« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

暖冬の季節の畑作業  家庭菜園報告     NOー212

山陰地方も、今年は暖冬で周囲には全く雪が見当たりません。
 例年ならば根雪の時期ですが、今の時期にしては珍しく外作業が出来ますので、暖かい日差しに誘われて畑に出て心地好かったです。
1)大豆畑の脱穀した後の鞘や枯れ枝等の片付け作業。
*昨年の12月16日(ブロク記事「大豆脱穀作業ーⅥ」NOー207)に大豆の脱穀作業をした後約一月間全く放置してましたので。Cimg8466ak*昨年脱穀作業の様子。
Cimg8588ak
*本日、脱穀後に其のままの脱穀した鞘や枯れ枝を野焼き作業。
Cimg8842ak Cimg8839ak*大豆の鞘や枝は中々に腐らないので防害虫の為に野焼きし灰成分にしました。Cimg8843ak
2)今年最初の春葉物の植え替え作業です。
*チンゲンサイ苗x約40株を植え替えしました。
Cimg8931ak
*ホウレンソウ苗xやく30株を植え替えしました。Cimg8952ak
*11月中旬種蒔きの苗。
*例年ららば葉物の植え替えは2月中旬頃ですが今年は気温が高く育ちが約1月程も早いくにもう植え替えで出来ました。
*未だ此れから雪が降る事があるかもしれませんから油断は出来ません。
Cimg8951ak
3)冬野菜の葉物の収穫です。
*小松菜の新芽を和え物で頂きます。
Cimg8947ak
*広葉の 春菊の収穫。Cimg8699a
大根(中型種、関白)今年はどの菜園でも大根の出来は良い様です。

Cimg8847akCimg8852ak
*九条ネギCimg8695ak
*ホウレンソウ(シスコホウレンソウ)Cimg8698

| | コメント (2)
|

2010年1月23日 (土)

自家栽培の大豆での手作り豆腐  家庭菜園報告 NOー211

山陰地方も、暖冬でこの時期は降ったり止んだりの不安定な日々が続いております。
 
本日は「自家栽培の青大豆」を使用して手軽な「自家製の手作り木綿豆腐」を作りました。

1)豆腐の材料と用具類です。

Cimg8744ak ◎材料(2人前分)
*青大豆(自家栽培無農薬大豆)-約300g
*ニガリー約18cc
*水ー約2L(牛乳2Lパック使用)
◎用具
*木枠(手作り品)or竹ザルと木綿布
*大鍋(4L程度)、ボール大、中
*ミキサー  *絞り用袋(サラシ)
*温度計、計り器、木製シャモジ、お玉 2個(穴開きと普通用)
2)青大豆(白大豆)を水にカシ(浸し)て置く。
Cimg8740ak*材料の大豆は水に約8時間程カシて置く。








3)大豆をミキサーで砕くて生呉を作る
Cimg8749ak
*約1Lの水にてミキサーに砕く、
水を徐々に追加しながら約2分程度かける。 Cimg8751ak *大豆を砕いた状態の物を「生呉、(なまご)」
と言ゆう。






4)生呉を煮る。
Cimg8756ak *大鍋にて約1Lの水を沸騰させて、生呉を入れて「約90度で約15分」再沸騰させる。
*シャモジで良く攪拌して其処が焦げ付無い様に温度(90度を維持する)の注意して小まめに差し水をして過加熱し無いようにする。
*白い極め細かい泡が出来その後表面に荒い泡が出来下に「呉汁」が出来る。
5)呉汁を搾る。Cimg8758ak
*やく15分後に煮上がった「呉」を絞り袋(サラシ)にて搾る。
Cimg8764ak*絞り汁が「豆乳」です、此れが「豆腐」に成ります。

*絞り後の物が「オカラ」です。




Cimg8767ak*呉汁を搾る時は非常に高温ですので注意が必要です、摺り棒や竹大串等を使用すると宜しいです。 
Cimg8794ak_2*今回に青大豆の「オカラ」は色が薄緑色で非常に綺麗で美味しそうですネ。






6)豆乳を温湯する。

Cimg8772ak *豆乳を温度「75度前後」に温める。
このとき焦げ付か無い様に大鍋等で温湯しながら、温度が急激にオーバし無いように注意する。

*この時表面に薄らと膜が張る此れが「湯葉」です。
7)苦汁を加える。
Cimg8779ak *ニガリ約18ccを少しづつ攪拌しながら加えていく。
*豆乳の出来具合を見ながら(15cc-20ccの間で)様子をみて調節する。
*約3分間程度を目安で固まりを確認する。
*この「ニガリ」の添加具合で豆腐の出来の良し悪しが決まります。
Cimg8785ak *ニガリが多ければ固まり方は早いが味が苦味の強い豆腐に成り、
少なければ豆腐の固まりが不足気味に成る。


8)型枠に入れて豆腐に成型する。

Cimg8787ak *豆腐の固まりが確認できたら「木枠」に移して、上に約100cc程度重し(コップ等)置き10-15分程度放置し水分を抜き成型する。
Cimg8793ak*上の状態で直接に固まりを容器に取り自然に水抜きした豆腐が「おぼろ豆腐」です。

Cimg8796ak *型枠に入れ無いでサルに布を敷き少しの重さをかけて自然に水分を抜いたものが「ザル豆腐」と成ります。

Cimg8804ak*成型後に約30-60分程水に晒して成型の促進とアク抜きを充分にする事が大切です。





9)出来上がった豆腐と豆腐料理。
Cimg8807ak
*今回の青大豆豆腐はホンノリと薄緑色で目にも鮮やかで味も確かに濃厚でした。
Cimg8821ak*定番の「冷奴」と「オカラのサラダ」です

| | コメント (5)
|

2010年1月17日 (日)

新年の菜園の様子 家庭菜園報告 NOー210

山陰地方は、今年全国的に記録的な大雪のニュースが聞かれてますが、此方は昨年に比べて余り雪が降ら無く、菜園もこの時期にしては珍しく露地が現れてます。
 然し、外作業は暫く冬休中ですネ。

1)今年、晴れの菜園の様子。
Cimg8676ak *今年、1月11日の菜園です。

*何と驚く無かれ、根雪どころか畑の露地が完全に現れてまるで3月上旬頃の菜園の様です。
*今、黄色い花が咲いているのは「小松菜」の花の姿です。
Cimg8685ak *今年の玉ネギ畑です。
赤玉ネギx50本。
早生玉ネギx100本。
晩生玉ネギx300本。
Cimg8585ak *この冬は数回の降雪に合って育ちは未だ々遅れ気味ですが、ブロッコリ、キャベツも寒さに強く季節が暖かく成れば元気です。

Cimg8681ak*今年の豆類の寒冷紗の様子。
昨年の雪中での寒冷紗(下の3番目の写真)の姿とは大違いの菜園です。






*昨年の同じ頃(’09年1月16日)の雪布団で覆われた菜園の全体の様子です。
Cimg5238ak

*積雪が厚さ30cm以上で完全な根雪状態です。
*例年この積雪の状態が普通で今年の今の時期に雪が無いのは異常な気候で春先の影響(水不足や害虫の繁殖等)が心配ですネ。

Cimg5289ak Cimg5266ak *昨年の今頃の雪布団に完全に覆われた豆類の寒冷紗の姿で寒そうです




2)春の豆類の育ちの様子。

Cimg8705ak*昨年の11月23日に、
種蒔きした春の豆3兄弟が寒冷紗のお陰で再三の降雪に関らず、寒さの影響も受けずに良好な発芽と生育状態です。
Cimg8706ak*ソラマメ(小粒陸西)の新芽が勢いが出て来て順調な育ち具合です。
*発芽率は約90%程度で発芽の難しいソラマメとしては非常に高く良好です。
Cimg8707ak*エンドウマメ(白竜ウスイ)は発芽率が約70%程度となりエンドウマメとしては少し低い発芽率と成りました。
    Cimg8709ak
*キヌサヤ(ツル有り白花)
発芽率は約85%程度で良好な発芽でした。

*キヌサヤ、エンドウマメは冬のこの時期にい一早くに春の息吹を感じさせてくれる貴重な作物で、其の実りが楽しみです。

| | コメント (6)
|

2010年1月10日 (日)

どんどんさん(左義長)祭り   家庭菜園報告  NOー209

新年明けましてオメデトウ御座います。
 本年も宜しくお願い致します。

今日は、雪の少ない小正月の
「どんどんさん焼き祭り」です。
 地元では古くは「どんどさん焼き」「とんど焼き」等と呼ばれ居りますが、今では「どんどんさん焼」が一般的の様です

 一般には「左義長祭」と呼ばれて古くは宮中での小正月の火祭りに由来してるそうです
 *近くの吉田神社での「どんどんさん焼き祭り」の様子
Cimg8612ak *正月のお飾りの「門松、注連縄、古いお札、書初め文、御供えの品々等」を小正月(本来は15日頃)に焚き上げる火祭りです。

Cimg8614ak *子供達と歳男、女による火付けで祭りの開始です。
Cimg8617ak「どんどんさん」の焚き上げの煙を体に浴び無病息災を祈念します。
皆が我先にと煙を全身に浴びようとしてます。

Cimg8621ak「どんどんさん焼」の火の勢いが強く煙が高く上がるほど豊作と昔より信じられております。

Cimg8631ak*花餅を火にかざして焼き其れを家族で食べて無病息災を願う人も見かけます。
Cimg8649ak *古くから「どんどんさん焼」の注連縄飾りの残り火や残り炭や火で自宅の竈で焚き、又焼けた鏡餅のオコゲを持ち帰り食べてその「無病息災と火難避け」を願った火祭りだそうです。
Cimg8660ak*山陰地方でもその残り炭を顔に塗りつけて無病息災を祈念する出雲地方等も有ります。
Cimg8634ak Cimg5222ak*参加者にお汁粉やお神酒、豚汁等が振舞わます。

*此方の地方でも年々少子化で子供達のや大人達び姿が少なく成り、古くからの行事の正月飾りが段々と簡素化に成り昔の勢や小正月の雰囲気が無く成りつつ有ります様です。
どんどんさん焼祭り」の行われた鎮守の杜の様子です。Cimg8673akCimg8595ak










Cimg8604ak
*阿形の左鎮座の狛犬
Cimg8603ak*吽形の右鎮座の狛犬 

*狛犬は沖縄のシーサや唐獅子等と同じく中国宋時代が起源と言われてます。
*この狛犬の左右の対の様から「阿吽の呼吸」と証する様に成ったそうです。

| | コメント (5)
|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »