました。


◎作業工程(全体で約1週間)
*第一工程
  ①果物の材料で天然酵母エキス作り。
        ー約3-5日間(季節により異なる)。
*第二次工程
  ②元種を作り     ー 約2日間熟成。
*第三次工程 
  ③パン生地作り    ー約30分。
  ④発酵生地作り ー約4時間(第一、二次発酵合計時間)。
  ⑤パン焼き作業        ー約30分。

◎主原料

 天然酵母用果物ーリンゴ、ミカン等(シーズンにより果物は様々)
 国産小麦粉      ー
約350g
 塩ー約7g、砂糖ー約18g、バター10g。

◎用具
 
温度計、こねベラ、スケッパー、ボウル、小型秤、タイマ、オブンシート

1)果物エキスで自家製の天然酵母を作る。


Cimg2126ask
*天然酵母エキスの熟成には果実は「バナナ、レーズン、ブルベリー、リンゴ、プルン、夏ミカン等」が良好です。
*天然酵母の熟成の条件。
ー適正温度は冬季は約30度、
ー夏季は約25度
ー熟成時間は季節により異なりますが約  
  3-5日間程。
ー熟成が進行するとガスが発酵するので時々ガス抜きをする。


Cimg5787ak*今回は果物は「無ワックスのリンゴ」と「ハッサク」エキスを利用しました。
Cimg0263ak









2)パンの元種を仕込む。Cimg2134ak
1)*一次ー元種
天然酵母エキス+国産小麦粉

熟成時間
ー約20時間(冬季25度ー約24時間)
Cimg5780ak








Cimg2133ask2)*2次ー元種
  一次元種+国産小麦粉

  熟成時間(冬季25度ー約24時間)





3)パン生地作り作業。

Cimg2336ask*パン生地
材料
ー元種生地:1/2+国産小麦粉
+塩+砂糖+バター。

Cimg5778ak*パン生地を良く揉み伸ばしと折込たたみ作業をして生地がダマが無く成り生地が切れ無く、薄く延ばしてグルテン膜が良く出来上がるまで繰り返す(約20分程度)。




4)パン生地の一次発酵作業。

Cimg5795ak *今回はオーブンレンジにて発酵作業
ー約30度、時間ー40分保温する。
Cimg2150ask *一次発酵はパン生地が指で押さえて弾力のある穴が出来る状態が目安です。

*ピザー用の生地は一次発酵終了したものを使用する。




5)パン生地の二次発酵作業(仕上げ発酵)。
         Cimg5800ak
*成型後ー約30度で約2.0時間程オーブンにて発酵させる、水分の補給が大切。
Cimg5807ak









6)パン焼作業(家庭用のオーブンレンジ器)
Cimg5803ak *パン焼作業は
オーブンレンジで
ー設定温度170度、30分間程度。

*オーブンレンジでは山型パンは天面が焼け過ぎに成り、又底部が焼け不足に成り成りがちで難しいです。
*自家製食パンは今回始めて作りましたが果物の香りと味が濃厚で何も付けずに大変美味です。
Cimg5811ak *ピザーパイは自家製野菜のブロッコリ、タマネギミックスのツナ入りピザーです。

                                                           
Cimg5815ak*自家製ピザー生地は非常に柔らく果物の風味が有り好評です。 

| | コメント (3)
|

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »