« H21年の家庭菜園の総括、家庭菜園報告   NOー208 | トップページ | 新年の菜園の様子 家庭菜園報告 NOー210 »

2010年1月10日 (日)

どんどんさん(左義長)祭り   家庭菜園報告  NOー209

新年明けましてオメデトウ御座います。
 本年も宜しくお願い致します。

今日は、雪の少ない小正月の
「どんどんさん焼き祭り」です。
 地元では古くは「どんどさん焼き」「とんど焼き」等と呼ばれ居りますが、今では「どんどんさん焼」が一般的の様です

 一般には「左義長祭」と呼ばれて古くは宮中での小正月の火祭りに由来してるそうです
 *近くの吉田神社での「どんどんさん焼き祭り」の様子
Cimg8612ak *正月のお飾りの「門松、注連縄、古いお札、書初め文、御供えの品々等」を小正月(本来は15日頃)に焚き上げる火祭りです。

Cimg8614ak *子供達と歳男、女による火付けで祭りの開始です。
Cimg8617ak「どんどんさん」の焚き上げの煙を体に浴び無病息災を祈念します。
皆が我先にと煙を全身に浴びようとしてます。

Cimg8621ak「どんどんさん焼」の火の勢いが強く煙が高く上がるほど豊作と昔より信じられております。

Cimg8631ak*花餅を火にかざして焼き其れを家族で食べて無病息災を願う人も見かけます。
Cimg8649ak *古くから「どんどんさん焼」の注連縄飾りの残り火や残り炭や火で自宅の竈で焚き、又焼けた鏡餅のオコゲを持ち帰り食べてその「無病息災と火難避け」を願った火祭りだそうです。
Cimg8660ak*山陰地方でもその残り炭を顔に塗りつけて無病息災を祈念する出雲地方等も有ります。
Cimg8634ak Cimg5222ak*参加者にお汁粉やお神酒、豚汁等が振舞わます。

*此方の地方でも年々少子化で子供達のや大人達び姿が少なく成り、古くからの行事の正月飾りが段々と簡素化に成り昔の勢や小正月の雰囲気が無く成りつつ有ります様です。
どんどんさん焼祭り」の行われた鎮守の杜の様子です。Cimg8673akCimg8595ak










Cimg8604ak
*阿形の左鎮座の狛犬
Cimg8603ak*吽形の右鎮座の狛犬 

*狛犬は沖縄のシーサや唐獅子等と同じく中国宋時代が起源と言われてます。
*この狛犬の左右の対の様から「阿吽の呼吸」と証する様に成ったそうです。

|
|

« H21年の家庭菜園の総括、家庭菜園報告   NOー208 | トップページ | 新年の菜園の様子 家庭菜園報告 NOー210 »

コメント

明けましておめでとうございます♪
本年も宜しくお願い致します。

どんどんさん、近所の交流が深まり、また、伝統を受け継いでいくのはとても大切な行事ですよね。
お汁粉、お神酒、豚汁!美味しそう♪
体が暖まりますよね。

そちらも雪景色・・・
岐阜も、年末年始からのドカ雪でうんざりです。

旧ブログにコメントありがとうございました。
とても嬉しかったです。
私の最後の記事に、実はこっそりと引越し先が
書いてあるんですよ。
最後の記事をず~~~~っとスクロールして頂いて、
最後の結びの行に注目してください。
こちらで、ひっそりと始めました。
もし宜しければ、遊びにいらしてください。

今後とも宜しくお願い致します。

*サユサユさん
 新年明けましてオメデトウ御座います。
御久し振りです、御訪問 有難う御座います。

山陰地方も雪の正月に成りましたが、その後は全国的に大雪のせいか??その後は此方は余り降らすで、比較的少ないですネ。
未だ々2,3月と寒さが続きますので安心は出来ませんが。
ヤハリ冬には其れなりに積りませんとその後が水不足等で心配ですネ。

とんどんさん等、地方でも伝統的な行事が段々と廃れてる印象が強いですね。
ブログ、今後ともお互いに気長に遣りましょう。
是非訪問させて頂きます。            久米仙人
 

投稿: サユサユ | 2010年1月16日 (土) 12時07分

明けましておめでとうございます
数日前にコメントさせて頂いたのでしたが、何処かへ雲隠れしてしまったようです~~~!
あらためまして、どんど焼きですね~~~!
こちらでは松飾は七草がゆをいただく七日の日にかたずけ、残念なことに、ゴミぶくろ行きとなります~~~!(笑)
風情がありませんでしょう~~~!
こちらから見ますと、とてもうらやましい景色です!
ものすごく広い境内や公園などがあったら実現できるのかもしれませんが~~~とんでもな~い!と言う声も起きそうですから~~~!(笑)
おしるこを頂いたり、焼餅をいただいたりなのですね~~~ほのぼのといたします~~~!

*マルコさん
 明けまして、本年も宜しくお願いいたします。
年々、地方でも正月の飾り、行事等が少子化や若い方の意識の変化で簡素化されて来まして、様々な伝統が廃れて往きつつ有るようです。
 どんどん焼は以前、神奈川に居ました時は子供会中心に近所の公園で餅つき等して毎年遣ってましたね。
有る意味、お祭りや行事等は都市部近郊(三多摩等?)の方が地方出身者が多いせいか盛んな傾向が感じられます。     久米仙人

投稿: マルコ | 2010年1月14日 (木) 22時28分

こんにちは。
こちらではどんと焼きと申しております。横山八幡宮主催で持ち寄られた正月飾りの品々を焼く習慣ですね。
今年は17日の予定です。 一時は焼却は公害問題で中止された時期もありましたが復活ですが、以前のように盛大ではなくなりまたね。 大々的ではなく、後ろめたさを秘めた感じでひっそりムードの感がします。
時代の流れを感じます。

*wakaboshiさん
 明けまして、今年も宜しくお願いいたします。
どんどんさん、は昔から地域によって色々と呼び名が有り、外には、どんどさ焼、どんど焼等とも呼び、又其れも地域性が良く出ていて楽しいですね。
昔は1月15日(成人式)が多かったですが、今は祭日に遣る所が多いようですね(広島辺りでは2月中旬だそうです)。
いずれにしても少子化、松飾の簡素化等で昔ほどの餅つきをしたり等の勢い、盛り上がりが感じられませんネ(全て伝統行事に共通してますが)
段々と日本人の伝統の良さが廃れてます。     久米仙人

投稿: wakaboshi | 2010年1月14日 (木) 12時31分

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

とんどの時期になりましたね。
うちのあたりでは旧正月に焼くので今から作り始めます。
義父(広島市)のところでも1月10日前後に行われるそうで、2月にやるところは珍しいみたいです。
とんどのためにモチをつきなおさなくてはいけないのが信じられないようでした。鏡モチを食べるのにはこの時期だとちょうどいいですからね。

*maoさん
 此方こそ今年も宜しくお願いいたします。
広島では「とんど」と言いますか、此方でも子供の頃は「どんどさん」と言いてましたね。
そうなんです、ソチラの様に旧暦の1月15日が本来ですから2月に遣るのが本筋?ですネ。
 昔は此方も大正月と小正月に2回餅つきをした記憶が有ります。
その時に小豆粥(ゼンザイ等)を食べるらしいですネ。  久米仙人

投稿: mao | 2010年1月12日 (火) 12時32分

新年明けましておめでとうございます。
 今年は正月寒波の襲来で、全国的に寒い正月になりましたが仙人様のところは雪は降りましたか?、奈良の平地ではまだ積雪は記録しておりません。
 奈良でもたくさんの神社で「左義長」が行なわれ新聞紙上をにぎわしています。古い日本の伝承祭りが、全国的にまだ残っていることはうれしいことですね。

*龍山さん
 今年も宜しくお願いいたします。
正月には雪が降りましたがその後は殆ど降らずで、今年はこの時期にしては雪が少ないですね。
どんどんさんは正月の風習としては此方でも盛んですが、
一方では 田舎でも少子化や若い方の考え方の違いから昔からの風習が段々と少なく成り寂しい限りです。
当方も以前経験しましたが、有る意味で都心部の方か盛んな場合(餅つき大会やお祭り等)も有りますネ。                久米仙人

投稿: 龍山 | 2010年1月12日 (火) 08時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« H21年の家庭菜園の総括、家庭菜園報告   NOー208 | トップページ | 新年の菜園の様子 家庭菜園報告 NOー210 »