« 初冬の季節の菜園 家庭菜園報告 NOー206 | トップページ | H21年の家庭菜園の総括、家庭菜園報告   NOー208 »

2009年12月19日 (土)

大豆栽培の畑での収穫 NOーⅤ 家庭菜園報告 NO-207

大豆栽培は前回のブロク「大豆と小豆栽培 NOーⅣ NO-199」(リンク)に引継いての報告です。
 大豆栽培も6月の種蒔きから半年経ち、ようやく収穫の時が到来しました。
 今回の「大豆の刈り取りでの収穫と脱穀作業」にて今年の大豆作業がようやく全て完了しました。
1)秋、大豆鞘の乾燥の様子です。
Cimg8060ak*大豆は6月15日に
 21畝(約1,100箇所)
(其の内ー青大豆は 1.5畝 88箇所)に種蒔きをしました。
*11月上旬(約5ヶ月経過後)の大豆鞘の乾燥が充分に進んだ状態です。
Cimg8306akCimg8062ak  Cimg8307ak


 






2)大豆を手刈りで収穫しました。Cimg8063ak
*11月上旬に
一部の畝の鞘が早く乾燥が進行した株ー畝の約1/3)一部刈り取り作業。

*11月26日に
(畝の残り2/3)
、と2回に分けて手作業で刈り取り収穫しました。
Cimg8315akCimg8320ak 
*今年は雨不足と夏の日照不足の影響で、全体に大豆の株の育ちが小振りです、更に植え付けの畝の場所により葉身の生育の差が顕著に出ております。
Cimg8067akCimg8324ak*この葉と鞘の色合が濃厚な豆は「青大豆」の株です、
Cimg8323akCimg8390ak*刈り取り完了後の畑の全体の様子です。

Cimg8317ak*今年は収穫した大豆は全量、車で運んで屋内にて約3週間程充分に乾燥させます。
Cimg8087ak*昨年は刈り取り直後に脱穀作業をし乾燥不足で「大豆実の割れと潰れ」が起きて不良品が多発しロスが多くでましたので反省でした。 Cimg8370ak









3)大豆の脱穀作業が終わりました。
Cimg8460ak
12月16日、脱穀作業。
*大豆の脱穀機はJAで借り(有料)て畑に移動して作業開始です。
*知人より拝借した軽トラックにて大豆を移動です、ヤハリの農作業には軽トラは必準品ですね。
Cimg8464ak Cimg8465ak
*脱穀作業は約3時間ほどで終了しましたが、ヤハリ脱穀機を使用しての作業時には最低3名は必要になりますネ。Cimg8466ak


Cimg8475akCimg8470ak*今年の、大豆の収穫量は前回収穫分を合わせて選別前で約2.5袋(約45kg)で昨年の約半分の収穫量です。
*種蒔きの作付け面積を昨年の約25%程の減らし事と、其れと今年は天候不良等により実の入り不足気味です、周囲の大豆栽培の方々も多くが不良の様ですCimg8474ak
*選別前の青大豆で粒は大きめです。Cimg8472ak
*選別前の白大豆です。






Cimg848ak1*一部良品選別中の青大豆と白大豆です。
*良品率は30%-40%程度の予想です。






 

|
|

« 初冬の季節の菜園 家庭菜園報告 NOー206 | トップページ | H21年の家庭菜園の総括、家庭菜園報告   NOー208 »

コメント

すごい!本格的ですね。大豆農家としてやっていけるのではないですか。
味噌も自分でつくるのですか!脱帽です。
うちも枝豆用の大豆をやりましたが、まったく全滅でした。
カメムシも大発生していて、そうとうやられてしまいました。
大豆は無農薬は無理なんでしょうか?

*天道虫さん
 大豆は自家製味噌用に実家の畑が使用できるように成った経緯から自己流で栽培を始めました。
 大豆は無農薬での栽培は害虫、病気(土壌が汚染されてなく幸い今の頃出てませんが)等で可なり収穫率の低下など難しく成って来ました。
来年は4年目ですので連作の問題も予想されます。
 自家用ですから収率が悪くても(良品40%以下)我慢できますが、営農(北海道等で大規模で遣れば宜しいですが)としては不採算過ぎますね。
其れだけに国産大豆(穀物類)は益々貴重に成ります。 久米仙人

投稿: 天道虫 | 2009年12月22日 (火) 22時59分

お邪魔します。
 いよいよ2009年の作業も最終になりましたね。
 6月から半年間手入れをして育てた大豆と小豆の収穫ご苦労様です。
 今年の夏の異常気象の影響を受け収穫に多大な影響がでたようで残念ですね。
 選別された大豆は味噌や豆腐などの加工品になって消費されるのですね。又、青大豆は、との様な料理で食べられるのですか。
 この一年間、仙人様の菜園に対する無農薬栽培の意気込みをヒシヒシと感じ、学ぶことが多かったことに感謝しております。ここに来て、冬本番の気候になり寒くなってまいりました。お体には十分気をつけられ、これからの作業に励んでください。

*龍山さん
 お陰様で大豆の収穫、脱穀作業が無事に終り、此れで今年の家庭菜園も一段落で正月がヤット迎えられそうです。
 何れ全体の総括を予定しておりますが、正直大豆の不作は気合を入れて栽培してますその分だけ失望も大きいですヨ。
その分小豆の出来が良かったので少し救われましたが。
 家庭菜園(農業)はいかに自然(天候など)に支配されており、その流れに沿って油断無く遣らなければ成らないかと反省しております。
 青大豆は少量ですので、来年の種と青大豆の豆腐(中々珍しい色と味です)味わうつもりです。
 お互い此れ長い冬に成りますが、楽しんでブロクを遣りましょう。  久米仙人


投稿: 龍山 | 2009年12月22日 (火) 14時20分

久米仙人 さま
おはようございます。

自分で育てた作物を収穫するときって本当に楽しいですよね!

久米仙人さんの記事で参考になったのが、3週間乾燥させてからの脱穀です。

私は刈り取り後、手作業で数日以内にサヤから出しましたが、中には柔らかい豆があって、ダメなのかなと思って捨ててました^^;
もったいないことをしていたんですね~(汗)

青大豆なるものがあるのですね。

お味噌が楽しみですね!!

*Rinさん
 ご訪問有難う御座います。
家庭菜園の最大の楽しみは自分の栽培したもの自由に収穫でき、旬の時に味合うことが出来る事ですネ。
 大豆は乾燥が不十分の時は楕円形で細長く、乾燥すれば自然と綺麗な円形粒に成ります。
 時間は掛かりますが、未乾燥では潰れたり、破損して不良品が多く成りますので、ユックリと乾燥(直接日光に当てると急激に日光に当てと表の薄皮が破れますので注意)、鞘付きでは2,3週間程後の脱穀が理想ですね。
 今は、此れから自家製味噌作りに使用しますので選別作業中です。 
                              久米仙人

投稿: Rin | 2009年12月22日 (火) 09時22分

大豆の収穫、すべて完了、お疲れ様です!
それにしても広い畑ですね!
いまさらながら驚いております
大豆を作ったあとの土は、いいそうですね!
来春、ここに、何が植わるのでしょうか~~~?
成長が楽しみです!(笑)
予定より取れる量が少なかったようですが、寒暖の差が烈しく、台風などもあったとなれば、やむをえないことなのではないでしょうか
これがお味噌になるのですね!
それが又、うらやましい~~~です!(笑)

*マルコさん
 お陰様でヤット大豆の収穫が完了し此れで安心して正月が迎えられます。
 今年は色んな条件で(天候不順が最大の原因でしょう)で不作でして、良品が非常に少なくてガックリ来てます。
然し周囲の大豆を栽培してる方々(途中で諦めて抜き取った人も多いです)に比べれば未だましな方です。
 今味噌用大豆が無くて奪いあいの状態に成ってます、知人に味噌用で分けてあげる分に不足している現状です。
 国内産は此れから冬、春にかけて穀物の不足が深刻な状態に成ってますヨ。                      久米仙人

投稿: マルコ | 2009年12月21日 (月) 23時55分

こんにちは。
今年は不作の模様ですね。人手・有料機使用といろいろ手をかけての結果、良品率は30%-40%はちょっと苦しい感じでしょうね。 出来、不出来はついて回る事は承知していながらもよき出来を期待して頑張ったのにを考えると残念かな?
でも45k収穫素晴らしいですね。これからの味噌作り又、ひと踏ん張りが待っていますね。良い味噌を仕込んで下さい。 

*wakaboshiさん
 ようやく今年の大豆の収穫が終り一息ついてます。
今年の大豆の出来栄えは予想はしてましたが正直悪いですね。
原因は色々と検討中ですが、周囲の可なりの農家も不作で、途中で諦めて刈り取りした所も多くて全体にザンザンでした。 
 ヤハリ自然相手では少しでも油断すると結果に出ますので、反省然りです。
 年明けには早速自家製味噌作りを予定してます。    久米仙人

投稿: wakaboshi | 2009年12月20日 (日) 15時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初冬の季節の菜園 家庭菜園報告 NOー206 | トップページ | H21年の家庭菜園の総括、家庭菜園報告   NOー208 »