« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月27日 (日)

H21年の家庭菜園の総括、家庭菜園報告   NOー208

今年もあと残り僅かに成りましたので「今年の家庭菜園の番付け表」の時期と成りました。
 この栽培の成績表は収穫量だけで無く期待度と達成感による満足度合に基付く個人的な自己評価表です。
Cimg7088ak_3 Cimg7380ak_3












◎総論。

*今年は春先、夏期の天候不良に拠る影響が大きく現れた一年でした。
*全体的に品目毎で生育の差異が大きく現れ、特に夏野菜、豆類(大  
 豆、小豆、)の出来不出来の差が顕著でした。
*春先と今冬期の根菜類は良好でしたが、特に夏秋の葉物等の害虫対
 策等が不十分に成った事が大きく影響したと反省しております。
*新しい品目(里芋、生姜等)を作りましたが、来年度は更に新種を追加
 予定です。
*菜園も4年目を過ぎ、改めて土作り、栽培の研究が必要です。

評価

品目

成績

内容

横綱

大玉トマト、ミニトマト

予想以上の収穫実績。

*トマト、ピーマン類は今年の天候不順にも関わらず夏後半の高温で長く収穫出来て最高の出来ばえ。
*根菜類は栽培が安定して今年は例年難しい大根が非常に良い出来でした。

ピーマン

ジャガイモ

タマネギ(赤、早生、晩生)

大根(秋、春)

大関

カボチャ()

期待以上の実績

*カボチャ(都)が初の空中栽培で数多きの実の付きと成った。
*春キャベツ、ブロッコリ共に気温が低い時期では安定した収穫が出来た。

サツマイモ

九条ネギ、根深ネギ

春キャベツ

ブロッコリ(春秋)

キュウリ

関脇

キヌサヤ、エンドウ、ソラマメ

期待どうりの実績

*豆類は寒冷紗のお陰で春先の出来栄えは良好、今年は特に難しいソラマメが害虫の被害も無く良好でした。
*「里芋、生姜」は共に初栽培の割には収穫は期待どうりの出来と成った。
*葉菜類は遅蒔き苗が移植のお陰で気温が下がると共に安定した出来栄えと成った。

ニンジン

赤カブ、ラディッシュ

リーフレタス

里芋、

生姜、 茗荷

チンゲンサイ、水菜、春菊、タカナ、小松菜

小結

ツル有りインゲン

期待に少し届かない実績

*葉菜類(特に秋キャベツ、白菜)は夏、秋の種蒔き分は害虫の被害が酷くて出来は良くない。
*ツル有りインゲンは種蒔きの時期が合わなくて収穫量が激減でした。

キャベツ(秋)

白菜 

ホウレンソ

カボチャ(洋)

サニーレタス

前頭




ナス(長ナス、丸)

全く期待ハズレの実績

*ナス類は特に今年は天候不順(水不足)で葉身がまともに成育出来ずに枯れて散々でした。
*トウモロコシ、落花生は実の入りが難しいくカラスの害と害虫被害で収穫が激変です。

ゴーヤ

ゴボウ

トウモロコシ

落花生

番外

大豆

収穫量が昨年の約半分量で更に不良率の発生が高い。

*大豆は栽培量を減らした事と、夏の天候不順の影響で全体に株の育ちが悪く、畝により差が大きくて、来年は更に栽培を工夫し無いと難しく成る。

小豆



今年は栽培の重点品目として植えて、収穫量も良品が8kgと倍増し非常に良い出来栄えでした。

*小豆は種蒔きの増やし栽培量を倍にした、種蒔きの時期も良く、実の入り粒の大きさも非常に良くて最近には珍しい良い出来でした。

| | コメント (5)
|

2009年12月19日 (土)

大豆栽培の畑での収穫 NOーⅤ 家庭菜園報告 NO-207

大豆栽培は前回のブロク「大豆と小豆栽培 NOーⅣ NO-199」(リンク)に引継いての報告です。
 大豆栽培も6月の種蒔きから半年経ち、ようやく収穫の時が到来しました。
 今回の「大豆の刈り取りでの収穫と脱穀作業」にて今年の大豆作業がようやく全て完了しました。
1)秋、大豆鞘の乾燥の様子です。
Cimg8060ak*大豆は6月15日に
 21畝(約1,100箇所)
(其の内ー青大豆は 1.5畝 88箇所)に種蒔きをしました。
*11月上旬(約5ヶ月経過後)の大豆鞘の乾燥が充分に進んだ状態です。
Cimg8306akCimg8062ak  Cimg8307ak


 






2)大豆を手刈りで収穫しました。Cimg8063ak
*11月上旬に
一部の畝の鞘が早く乾燥が進行した株ー畝の約1/3)一部刈り取り作業。

*11月26日に
(畝の残り2/3)
、と2回に分けて手作業で刈り取り収穫しました。
Cimg8315akCimg8320ak 
*今年は雨不足と夏の日照不足の影響で、全体に大豆の株の育ちが小振りです、更に植え付けの畝の場所により葉身の生育の差が顕著に出ております。
Cimg8067akCimg8324ak*この葉と鞘の色合が濃厚な豆は「青大豆」の株です、
Cimg8323akCimg8390ak*刈り取り完了後の畑の全体の様子です。

Cimg8317ak*今年は収穫した大豆は全量、車で運んで屋内にて約3週間程充分に乾燥させます。
Cimg8087ak*昨年は刈り取り直後に脱穀作業をし乾燥不足で「大豆実の割れと潰れ」が起きて不良品が多発しロスが多くでましたので反省でした。 Cimg8370ak









3)大豆の脱穀作業が終わりました。
Cimg8460ak
12月16日、脱穀作業。
*大豆の脱穀機はJAで借り(有料)て畑に移動して作業開始です。
*知人より拝借した軽トラックにて大豆を移動です、ヤハリの農作業には軽トラは必準品ですね。
Cimg8464ak Cimg8465ak
*脱穀作業は約3時間ほどで終了しましたが、ヤハリ脱穀機を使用しての作業時には最低3名は必要になりますネ。Cimg8466ak


Cimg8475akCimg8470ak*今年の、大豆の収穫量は前回収穫分を合わせて選別前で約2.5袋(約45kg)で昨年の約半分の収穫量です。
*種蒔きの作付け面積を昨年の約25%程の減らし事と、其れと今年は天候不良等により実の入り不足気味です、周囲の大豆栽培の方々も多くが不良の様ですCimg8474ak
*選別前の青大豆で粒は大きめです。Cimg8472ak
*選別前の白大豆です。






Cimg848ak1*一部良品選別中の青大豆と白大豆です。
*良品率は30%-40%程度の予想です。






 

| | コメント (5)
|

2009年12月13日 (日)

初冬の季節の菜園 家庭菜園報告 NOー206

 山陰地方も今年は暖冬の気配で初雪が未だ降りませんが、
連日の雨続きで初冬の気配が濃くてもう直ぐ雪が来そうです。
ソロソロ、菜園もこの季節の最後の作業に成って来ました。
1)春の豆類に寒冷紗架け作業。
Cimg8414ak*先月11月23日に種蒔きした「春の豆類3種」が最近の低温で3週間達ってようやく発芽しました。
*例年どうりに雪の防寒対策として「寒冷紗」架け作業です。
*ソラマメの発芽の様子です。
Cimg8405ak_2*エンドウマメ(白竜ウスイ)の発芽です。
  Cimg8404ak
*キヌサヤ(ツル有り白花)
Cimg8409akCimg8417ak Cimg8420ak*今週末には初雪が来そうなので雪対策です。
例年雪の中でも「寒冷紗」のお陰で越冬し春には丈夫に生育出来ます。





2)白菜の防寒藁巻き対策です。

Cimg8371ak*10月上旬に定植の白菜が順調の育ちましたので、捲きの促進と防寒対策の為に藁巻きの作業をしました。
Cimg8429ak*此れで雪の中でも安心して冬が越せますネ。
*其の内雪の中の白菜、大根等の写真を御目にかけます




3)冬野菜の収穫の季節に成りました。

Cimg8373ak*ニンジンは、冬のこの時期は連日の気温の下がりで色付きと甘味が一段と増して非常に良い出来栄えに成って来ました。
Cimg8386akCimg8372ak*6月27日に種蒔きの「九条ネギ」がようやく収穫開始と成りました。
寒いこの時期の鍋物にはネギの収穫が有難い季節です。Cimg8451ak

Cimg8361ak*9月22日に種蒔きした「関白大根」が初収穫に成りました
*お陰様で菜園の大根も今年の育ちは順調の様です。
*例年、大根の栽培は土壌の関係などで出来不出来の差が大きく、昨年は不作でした。Cimg8359akCimg8441akCimg8453ak
*其の他本日の収穫は「チンゲンサイ、ホウレンソウ、水菜、ラディッシュ、ブロッコリ」等です。

| | コメント (5)
|

2009年12月 6日 (日)

向初冬の季節の畑  家庭菜園報告 NOー204

山陰地方も例年ならば平地にも初雪の季節ですが、今年は連日雨が降ったり止んだりの天気ですが気温は暖かくて未だ々外作業が捗ります。
 今週は春用の種蒔きも終わり、秋の収穫も終わりに成りました。 

1)春用 豆類の種蒔き作業。Cimg8286ak
*春用の豆3種(ソラマメ、キヌサヤ、エンドウ)を今年は暖冬気味ですので雪の影響が少ない様ですので昨年より1週間程遅くに種蒔きをしました。
Cimg8289ak*ソラマメ(小粒種陸西)
を約40箇所(ⅹ2、3粒づつ)に種蒔きです。
昨年は穴間が狭すぎでしたので発芽後に間引きをし、株間を十分にとる予定です。Cimg8288ak
Cimg8291ak*エンドウマメ(大粒種白龍)を約50箇所(x2,3粒づつ)の種蒔きです。  Cimg8293ak
Cimg8290ak*キヌサヤ(ツル有り白花)を約50箇所(ⅹ2,3粒づつ)、昨年も育ちが良好でしたので今年も同じ品種を種蒔きしました。Cimg8297ak
Cimg8299ak*籾殻を掛けて保温と鳥害対策をしました。
*来週頃には「寒冷紗」を架けて年越し用の雪の防寒対策をします。



2)落花生の最終の収穫作業です。

Cimg8332ak*今年、5月連休の春の時期に種蒔きしました「落花生、白皮、赤皮」を約25箇所分を2回目の収穫です。
*昨年は少し早い時期の収穫で、実入りが不十分でしたので今年は可なり遅めに最終収穫です。

Cimg8328ak*今年の「落花生」の収穫は予想どうり余り好く有りません
*落花生の不作の原因は
*梅雨時の雨不足に寄る生育不足。
*鳥害に寄る(種蒔き直後に種を食べられ、更に実の入り直後初秋に約2,3割程良好な実を掘り返されて食べられた)被害が多く発生した。
*全体に葉身の育ちと花芽の付きが昨年に比較し悪い様です。
この原因はどうやら昨年の自家採集の種が十分に育ちが余り良く無くて大きく影響したようです。  Cimg8338ak Cimg8340ak Cimg8341ak
*先回収穫分と合わせて約3,Kg程です、。








3)初生姜の収穫です。

Cimg8334ak*今年初めて5月8日に生姜を500ℊを(約8個)栽培。
Cimg8355ak*今回は約6株で新ショウガX18個、根ショウガでX6個ほどの収穫が出来ました。
*初の栽培ですので収穫量としては多いか少ないかは良く解りませんが
初収穫ですので生姜が採れただけで自己満足してます。

Cimg8354ak Cimg8356ak *夏頃に2株程を若芽で新ショウガとして収穫して初体験です。
*来年は倍量くらい植え付け予定ですが種生姜が結構高価です。

| | コメント (4)
|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »