« 秋の彼岸の頃の菜園  家庭菜園報告    NOー193 | トップページ | 中秋の菜園の様子  家庭菜園報告        NOー195 »

2009年9月27日 (日)

大豆と小豆の栽培の様子 NO-Ⅴ  家庭菜園報告      NOー194

山陰地方も夏から秋へと季節も進み、大豆や小豆も日々に大きく成り勢いが出て来ました。
 今日は、先回の記事
大豆、小豆栽培のNOーⅣ」に引継ぎ、
その後の「大豆、小豆の畑」の様子をお知らせします。

1)大豆の花芽の開始の様子。Cimg7093ak
*8月3日(初旬)の大豆畑です。
株の高さもようやく膝の高さ程までに大きく成りました。


6月15日に種蒔きした「白大豆、青大豆」に待望の花芽が付き始めました。


Cimg7090ak
*青大豆の花芽は白色の花です。
*青大豆は今年に初めての栽培ですが勢いが宜しいようです。

Cimg7126ak
* 白大豆(普通大豆)の花芽は薄紫の花びらです。






2)小豆の発芽と鳥の被害の様子。
Cimg7107ak
*7月24日の小豆畑(11畝分)
*7月13,18日に種蒔き完了の「大納言小豆、中小小豆」が約10日程達ようやく発芽です。
*発芽率は約75%程で昨年より少し低い発芽です。
Cimg7103ak

Cimg7102ak

Cimg7101ak*大豆と同じく発芽直後に鳥の被害で根元から食べられて切断されてます。


Cimg7099ak
*再度、未発芽の場所と鳥に遣られた株の場所に追加種蒔きしました。

*写真の新芽が無い所処が気概の場所で約1割弱程の被害で、今年は異常に被害が多いです。


3)大豆、小豆畝の土寄せの作業

Cimg7286ak*最初に小型耕運機で畝間をスキ込みCimg7290ak、その後に鍬で土寄せです。
*昨年は小豆の畝の土寄せが遅れて小豆の株が倒れて大変でしたので、今年は早めに土寄せ作業をしました。
Cimg7289ak*畝の土寄せは結構時間と体力を使いますが、この作業は「株の倒れ防止、根部の伸びの土壌補充、雑草の防止」と大豆、小豆栽培では重要な作業です。



4)大豆の鞘付きの始まりの様子。

Cimg7312ak*8月下旬頃の大豆の草丈が高さ膝と腰との中間程までに成長して来ました。


Cimg7309ak*8月25日の大豆の様子。

*6月中旬に種蒔き後に約2,5ヶ月経ち大豆にようやく待望の鞘が付き始めました。
*昨年と比較して梅雨の時期の雨量が少ないせいか少し遅れ気味です。

Cimg7313ak








5)小豆の花芽開始の様子
*6月中旬に種蒔きの小豆に待望の花芽が付き始めました。
Cimg7433ak
Cimg7401ak*小豆の花は「黄色の花びら」で、
大納言小豆や中小小豆花弁の型が異なり、葉身の伸びも大きく差が出てきます。
Cimg7402ak


Cimg7399ak
 








6)大豆の実入りと枝豆の初収穫。

Cimg7378ak *昨年と比べて水不足の影響なのか大豆の鞘の実の入りが少なくて遅れ気味です。 

*今の所、約30%程度の実の入り状態で此れからの雨と気温の回復に期待してます。
 Cimg7427ak

Cimg7429ak

Cimg7428ak



Cimg7458ak*早速、今年初の枝豆の収穫です。
*非常に柔かく大豆の風味満点です。

|
|

« 秋の彼岸の頃の菜園  家庭菜園報告    NOー193 | トップページ | 中秋の菜園の様子  家庭菜園報告        NOー195 »

コメント

こんにちは。
良いですね! このような構成更新、まるで大豆と小豆の一生物語風。 まだ最終章には至っていないと思いますが~味噌や豆腐の製造に至ればまさにそう言う事になりましょうか?

久米さん自体も写真を見て、鳥害で止むを得ず追種をしなければならなかった悔しさや昨年の失敗を繰り返さない事前の作業を心掛けて、メキメキ伸びて花が咲いた時の喜びは格別では無かったでしょうか!

そして収穫後の味わい~これは何よりの楽しみと思いますが~。

天候が芳しくない点が心配ですが、後もう少しの期間、久米さんの為に天候回復、恵みの雨が程良く降って呉れる事を北の国から祈りましょう!

*wakaboshiさん
 大豆、小豆栽培は約半年間掛けて栽培してますので、出来る限り、
自分の記録と他の方の栽培(大豆、小豆は栽培される機会が少ない品目ですから)の参考に成ればと目で見ての「時系列の記録」を心掛けております。
 前年度の反省をしながら毎年試行錯誤で遣ってます。
特に今年は鳥、虫の害が酷く更に天候不順の影響が強く出てきました。
 今年様なの気候に会うと、作物は「土地と天候と人手」の相互作用の賜物なのだと強く感じます。  
 此れからの回復(実の入り)に期待して収穫の喜びを待ってます。         久米仙人

投稿: wakaboshi | 2009年9月30日 (水) 12時17分

青大豆の花は白くて、小豆の花は黄色いのですね~~~!
初めて知りました~~~
それにしても凄い大豆畑です!
土寄せだけでも、たいへんそうです~~~
一日中同じ作業がつづくと、腰などいたくなりませんでしょうか~~~!?(笑)
手を加えた分、美味しい枝豆ができると思うとなんの、なんのの世界でしょうか~~~!?
おつかれさまです~~~
お皿の上の枝豆、美味しそうです!
夕餉が楽しみになりますね~~~!

*マルコさん
 自家製味噌、豆腐用に大豆専用として栽培してます。
此れだけの広さでは正直、手作業での土寄せ、草取りは可なりキツイですよ。
農家は大豆には余り手を入れないで、機械で大まかに遣るだけです。
でも手数を掛けた分は育ちが各段に違いますので、その分楽しみも有ります。
枝豆は育ちの最初の時期の恵で味わってますヨ、
又親類に御裾分けしますと其の新鮮な風味に大変喜ばれます。           久米仙人

投稿: マルコ | 2009年9月28日 (月) 22時50分

お邪魔します。
広大な大豆と小豆の畑壮観ですね。
仙人様の一年間の健康の源として色々なものに変化して健康な身体を支えるのですね。
畝間に雑草もなく、順調に生育しているように見えるのですが、今年の異常気象が影響して実の入りが悪いのですか。
これからの天候の回復をお祈りしております。
枝豆、美味しすぎて食べすぎと飲みすぎに注意しましょうね。

*龍山さん
 実家の畑(約200坪)を大豆、小豆専用に栽培してます(今年は周囲に色々な野菜を植え始めました)。
 ヤハリ作物は正直な物で手数を掛けた分、育ちが違いますネ。
雑草等は初期に放置してますと直ぐに大豆より背が高く成り、大豆が育た無く成りますから。
今年の天候不順は直ぐに影響が出て、知人の畑では大豆の実が着かずに株を処分した人も居ますヨ。     久米仙人

投稿: 龍山 | 2009年9月28日 (月) 17時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の彼岸の頃の菜園  家庭菜園報告    NOー193 | トップページ | 中秋の菜園の様子  家庭菜園報告        NOー195 »