« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月25日 (土)

小豆、大豆栽培の畑 NOーⅣ 家庭菜園報告   NOー187

山陰地方も今週は雨続きです、然し此方は幸いにも大きな雨には成りませんでした。
未だ々梅雨は明けそうに有りませんが、晴れ間を縫っての小豆、大豆の畑の作業です。
1)小豆の種蒔き作業です。
Cimg7031ak*種蒔きに使用の小豆。

*右ー大納言小豆。*左ー中粒小豆。
(自家採取の小豆を使用、但し一部に前年度分を種蒔き用に使用。)
Cimg6976ak*種蒔きの量。
ー全量で約1,200粒(800g)

Cimg6991ak*今年は、11畝に全量種蒔きです。

*畝に約45cm間隔の種蒔きです。
*1畝当り約55箇所x2粒づつ種蒔き。
Cimg6975ak*昨年度は、余りにも早く6月中旬(6月17日)に種蒔きしましたので、花芽が早く付き過ぎで害虫の被害が多く、又枝葉が育ち過ぎて側枝の折れが多発、株の倒立等が起こり結果が悪ったので、今年は遅らせ気味にしました。
Cimg6988bk*大豆は御裾分けで非常に評判が良いので昨年の約2倍量(11畝分)を栽培します。
Cimg6979ak*今年の種蒔きは7月13日、18日(7月中旬)に種蒔き完了しました。
Cimg6992ak *小豆用の畝作り作業が早過ぎた(5月中旬)せいで、早くにも畝の間に雑草が伸びて来ました。
*この先の雑草取り作業が思い遣られます。
Cimg7001ak*種蒔き後に鳥害対策とし、畝全体を乱反射テープで周囲を防御しました。
Cimg7003ak








2)小豆の待望の発芽開始です。
Cimg7024ak
*先の7月13日種蒔き済み「大納言小豆」が連日の雨のお陰で約1週間程で発芽が確認出来ました。
*現在の全般の「発芽率は約80%」程で比較的良好です。 Cimg7026ak
*連日の雨のお陰で発芽が良好な分雑草の育ちも異常に良さそうです?。
Cimg7025ak







3)大豆の畝の土寄せと、草取り作業が大変です。
Cimg7000ak
*大豆が順調に生育してますが、その分雑草が多く成りましたので、昨年よりも早くに、草取り作業開始です。
*今年は畝間を十分に取り、更に時期を早めですので、畝の間に小型耕運機を入れて雑草取りで耕しました。
Cimg6998ak*この土寄せ作業と雑草取り作業が大豆、小豆栽培(生育の良し悪しを決定する)の最大の重要作業です。Cimg7018ak Cimg7019ak


*7月23日頃開始の手作業の「畝の土寄せ作業」がヤット約3日で完了しました。

| | コメント (1)
|

2009年7月20日 (月)

仲夏の季節の畑 家庭菜園報告   NOー186

山陰地方も連日梅雨の蒸し暑い日々が続き、降ったり止んだりで晴れ間を縫っての畑作業です。
夏野菜類も元気ですが、その分雑草も勢いを増して草取り作業が大変です。
1)夏野菜類の収穫様子。 Cimg7012ak
*7月初旬からの高温と雨降りで、トマト類が色付き味も付き一段と鮮やかに成り収穫が最盛期です。
*トマト中玉瑞栄
*トマト大玉桃太郎
*ミニトマト

Cimg7010akカボチャ(日向ハヤト)が十分にヘタが色付き硬く成りましたので待望の初収穫です。
*今年は昨年の反省で整枝を確りとしましたので数は少な目ですが大きさは十分です。
Cimg6882ak和カボチャ(ミヤコカボチャ)はもう少し時間が掛かりそうです。
Cimg7009ak*ピーマン、シシトウは一時株が小振りでしたが少しづつ実の付き良くなり勢いが出てきました。

Cimg6831ak*ナス類は少し遅れ目でしたが連日の雨で勢いが出てきました。
*ナスは全体に昨年と比較して今年は初夏の水不足のせいか株が小振りで出来は余り良く有りません。
Cimg7005ak_2丸ナス(クロワシ)
は我が家の定番の待望の収穫。
*米ナスの肉詰め、素揚げの味噌付け、等




2)トウモロコシの様子。

Cimg6984akトウモロコシ(ジュピータ)に実が付き始めましたが、アワノメイガの幼虫等の害虫の被害が多く出始めましたので、被害の拡大を防御の為に雄花と被害の枝を除去作業しました。
*此れから鳥の被害への防糸を張り対策中です。 Cimg6983ak









3)夏、秋野菜類の発芽開始

Cimg6953ak_2*インゲンマメ
*6月27日種蒔きー自家採取の「ツル有りインゲン」の発芽。
Cimg6954ak*6月27日種蒔きーツル無しインゲン(平英キング)の発芽状態(発芽率は約70%程度)Cimg6956ak
レタス(シスコ)
*7月2日種蒔きの葉レタスが発芽しました。
Cimg6961ak
*秋冬用に「チンゲンサイ」の種蒔きをしました。
*今週は秋冬用に
「水菜」「赤カブ、ラデュシュ」の種蒔き予定です。

| | コメント (2)
|

2009年7月12日 (日)

大豆栽培の畑 NO-Ⅲ  家庭菜園報告     NOー185

山陰地方も今週は梅雨の雨降りが続き、作物が一段と元気を増してきました。
 今週は 大豆畑の作業の様子です。 
1)大豆待望の発芽が始まりました。Cimg6781ak
*6月15日種蒔きしました、大豆が約10日程でヤット待望の発芽しました。
*種蒔き量、
大豆約1,5kg
(約3,800個)
*種蒔き 数x約1、100箇所
*種蒔き 間隔約40cm(1箇所x大豆3個入れ)。

Cimg6777ak*6月25日、現在の発芽率は概算、
畝ーNO、1-15は約100%。
 畝ーNO16-21は約70%。
*畝、NO16-21は中央部で発芽無しの部分が集中している。
*未発芽の畝に関し原因を調査中です。
Cimg6784ak*今年は種蒔き後、例年に無く晴天が続き雨が少なくて、現在は発芽も遅れ気味で少し小振りの新芽です。
Cimg6772ak







Cimg6842a









大豆新芽が鳥害の大被害に遭ってます。
Cimg6848a
*写真の様に畝、NO16-21(特に畝、NO19-21は1/3が未発芽)に集中して発芽が無いので調査した。
Cimg6859a*種蒔きした其の場所を掘り返した所、大豆は発芽しており、その後新芽が根元から切断されている事が判明。
Cimg6852ak_3*大豆の発芽が確認出来ない場所が畝、NO16-21に集中しており、他の畝は殆ど被害が有りせん。
*原因は、カラス、ハト、キジ等の鳥の被害でした。
*種蒔きした畑の中で端の畝に集中しており、鳥除けビニール紐の間の所に被害が多い。
*新芽を、集中して食べており、其の残骸(新芽)が完全に無くなっている。
Cimg6941a*根きり虫等の害虫の場合には被害場所が一箇所では無く、畑の全体に被害が分散Cimg6938aしているはず、又新芽の残骸が其の場所に残っている筈である。Cimg6939a
*大豆苗が無くなった場所に大きな穴が開いて居るのが確認出来た事。

Cimg6860a*被害に遭ったNO、16-21の畝の様子、大豆株が全く見当たりません。








3)大豆苗の植え替えと間引き作業。

Cimg6949a*7月に成り、新芽も双葉が取れて植え替えするには十分育ちましたので、未発芽の所と鳥害で被害に遭った欠落箇所に移植作業をしました。
*今年は鳥の被害での株の欠落部分が非常に広く(全体で約2畝分程)
天候も不順で作業に延べ2日程掛かり植え替え作業完了です、

Cimg3968ak*植え替え場所の穴に水を撒き移植。

Cimg6968ak *最初に種蒔きで一箇所に3本の発芽した大豆の苗を2本立ちに(最終的には2本立ち株が実の付が良好ですので)間引きをしました。
*この作業で全21畝に全て大豆株が揃いました。

Cimg6945a*鳥害対策のビニールと乱反射紐を追加で4日箇所に設置しました。

Cimg6943a

| | コメント (3)
|

2009年7月 4日 (土)

ツユの晴れの菜園  家庭菜園報告        NOー184

山陰地方も今週は梅雨らしい雨の日が続き、水不足が解消し此れで夏へ季節の切り替わる準備が出来ました様です。
今週はツユの晴れ間を縫って菜園作業に励みます。
1)ジャガイモの第一弾の収穫作業。
Cimg6824ak 
Cimg6817a*先週試し掘りをした「ダンシャク」が葉身が十分に枯れましたので全量収穫しました。
*収穫量は約12kg(90個)程で今年は早い段階で、芽欠きを十分に遣ったせいか玉太りは比較的良好で1個約100g-150g程の付でした。

Cimg6829ak
Cimg6828ak
「メークイン」は未だ葉身の枯れが少なく玉太りも小振りですので次回晴れ間にの収穫に延期しました。




2)夏、秋野菜の種蒔きの色々。
Cimg6876ak
*6月14日に今年第一弾の種蒔き「ニンジン、ひめ5寸」が本日発芽をしました、発芽率は水不足のせいか余り良くなく50%程度て余り良く有りませんので、追加で隣に第二段「新黒田5寸」を種蒔きしました。
Cimg6833ak*昨年秋に収穫の「ツル有りインゲン」の自家採集種30粒を初種蒔きしました。
*今年は出来る限り自家採集種蒔きに挑戦してみようと心掛けております。
Cimg6837ak
*併せて、「ツル無しインゲン、平英キング」を種蒔きしてみました。 Cimg6838ak
Cimg6879ak
*秋用に「レタス、シスコ」の種蒔きです。
Cimg6834ak
*秋冬用に「太ネギ、九条ネギ」の種蒔きです、ネギ類は生育に時間が掛かりますので早めの種蒔きです。




3)サトイモへの敷き藁です。

Cimg6792ak*4月24日に1,5kg植え付け、此れから夏の暑さと、水分対策用にサトイモに麦藁、雑草等を敷き藁を作業です。
*サトイモは今年初めての栽培ですので、色々と検討しながらで、同時期植え付けの畑と観察すると多少小ぶりの様です。

Cimg6862ak*この畑は「黒ボク土壌」で水捌けが良いのでサトマイモには多少難点が有るかもしれませが永い目で様子を見ます。Cimg6863ak 

| | コメント (7)
|

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »