« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月29日 (日)

今年の自家製味噌作り NOー2、家庭菜園報告NOー203

山陰地方も今月は大山に初雪が降り、山肌は白く雪に覆われ来ました。
日毎に、雪溪は山を降って来て冬は直ぐ其処までやって来てますヨ。
 ◎今年、冬の1月に仕込んだ「自家製手作り味噌」が約10ヶ月程経過したので現在の熟成の様子と初の味噌出しです。
1)冬の自家製手作り味噌(減塩米味噌系)の仕込み作業の様子。
  *今年の、1月24日のブログ「自家製味噌作りNOー160
(リンク)で仕込んだ味噌です。
ー2工程分(約100kg)を仕込み(延べ約3日間)
 *材料(1工程分)ー無農薬自家米 ー約15、kg
            -自家栽培無農薬大豆 ー約4、kg
            -天然塩(赤穂の天塩) -約3、kg
            -麹菌           一1袋入り(70g)

Cimg5137ak*自家製の麹作り(味噌用)です。

Cimg5179ak*麹と大豆と塩の合わせ作業です。





Cimg5173ak*味噌のミンチ作業の様子。
Cimg5175ak*味噌専用の樽(約50kg詰め)にて保存。






2)11月下旬に「今年仕込んだ自家製手作り味噌」の成熟の様子と初出しです。
Cimg8207ak*温度、湿度の比較的安定している場所にて(藏とか味噌用保冷保管部屋)にて約1年間程保存して熟成させます。 Cimg8222ak

Cimg8210akCimg8211ak*約10ヶ月経過後の自家製味噌の成熟した状態です。





Cimg8221ak
*今年は夏の気温が余り高くなくて上部の雑菌での腐敗も殆ど無くて比較的安定した熟成が進んでます。
*人によっては、夏頃に比較的熟成が浅い時期に「白味噌系」として好んで出す方も有ります。

Cimg8220ak*この時点で充分に調理用に使用出来るまで熟成してます。
*当方は1年以上経過して完全熟成味噌系が好みでので、此れからユックリ熟成です。

Cimg8225ak*最後にこの写真は何でしょう?
*味噌を保存する時に樽の上部に雑菌が繁殖し無いように密封する時に、塩で蓋をして周囲に焼酎を噴霧しアルコール消毒をして防カビ対策をします。
*人によっては「酒粕」等で蓋をし密封しますが当方は其の香りが残るので使用しません。
**番外編**
*菜園の周囲から眺められます「裏大山の秋の日の朝、夕焼け」の姿です。
*朝夕に「大山」を眺めながら畑作業をしてます。Cimg8029ak

Cimg8303akCimg8036akCimg8304ak

| | コメント (3)
|

2009年11月22日 (日)

落葉の頃の菜園です。    家庭菜園報告   NOー202

山陰地方も紅葉が終りの季節で、日中でも12度以下に成り、もう冬の気配が日増しに近付いて来ております。
 今年の菜園での春野菜用の植え付け作業も段々と終盤です。
1)待望の玉ネギの植え付け作業開始です。
Cimg8257ak*ようやく秋雨が止み晴れ間の日と成りましたので、待望の玉ネギの購入苗にて植え付けを開始しました。
Cimg8191ak*赤玉ネギ苗x50本を例年どうり(サラダ類用に好評ですので)定植しました。
Cimg8255ak*早生玉ネギx100本苗を昨年より100本程減らして1,5畝に植え付けです。
*早生玉ネギは収穫は早いのですが、保存が効かずに痛みが早いので今年は植え付け数を減らしました。
Cimg8259ak Cimg8261ak
*晩生玉ネギx200本を2畝に植え付けしました。

*昨年より晩生は約200本減数の植え付けです。

Cimg8265ak

*今年の植え付けの総数は350本です。
昨年は550本ですので、今現在は昨年より約200本少ないので、時差栽培を計り、追加で約100本程の植え付けの予定です。


2)葉物野菜の移植作業です。

Cimg8229ak*「春採り用のブロッコリ」を今年の最終として8本追加の植え付けしました。


Cimg8230ak*「春採り用のキャベツ」も最終として5本追加の植え付けしました。

Cimg8266ak*大葉春菊を植え替えしました。
*苗の植え替え時期としては季節的には多少遅めですが、未だ雪が降るまでには時間が有りますので此れから根付は充分に出来ます。

Cimg8271ak
Cimg8268ak*9月下旬種蒔きのホウレンソウを菜園に植え替えです。







3)秋、冬野菜類の収穫作業です
Cimg8227ak
*9月2日定植のブロッコリが初収穫に成りました。
*大豆畑に栽培のブロッコリ、キャベツは完全無農薬でも害虫被害も殆ど無く良好な状態で生育してます。Cimg8228ak
*大豆栽培の畑の土壌と環境と植え付け時期が良好な関係に成っている様です。
Cimg8241akCimg8178a *10月末に種蒔きの「ラディシュ」は早くも収穫です。その名のとうり「20日大根」で取れますね。 Cimg8235ak Cimg8246ak
*大豆畑より移植の「タカナ」が根付きがよくようやく初収穫に成りました、早速に油炒めので苦味の食感を味わいました。

| | コメント (7)
|

2009年11月15日 (日)

向寒の季節の畑へ  家庭菜園報告 NOー201

山陰地方も今週は連日の雨で、急激に朝晩は寒さが厳しくなりました。
 菜園も秋、冬野菜類が少しづつ収穫が始まり、此れからは春野菜用の植え付け、種蒔きで忙しく成ります。
1)初栽培の里芋を試し掘りしました。
Cimg8155a*4月20日、今年初めて植え付けの「小芋の白里芋x30個」がようやく、葉が一部枯れ始めましたので、芋付きの確認の為に初試し堀です。
Cimg8160a*里芋は元来水分を好む作物で田圃跡地などが最適ですが、今年は梅雨時の雨不足で育ちが遅れ気味で葉身の育ちが小振りでした。
Cimg8167a Cimg8162a Cimg8096a *今回は、3株程試し掘りをして、全体に芋は小振りですが、数は1株当り約8-10個程の付きで予測より良い様です。





2)遂に、サツマイモの収穫が終わりました。
Cimg8041a
*先月末に続き、サツマイモ「紅東、金時」残り株の全収穫を終わりました。
Cimg8045a *紅東x20本分
 収穫量約28、kg
 
*金時X20本
 収穫量約、25kg


Cimg8047a Cimg8048a*今年は夏の日照不足に関らず、葉身の整枝、ツル返しのお陰で芋の玉太りは良好でした。






3)秋、冬野菜類の初収穫が開始です。
Cimg8081
*9月中旬に種蒔き「大根関白」(ご立派な名前?)が数回の間引きで可なりの太さになりました。
来月頃には初収穫が
出来ますかな?
Cimg8148a

Cimg8174aCimg8173a *10月初旬に大豆畑より植え替えの「チンゲンサイ」が初収穫に成りました。

Cimg8153a*9月上旬に植え付けの大豆畑の「キャベツ」が少し小振りですが初収穫出来ました。Cimg8099aCimg8175a_2 Cimg8176a_2
*10月初旬に大豆畑より植え替えの「白菜京三」を間引きで充分に大きく成りました。
Cimg8149a*9月中旬種蒔き「大葉春菊」が充分に大きく成り初収穫です。

| | コメント (4)
|

2009年11月 1日 (日)

大豆と小豆の栽培  NO-Ⅵ   家庭菜園報告      NOー199

山陰地方は連日の快晴続きで、真に野山も秋真っ盛りです。
 大豆、小豆畑栽培も佳境に成ってきましたので其の様子を前回
「NOー194」(リンク)に続き報告します。
 **小豆の初収穫です。
1)小豆の実付きの開始。Cimg7550ak
*9月中旬の小豆畑、待望の小豆の実が付き始めました。
*7月中旬に種蒔きの小豆「大納言、中小豆」が約2月で可なり確りした鞘が育ってます。
Cimg7547ak





Cimg7551ak
Cimg7705ak*10月上旬頃の小豆畑の様子

今年は鞘が大きくて実の付きが確りとして順調な育ちです
Cimg7713ak







Cimg7709ak
*昨年に比べ、畝の土寄せと雑草取り作業が充分に出来ましたので株の倒れや葉枝の折れが少ないです。Cimg7847a









2)小豆の鞘の乾燥が始まりました。
Cimg7978ak*10月中旬(10/14)頃
小豆の鞘の一部が少しづつ乾燥が始まり出しました。
Cimg7981ak








3)小豆の第一回目の初収穫です。
Cimg7983ak
*10月中旬(10/
25日)。

*我が家の小豆の実は木成で乾燥させて、手摘みで少しづつに数回に分けて収穫します。
*一般的には一度に全株を刈り取り雨等を避けて屋内で乾燥させますが、乾燥の時期が大きく時差が有る場合には害虫が大きく成り収率が落ちます。
Cimg7982ak









Cimg7853ak
*乾燥に合わせて早めに収穫しませんと虫が鞘の中に繁殖して小豆の実が駄目に成りますCimg7857a
*今回は小豆の11畝分(約1,000株)の約1/
3程の量の収穫分です。

  Cimg7861ak
*1週間程乾燥した小豆の様子ですCimg7911ak
Cimg7912a*今年は種蒔きの時期(7月中旬)が丁度良く更に土寄せと雑草取り作業が充分に出来ましたので、今の所、実の付きと粒の大きさも充分で良い収穫が期待できそうです。


  **大豆畑の栽培の様子。
1)大豆の実の付きの様子。Cimg7728ak
*9月下旬の大豆畑。

*6月15日に種蒔きの大豆畑-21畝、今年は種蒔き時期のに雨不足で全体に葉身の伸びが小型です。Cimg7720a
*大豆畝の場所により育ちに大きく差が出てます。
*畑の中央部は全体に葉身が小振りで花芽の付が早いようです、周囲の畝は株が大振りで実の付きも良く確りと良好の様です。
Cimg7717a*今年は、周囲の大豆畑でも今年は雨不足の悪い影響が大きく出ていて一部では大豆株を早々と撤去してしまった方も有ります。
Cimg7710ak








2)大豆の葉身の乾燥が進んでます。

Cimg7974ak*今年は昨年に比べて葉身の乾燥が約10日程早すぎる様です、畝により差が激しいのでCimg7839a_3 可なり影響で収率が落ちそうです。
*大豆畑の収穫開始は11月中旬頃に一部刈り取り開始予定です。

| | コメント (5)
|

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »