« 中秋の菜園の様子  家庭菜園報告        NOー195 | トップページ | 孟秋の頃の菜園  家庭菜園報告   NOー197 »

2009年10月12日 (月)

秋冷の日々の菜園 家庭菜園報告  NOー196

山陰地方も雨が降ったり止んだで秋冷えが身に感じられる季節。
 周囲の田圃はハゼの稲コキ(脱穀)が最盛期、菜園も冬の準備で忙しい日々です。
1)第二段、夏野菜のトマトの跡片付け作業。
Cimg7776ak *5月の連休に定植のトマト「ミニ、瑞栄、桃太郎」、遂に冬野菜(玉ネギ等)の準備の為に完全撤去の時期に成りました。
*今年は夏の終りに成りようやく天候が回復したお陰で秋口迄完熟で収穫出来ましたが終わりと成りました。
Cimg7783ak






Cimg7794ak








Cimg7482ak*冬野菜類(玉ネギ、キヌサヤ、ソラマメ)、葉物の第二段(春菊、タカナ等)等の植えの準備と成ります





2)冬野菜の移植作業。
Cimg7758ak
*第一弾(9月7日)に大豆畑に種蒔きの「白菜、チンゲンサイ、ホウレンソウ、タカナ」等が移植に十分に成りましたので、雨の降る天気予報ですので急遽植え付け開始と成りました。
Cimg7736akタカナ「赤縮緬」の苗の移植







Cimg7761ak*「白菜京三」、の苗の移植
Cimg7762ak*「チンゲンサイ」の苗の移植




Cimg7764ak*「ホウレンソウ、スタミナ」の移植。
Cimg7489ak *「九条ネギ」の移植








3)キャベツ、ブロッコリの害虫の被害状況
Cimg7777ak
*例年どうりの写真の様に成りました。
*9月2日の定植の「キャベツ」18本が連日の好天で気温が下がらずに害虫(青虫、コナガ等)の総攻撃に遭遇してます。
Cimg7778ak*9月9日定植のブロッコリの同じ害虫被害の様子です。
*例年に「木酸酢液等」を散布してますが、我菜園は「完全無無農薬栽培」に挑戦してますので此れも予測の範囲内です。
Cimg7781ak*連日手動に寄る害虫の除去と気温の低下気候への促進、作物の自家回復力への待ち状態です。
*有機栽培での肥料に寄る影響(害虫繁殖等)も大と考えられます。
Cimg7751ak*同時期に大豆畑の畝(同じく完全無農薬栽培です)に定植のキャベツ、ブロッコリ」は育ちは少し小振りですが害虫の被害は微小で元気に生育してます。   Cimg7759ak

|
|

« 中秋の菜園の様子  家庭菜園報告        NOー195 | トップページ | 孟秋の頃の菜園  家庭菜園報告   NOー197 »

コメント

トマトは、まだ青いのが沢山ついていて、お名残おしいですね~~~!
こちらでは、撤収の折りの青トマトは、そのまま収穫して、天日に当てながら、熟成を待ったものもあります~~~(五日から一週間で、おおよそ完熟し、糖度少な目、酸味多めのトマトと成りました~~~!笑)
あるいは、青いトマトは、ヌカヅケにしても美味しいです~~~
なんだか、もったいなくて、そのように致しました~~~!(笑)
こちらも害虫は、手動で行っています~~~
ひとつの白菜のまわりに、夜盗虫のたくさんいることといったら、もう、びっくりですョ~~~!
ほねばかり(成長点は、大丈夫でした!)になった白菜を見て、夜盗退治に重い腰をあげたことです
大豆畑のそばのキャベツが綺麗に出来ていますね!
大豆との相性が、良いのでしょうか~~~!?

*マルコさん
 そうなんです、記事には載せませんでしたがビニール袋一杯の青いトマトが取れまして、勿体無いので今は天日干しで色付きを試してますが、仰るとうりに糠漬けを遣って見ます。
例年、近所迷惑を省みず無農薬を貫徹してますので、害虫取りと気温の下る時期待ちと、キャベツ達の自家耐性力(自分で生き残る力)?を信じて気長に栽培してます。
 大豆畑のキャベツ等を観察すると、周囲に害虫の付く同類の野菜類を栽培していない場所なので害虫の発生要因が少ない環境がプラスしてるようですネ。         
**追伸 ブログ仲間に載せましたので宜しく願います。  久米仙人

投稿: マルコ | 2009年10月13日 (火) 23時07分

お邪魔します。
いよいよ冬野菜の植え付け本番ですね。
夏野菜の処理、畝たて、葉菜や根菜、エンドウなどの植え付け、たくさんの仕事が待っておりますね。
ブロッコリ手作業での害虫処理に苦労されているようですね。
これから寒くなりますので無理をしないでかんばってください。

*龍山さん
 ヤット夏野菜類の残りも片付き、冬物へ本番に成りつつ有ります。
未だ玉ネギの植え付けと大豆の収穫終了まで未だ々続きますネ。
 ブロッコリ、キャベツは第一番はドウシテモ気温が高いせいで害虫の被害が激しいですね。
 例年の事ですが写真の様にスダレ状態の葉っぱを見ると流石に気が滅入にますね。   久米仙人


投稿: 龍山 | 2009年10月13日 (火) 16時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中秋の菜園の様子  家庭菜園報告        NOー195 | トップページ | 孟秋の頃の菜園  家庭菜園報告   NOー197 »