« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月25日 (土)

陽春の季節の畑で 家庭菜園報告 NOー174

山陰地方も連日の晴天続きで遠くの大山の峰の雪も解けて春が真っ盛り吹く風も穏やかで畑作業には心地よい季節に成りました。
 家庭菜園の野菜達も元気々で種蒔きの新芽も雑草も盛況です。
1)トウモロコシ、葉菜類が待望の発芽です。
Cimg6080akjpg*4月9日に種蒔きの「トウモロコシ、ジュピター」が約10日程でヤット発芽しました。
今年は春の高温(季節の前倒し?)と早めの夏の収穫を目指して3週間も早めの種蒔きです。Cimg6081ak
Cimg6073ak*葉 レタス。
*4月9日に種蒔きの「シスコ」が約10日程で発芽です、本葉になれば植え替え予定です。
Cimg6075ak*夏用ブロッコリ。
4月9日に種蒔きの「ピクセル」が約10日程でヤット発芽しました、
ブロッコリの直播は発芽、育ちが難しいので此れからの管理が大変です。


2)夏キャベツの植え付けです。

Cimg6076ak*春キャベツの収穫が完了しましたので遅ればせながら、夏用キャベツ苗x10本を定植しました。
Cimg6077ak*「完全無農薬栽培」で遣りますので此れからの時期アオムシ等の害虫が勢いを増し防虫対策が大変です。
例年、キャベツ、ブロッコリは害虫の攻撃で大変な被害に遭ってすが、どちらが勝つかの戦場です。

3)里芋を植え付けしました
Cimg6083ak*今年初めて「サトイモ、早生白イモ、小芋」を2㎏(約35個)を植え付けです。
*畝幅約80㎝ 植え付け幅約40㎝を2畝に植え付けです。
*サトイモはこの土地は初めての植え付けで土壌的に合うのか(、水捌け等土壌を選ぶそうで)未定で、様子をみて後で黒マルチ架けするべきかを検討します。Cimg6084ak


| | コメント (6)
|

2009年4月19日 (日)

花曇りの季節の様子 家庭菜園報告 NO-173

山陰地方も今週は10日振りに雨が降り、菜園も野山も一層活気を帯びて来ました。
今日は春の味覚を探しに出かけました。
1)今年一番、初の筍堀です。
Cimg6051ak_3
*毎年筍堀に出かける場所は誰でも自由に筍が取れる秘密?の竹薮です。
然し最近は広く知れ亘ったせいか掘り人の姿が多く成りました。

Cimg6044ak_2
*今年は好天のせいで昨年より約10日程も早くの筍掘りと成りました。
*未だ早い時期で筍を探すのは簡単では有りませんが、落ち葉の下の筍の頭を見つけ出すのは宝探しのようで此れも楽しみの一つです。
Cimg6047ak_2
Cimg6050ak_2
*今回は約10本ほど初収穫です、
早速に知人に御裾分けして、此方の地方でも今の時期は初物ですので大変に喜ばれました。
Cimg6010ak_2*流石に初物は特に柔かくて筍の風味が良くエグミも有りません。
*皮付きのまま米糠を入れて約20分程湯掻きます。
Cimg6014ak_2
*筍料理の定番の3点コースです。

*筍ご飯。
*筍と蕗の煮物(初取りの蕗)。
*筍とワカメのお吸い物。



2)今年のタマネギの初試し取りです。
Cimg6034ak_2
*昨年11月9日に植え付けの「早生タマネギ」「赤タマネギ」がこの所の好天で育ちが急激に良く成りましたので、本日は玉太りの確認の為に初試し掘りをしました。
Cimg6032ak_2
*「早生タナネギ」はこの時期にしては比較的に玉太りは良さそうです、一月後には収穫出来そうです。
*早速に生スライスしてサラダで味わいました。

Cimg6037ak_2
*サラダ用の「赤タマネギ」は御覧のように未だ玉太りが不足気味ですので暫く時間が掛かりそうです。

| | コメント (7)
|

2009年4月11日 (土)

春真っ盛りの畑    家庭菜園報告 NOー172

山陰地方も桜、野草の花も満開で春真っ盛りの季節に成りました。
 遂に好天続きで種蒔きの季節がやって来ました。
早速、先日に畝を作った耕地に「第一弾の夏野菜類」の種蒔き開始です。
1)トウモロコシの種蒔き。
Cimg5977ak*待望の、トウモロコシ「ジュピター」を昨年(5月3日種蒔き済み)に比べて今年は春の気候が暖かいので約3週間も早くの種蒔きです。
Cimg5978ak*1畝2条で1箇所3粒づつの点蒔きです








2)レタス、ブロッコリの種蒔き。
Cimg5985ak
*巻きレタス「シスコ」がこれからの季節には作り易いとの評判ですのでこの種類に決めました。
Cimg5986ak*夏用のブロッコリ「ピクセル」種からは始めての種蒔きです。Cimg5987ak
Cimg5988ak*此れからの発芽までの水遣りが大変ですネ。







3)根深ネギの定植作業です。
Cimg5966ak*親類より「根深ネギ」白根太を大量に頂きましたので早速植え付けです。
Cimg5969ak*2畝に4本溝に約200本程を5本束で伏せました。
*根深ネギの大規模栽培農家?に成るでしょうか?
Cimg5972ak*此れから永い期間で成長に合わせて葉身を切り取り収穫出来ます。
*秋冬には太白根が鍋物類に最適です。


| | コメント (5)
|

2009年4月 5日 (日)

大豆畑の耕作、初作業  NOー1  家庭菜園報告    NOー171

山陰地方も連日雨が降ったり止んだりの気候が続き、咲き掛けた桜も7分咲きで春休み?の状態です。
 本日は「大豆畑、約200坪(680㎡」が昨年12月上旬に収穫終了後に放置のままでしたので今年初めての耕作作業を開始しました。
1)大型耕運機による整地の作業開始。
Cimg5831ak*大豆収穫後冬の間約4ヶ月間全く手入れがされて無く雑草が元気に成って来ましたので、今年の第一回目の耕作作業です。
*大豆の種蒔きは「6月上旬頃」を予定してます。
*小豆の種蒔きは「7月上旬」の予定です。
Cimg5832ak*今回、大豆畑は栽培して3年目に成りますので畑全体を整地し深く耕し為に「大型耕運機」で「転地返しをして」土壌の改善を図ります。
Cimg5836ak*大型耕運機は親類の方のに作業を依頼して約3時間程で整地が完了です。
Cimg5837ak*自家の小型管理機(下記)で作業をすれば完了するには約3日程も掛かりますが、ヤハリ大型耕運機は非常に作業が早く土壌も細かく柔かく成りました。


2)自家小型管理機での耕作と畝作り作業。
Cimg5952ak
*今年は先に(上記)耕運機で耕作済みの「大豆畑」をその一部をはかの作物用に使用するために本日は再度の「自家小型管理機で」耕作です。
Cimg5951ak






Cimg5949ak*自家小型管理機で畑に南側に2畝(60cm幅X23m)を作り、
*この畝には「トウモロコシ、落花生、サツマイモ、その他の種」等を植え付け予定で降ります。
Cimg5953ak*この土地は永年(約30年程)全く未使用でしたので非常に土壌が豊かで昨年も一部の作物の栽培(トウモロコシ、落花生等)が良好です。

| | コメント (5)
|

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »