« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月25日 (日)

紅葉の頃の畑  家庭菜園報告    NOー198

山陰地方も連日の快晴で遠くの大山も日増しに山肌が色付き、紅葉の季節と成って来ました。
 菜園も冬物の植え付けの第一弾が終り、此れから大豆、小豆の収穫が本格的に始まります。
1)サツマイモの第一弾の初収穫です。Cimg7887ak
*6月14日に植え付けしました、サツマイモ「金時x30本」 「紅東x30本」
が葉の枯れ始めは写真の様に未だ不十分ですが全体の勢いが落ちて来ましたので、本日第一弾の初収穫です。
Cimg7885ak
*時期的には未だ早いので先ず、
「紅東を4株」(約5kg)程の収穫です。
*夏の時期のツル返し(鶴の恩返し)を充分に作業したお陰で芋の玉太りは結構良好です。
*梅雨時の雨不足で全体には玉付きが少なくて小振りです。
Cimg7886ak_2「金時x5株」(約6kg)の収穫です。
*紅東に比べて比較的に今年は小振りの玉太りの様ですです。
Cimg7889ak Cimg7891ak

Cimg7899ak*「紅東のサツマイモ」の中には写真の様に1個で約1kg程のジャンボサイズの芋も有りましたが
*味覚的には余り大振りより中型(200-400g)サイズの方が味が良い傾向が有ります。

2)生姜の初の試し掘りです。
Cimg7926ak
*今年初めて、5月8日に「生姜x8株」を植え付けしました。
*生姜の栽培は全く初めてですので勝手が解りませんから、葉身は少し枯れ始めましたので根菜の付き振り確認の為に初試し掘りしました。
Cimg7851ak*御覧のとうり、生姜の付きは未だ良く無くて未だ々時間が掛かりそうな様子です。






3)冬野菜の移植作業後の様子
Cimg7868ak
*10月7日に大豆畑から移植のチンゲンサイがその後の雨と好天で良く根付き元気に成って来ました。

Cimg7894ak Cimg7869ak
10月7日に大豆畑から移植の「白菜京三」がその後の雨と好天で良く根付き元気に成って来ました。

Cimg7892ak









4)菜園の周囲、秋の花々の様子です。
Cimg7878aak
Cimg7880ak









Cimg7881ak

| | コメント (5)
|

2009年10月17日 (土)

孟秋の頃の菜園  家庭菜園報告   NOー197

山陰地方も田圃の稲刈りも終り日増しに気温が下がり、確実に季節の変わり目の気配が色濃く成って来ました。
 菜園作業も冬、春野菜への切り替えに忙しく成ってます。
1)初ニンニクの植え付け作業。Cimg7827ak
*今年は初めて「ニンニクホワイト六片」を植え付けしました。
*時期的には少し遅めの植え付けに成ります

*この土壌は有機肥料のみの栽培ではニンニク等の多肥料品目に余り最適では有りませんが敢て初栽培です。
Cimg7834ak*畝幅は約30cm、株間は約20cm、畝高さは約20cm、覆土は約10cm。
今回は約20個の植え付けです。
Cimg7830ak*元肥は、油粕、腐葉土、鶏糞のミクス
 と苦土灰散布。
Cimg7833ak










2)大根(第二段種蒔き分)の寒冷紗架けです。

Cimg7685ak*9月22日に菜園の畝追加に種蒔きした「大根関白、時無し」には「鳥の被害と害虫被害」の為に寒冷紗架けにて対策をしてして栽培しております。
Cimg7785ak *今の所は寒冷紗の効果で害虫の被害も無く順調に生育しております。
Cimg7786ak Cimg7787ak *この大根は点播きにて種蒔きしましたが、ソロソロ又間引きをして最後は2本立ちにする予定です。






3)落花生に鳥の被害が発生しました
Cimg4448ak
*5月4日(昨年より約10日早く)に種蒔きした「落花生白皮、赤皮種」x25株が今年は梅雨時期の雨不足(豆類の生育には初期に十分な水分が必要)で株の育ちが全体に遅れ気味で小振りです。
Cimg7741ak鳥の被害が発生しましたー最近は気候の回復で育ちが良くなって来ましたが、この時期に成ってから写真の様に実の付きの良い株を中心に、「カラス、キジ等の鳥」が株ごと根元より掘り返し、さらに其の実を食い散して散々様子です。
Cimg7743ak Cimg7747ak *鳥害の株は全体株の約30%程にも成りました、今年は全体に実の付が余り良くない状態の上に、更に鳥の被害等で今年の収穫予想は昨年より可なり酷く悪そうです。

| | コメント (6)
|

2009年10月12日 (月)

秋冷の日々の菜園 家庭菜園報告  NOー196

山陰地方も雨が降ったり止んだで秋冷えが身に感じられる季節。
 周囲の田圃はハゼの稲コキ(脱穀)が最盛期、菜園も冬の準備で忙しい日々です。
1)第二段、夏野菜のトマトの跡片付け作業。
Cimg7776ak *5月の連休に定植のトマト「ミニ、瑞栄、桃太郎」、遂に冬野菜(玉ネギ等)の準備の為に完全撤去の時期に成りました。
*今年は夏の終りに成りようやく天候が回復したお陰で秋口迄完熟で収穫出来ましたが終わりと成りました。
Cimg7783ak






Cimg7794ak








Cimg7482ak*冬野菜類(玉ネギ、キヌサヤ、ソラマメ)、葉物の第二段(春菊、タカナ等)等の植えの準備と成ります





2)冬野菜の移植作業。
Cimg7758ak
*第一弾(9月7日)に大豆畑に種蒔きの「白菜、チンゲンサイ、ホウレンソウ、タカナ」等が移植に十分に成りましたので、雨の降る天気予報ですので急遽植え付け開始と成りました。
Cimg7736akタカナ「赤縮緬」の苗の移植







Cimg7761ak*「白菜京三」、の苗の移植
Cimg7762ak*「チンゲンサイ」の苗の移植




Cimg7764ak*「ホウレンソウ、スタミナ」の移植。
Cimg7489ak *「九条ネギ」の移植








3)キャベツ、ブロッコリの害虫の被害状況
Cimg7777ak
*例年どうりの写真の様に成りました。
*9月2日の定植の「キャベツ」18本が連日の好天で気温が下がらずに害虫(青虫、コナガ等)の総攻撃に遭遇してます。
Cimg7778ak*9月9日定植のブロッコリの同じ害虫被害の様子です。
*例年に「木酸酢液等」を散布してますが、我菜園は「完全無無農薬栽培」に挑戦してますので此れも予測の範囲内です。
Cimg7781ak*連日手動に寄る害虫の除去と気温の低下気候への促進、作物の自家回復力への待ち状態です。
*有機栽培での肥料に寄る影響(害虫繁殖等)も大と考えられます。
Cimg7751ak*同時期に大豆畑の畝(同じく完全無農薬栽培です)に定植のキャベツ、ブロッコリ」は育ちは少し小振りですが害虫の被害は微小で元気に生育してます。   Cimg7759ak

| | コメント (2)
|

2009年10月 4日 (日)

中秋の菜園の様子  家庭菜園報告        NOー195

山陰地方も今週は降ったり晴れたりで日増しに涼しく成って来ました。
 今年の秋は台風が無くても稲が多く倒れたり、柿の実が半熟のままで落ち初めてたりと例年の秋とは少し異なる季節模様です。
1)大根の発芽と間引きの様子。Cimg7502ak
*9月22日、菜園に追加で種蒔きした「大根、時無し」の畝に鳥害対策で寒冷紗を架けたお陰で害も無く発芽が良好です。 Cimg7671ak Cimg7672ak Cimg7692ak

*9月17日、に先行で種蒔きのした「大根関白」が順調に育ち成したので、今回は間引き作業です。
*大根の間引き菜は御浸し、胡麻和えにして新鮮に味わいました。
Cimg7729ak








2)葉菜類の発芽の様子。

Cimg7492ak*9月上旬に種蒔きの「ニンジン時無し5寸」が無事発芽、発芽率は約80%以上で最近の雨降りのお陰で可なり良好な発芽と成りました。
Cimg7700ak_2*9月17日種蒔き「ホウレンソウ、スタミナ」が無事発芽、ホウレンソウはこの菜園の土壌はPHが合わないせいか余り発芽は良く成りません。
*暫くしたら苗を此方の畑から菜園に移植の予定です。Cimg7698ak_2
*9月17日種蒔きの「白菜京三」がソロソロ移植出来そうに大きく成りました。


Cimg7668ak*9月22日種蒔きの「大葉春菊」の発芽です。








3)夏野菜類の収穫と撤去作業。
Cimg7675ak
*夏野菜の「和カボチャ、ミヤコ」が最後の収穫です。
*今年初めて「ネットの空中栽培」を試しましたが、日当たりも良く、土壌の汚れも無く、場所的にも効率良く来年もこの方法を採用するつもりです。Cimg7689ak

Cimg7690ak*「トマト、ピーマン、丸ナス」を残し外の夏野菜類は、一部の自家種取用に数本残した株、以外の「キュウリ、ゴーヤ、カボチャ、インゲン等」皆撤去しました。
Cimg7480ak*お陰様で「ミニトマト、中玉トマト」が未だ取れます、今の時期にCimg7498akしては稀で完熟で濃厚なトマト本来の味がします。   


Cimg7495ak*ピーマン、シシトウ、茗荷、が未だ取れます。
Cimg7284

| | コメント (3)
|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »