« 新涼の季節の菜園 家庭菜園報告 NOー180 | トップページ | 秋晴れの菜園の様子   家庭菜園報告     NOー182 »

2009年9月 6日 (日)

初秋の気配の菜園  家庭菜園報告       NOー181

山陰地方も晴天続きで秋の気配が日々に濃く成って参りました。
 今年は残暑も台風も無く其のまま秋に突入しそうですが、毎日雨無し続きで水不足なので種蒔き、植え付けに影響が出そうです。
1)冬野菜用の畝作り作業。Cimg7338a
*冬野菜類「白菜、キャベツ、ブロッコリ、大根等」用に畝作り作業です。
*約一月前に小型耕運機で耕作済みの畝4本に根肥、元肥入れて植え付けの準備作業です。
*根肥えとして乾燥牛糞を畝の底に入れます。Cimg7356a
*雑草、枯葉、牛糞、油粕等のミックスの堆肥を更に根肥として入れます。
Cimg7341a*米糠を元肥として全面に散布します。
Cimg7346a*鶏糞と菜種油粕を元肥として散布します。
*完全有機肥料ですと栽培時期を適正に選択し無いと害虫等の被害が難しいです
Cimg7347a*最後に有機消石灰(粉砕貝殻)を散布し酸度調整をします。
*然し、有機消石灰(粉砕貝殻)は余り多く入れと土が固く成り適度が難しいです。
*此れで冬野菜の種蒔き、植え付けの畝の完了です。

2)キャベツ苗を定植とCimg7321a冬葉物の種蒔きです。
*親類よりキャベツ苗を18本も戴きましたので早速植え付けしました。
*昨年より約1週間も早く定植で、最近のの水不足と小振り苗ですので管理が難しいです。Cimg7320a










Cimg7409ak*葉物の種蒔き。

*白菜「豊風」、チンゲンサイ、ホウレンソウを種蒔きです。
*水不足の天候で発芽状態が懸念されます。 Cimg7411










3)夏野菜の初秋での収穫の様子ですCimg7323a
*空中栽培の「カボチャ、ミヤコ」が未だ々収穫で、今年は6個も取れました。
Cimg7352a*ピーマン、シシトウが依然元気で取れてます。
*トマト、ナスは今年は天候の不順の影響で出来が良く有りません。  Cimg7327a
*遅く植え付けのキュウリが季節ハズレで少しづつ取れ始めました。 Cimg7283a
*「茗荷」ー完全放置栽培(花畑の中で手付かずのまま)で夏に沢山取れましたが、今年の収穫もソロソロ終了ですネ。

|
|

« 新涼の季節の菜園 家庭菜園報告 NOー180 | トップページ | 秋晴れの菜園の様子   家庭菜園報告     NOー182 »

コメント

あららら~~~こちらは根肥も元肥もごちゃまぜの土つくりをしてしまいました~~~!(笑)
材料は殆ど同じなのですが、ぜ~んぶ一緒に混ぜて、牡蠣殻石灰をまいたのでした~~~
根を痛めてしまうでしょうか~~~!?
牡蠣殻石灰のやりすぎは、土を固くするもととなるのですね~~~ちっとも知らずに、大根さん、ニンジンさん、蕪さんなどの根菜類には、葉ものより多めに撒いてしまいました~~~!(笑)
ミヤコカボチャ、綺麗で美味しそうですね~~~
坊ちゃんカボチャに似ているようですが、お味は、どんなでしょう~~~!?
カボチャの向こうにトマトもあるようですね~~~
そして、立派な胡瓜!うらやましいかぎりです~~~

*マルコさん
 一般には耕起の時に根肥えとして堆肥系を入れますが、
当方は其の時に土壌の改善(元が田圃で粘土質が多い)の為に先に乾燥堆肥を入れて特に柔かさ、保持力を高めてます。
ですから、マルコさんの根肥えとして堆肥を入れるのは宜しいと思いますヨ。
牡蠣殻石灰は生物系ですから余り強くないので、表面に散布しても宜しいですが(カルシュウ系は過剰で固まります)、即効性の生石灰系は元肥で入れたが良いようですが、過剰散布は病害虫の抵抗力が落ちます。
ミヤコカボチャは和カボチャですので日持ちがしますが、洋系に比べ味は淡白で昔の味ですヨ。      久米仙人

投稿: マルコ | 2009年9月 8日 (火) 22時22分

お邪魔します。
秋冬野菜の準備、有機肥料を主体に最高の土作りですね。
美味しい野菜が期待できますね。
そちらも雨が降っていないようですね。
奈良も8月8日以来雨が降らず、畑はカラカラ状態です。

毎朝水道水を残りの夏野菜にかけているのですが、妻に野菜より水道代のほうが高くつくのではといわれ、恐縮しております。

秋冬野菜の準備は手付かずの状態です。
仙人様のところはすっかり準備が終わったようですね。
後は、種まきと、苗の植え付けですね。

*龍山さん
 此方も約1月程カラカラ天気で雨が降らずで、畑は乾燥地帯で苗を植えましたので、毎日水遣りに大変です。
今年は天候が不順で季節が狂ってますので作付けが難しいですね。
 旧盆は畑作業をお休みしてましたので、最近ヤット調子が出てきまして畝準備が終り、此れから冬物の種蒔き、植え付けが始められますヨ。 それと夏物の整理が未だ有りますが 。          久米仙人

投稿: 龍山 | 2009年9月 8日 (火) 15時06分

こんにちは。
そちらでは冬野菜の名称になるんですね。久米さんがこれから植えようとしている野菜はこちらでは秋野菜です。白菜、キャベツ、ブロッコリ、大根等は既に植え終わっておりますよ。地域の差を感じますね。冬は冬眠ですからね(笑)

*wakaboshiさん
 此方では此れから冬用の野菜の植え付けが最盛期です。
白菜、春菊、大根等此れら種蒔きですよ。
ヤハリ日本列島は永いですね、季節が違って面白いですね。
特に今年は山陰は台風が全く無く、カラカラ天気で水不足で作物が枯れ始めて毎日水遣りで大変です。              久米仙人

投稿: wakaboshi | 2009年9月 7日 (月) 12時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新涼の季節の菜園 家庭菜園報告 NOー180 | トップページ | 秋晴れの菜園の様子   家庭菜園報告     NOー182 »