« 孟秋の頃の菜園  家庭菜園報告   NOー197 | トップページ | 大豆と小豆の栽培  NO-Ⅵ   家庭菜園報告      NOー199 »

2009年10月25日 (日)

紅葉の頃の畑  家庭菜園報告    NOー198

山陰地方も連日の快晴で遠くの大山も日増しに山肌が色付き、紅葉の季節と成って来ました。
 菜園も冬物の植え付けの第一弾が終り、此れから大豆、小豆の収穫が本格的に始まります。
1)サツマイモの第一弾の初収穫です。Cimg7887ak
*6月14日に植え付けしました、サツマイモ「金時x30本」 「紅東x30本」
が葉の枯れ始めは写真の様に未だ不十分ですが全体の勢いが落ちて来ましたので、本日第一弾の初収穫です。
Cimg7885ak
*時期的には未だ早いので先ず、
「紅東を4株」(約5kg)程の収穫です。
*夏の時期のツル返し(鶴の恩返し)を充分に作業したお陰で芋の玉太りは結構良好です。
*梅雨時の雨不足で全体には玉付きが少なくて小振りです。
Cimg7886ak_2「金時x5株」(約6kg)の収穫です。
*紅東に比べて比較的に今年は小振りの玉太りの様ですです。
Cimg7889ak Cimg7891ak

Cimg7899ak*「紅東のサツマイモ」の中には写真の様に1個で約1kg程のジャンボサイズの芋も有りましたが
*味覚的には余り大振りより中型(200-400g)サイズの方が味が良い傾向が有ります。

2)生姜の初の試し掘りです。
Cimg7926ak
*今年初めて、5月8日に「生姜x8株」を植え付けしました。
*生姜の栽培は全く初めてですので勝手が解りませんから、葉身は少し枯れ始めましたので根菜の付き振り確認の為に初試し掘りしました。
Cimg7851ak*御覧のとうり、生姜の付きは未だ良く無くて未だ々時間が掛かりそうな様子です。






3)冬野菜の移植作業後の様子
Cimg7868ak
*10月7日に大豆畑から移植のチンゲンサイがその後の雨と好天で良く根付き元気に成って来ました。

Cimg7894ak Cimg7869ak
10月7日に大豆畑から移植の「白菜京三」がその後の雨と好天で良く根付き元気に成って来ました。

Cimg7892ak









4)菜園の周囲、秋の花々の様子です。
Cimg7878aak
Cimg7880ak









Cimg7881ak

|
|

« 孟秋の頃の菜園  家庭菜園報告   NOー197 | トップページ | 大豆と小豆の栽培  NO-Ⅵ   家庭菜園報告      NOー199 »

コメント

こんにちわ~~~!
さつまいも、大きいのが出来て、いいですね~~~!
味うんぬんより、その大きさに感動しております~~~!
こちらは、施肥のしすぎやら、鶴の恩返しやらの機をいっするなど、さつまいもにとってよくないことばかりしてしまい、期待薄です~~~!(笑)
初めての栽培でしたので、いろいろ勉強になったさつまいも元年です~~~!
ひとつ、いいこともありました~~~!
さつまいものつるや葉っぱでお惣菜つくりを楽しめたことです~~~!(笑)
11月の終わり頃、最後に、きっと、あ~あだろうなぁ~~~と思っています~~~!(笑)
露地の菊っていいですね~~~そして、霜が降りるようになってからの残菊も~~~!なごみます~~~!

*サツマイモ、大きければ良い物では無いですが、作ってる身にはヤハリ大きい事は嬉しい事ですネ。
ヤハリ「鶴の恩返し」のお陰です。
最近サツマイモは意外と作る方が少ないせいか御裾訳でも結構喜ばれ
、料理にも幅が広く(ツルの煮物、佃煮、お菓子の材料、アンパンの具、味噌汁の具等)日持ちもしますし重宝です。
路地物の小菊は白色が此れから段々と薄ピンクに変わり意外と秋の風情が有りますネ。                       久米仙人

投稿: マルコ | 2009年10月31日 (土) 09時41分

さすが、鶴の恩返しで、大きいですね。立派です。
当方は、鶴の恩返しを余りしなかったせいですか、小振りのものが多かったです。でも大型犬を飼っている人がいて、犬が芋が好きだからと、小さくてもかまわないと、喜んで大量に持って行きました。

*天道虫さん
 まさに鶴の恩返しとはよく言ったもので、見事なサイズのサツマイモが出来ました。
 ご承知のように、大きければ良いとゆうものでは有りませんがネ。
最近は何でもお菓子が有り、飽食で子供は余り有難がら無いですが。
 でもサツマイモは保存をよくすれば長持ちします(昨年は失敗でしたが)、お菓子、味噌汁の具等料理も広く永く使えますので重宝してます。
ヤハリ自分で栽培したものには愛着が湧きますね。   
此れが本当の今流行の食育ですがネ。     久米仙人

投稿: 天道虫 | 2009年10月26日 (月) 22時08分

こんにちは。
1kとはジャンボですね。味はジャンボより中ぐらいが良いのが、他の色んな物にも当てはまるように思いますね。魚も大きいのを釣って、大きさに感激はしますが食べてはイマイチ~ありますよ。
サツマイモは未だ作った事ありませんので見る度、良いな~と拝見しています。千葉に親戚2軒あり、そちらから送られるサツマイモで充足している所です(笑)
まだまだ作業が続くみたいで好ましい限りですが、寒さに向かう折、御身お大事にお励み下さい。

*wakaboshiさん
 何年もサツマイモを作ってますが、流石にこのサイズには驚きです。
言われるように作物は大きければ良い物で無く未だ食べてませんが味には?ですかね?
ヤハリ、サツマイモは南方系で宮古では不向きでしょうか?
自分で栽培してますと、御裾分けしても余り作らない人が多くて結構喜ばれますヨ。  
寒さが厳しくなりますが未だ未だ此れからです。     久米仙人

投稿: wakaboshi | 2009年10月26日 (月) 17時06分

サツマイモが小ぶりだと言われていましたが、1キロのものがあるのでしょう。
大きいのもあったのですね。
おすそ分けするにはあまり大きいものは敬遠されます。今年みたいに小さめなのが揃っていた方が味もおすそ分けする際もsmileいいのかもしれませんね。
自分的には不完全燃焼ですが。

*maoさん
 以前試し掘りをした時には可なり小振りの芋が多くて、周囲の噂もその様でした。
 夏のツルの恩返しが効果有ったようで、この畝のサツマイモは以外にも大振りの玉太り芋が有り驚いてます。
ご指摘のように大振りは見た目は宜しいですが味と料理は今一で、小振りの方が喜ばれますが、
生産者的にはヤハリ大振りは嬉しいですよネ。   久米仙人

投稿: mao | 2009年10月26日 (月) 09時57分

お邪魔します。
サツマイモ「紅東」たくさん収穫できましたね。大きいものは1キロとはビックリですね。
サツマイモは、冬季間保存が難しいですね。
仙人様はどの様に保存されているのですか。我が家では毎年腐敗するものが出て困ります。
良い保存方法はありませんか。
チンゲン菜と生姜はもう少しのようですね。
畑に花があると作業が楽しくなりますね。これからは菊が本格的に花を咲かせてきますね。
霜が降るまであと1ヶ月ぐらいの菜園、秋野菜の成長が楽しみですね。

*龍山さん
 そうなんです、実は昨年にサツマイモの保存に失敗しまして、重ねた部位から腐敗しました。
色々聞くと低温(土の穴倉等)で籾殻等に入れて保存が良いそうですが、ソンナ場所が有りませんで思案中です。
此れから寒さが増して霜等が降りますが、此れから大豆、小豆の収穫が始まりますので未だ々安心できませんネ。      久米仙人

投稿: 龍山 | 2009年10月26日 (月) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 孟秋の頃の菜園  家庭菜園報告   NOー197 | トップページ | 大豆と小豆の栽培  NO-Ⅵ   家庭菜園報告      NOー199 »