« 花曇りの季節の畑   家庭菜園報告       NO-222 | トップページ | 花冷えの日々、竹林と菜園の様子。      家庭菜園報告   NOー224 »

2010年4月18日 (日)

花冷えの季節の菜園作業    家庭菜園報告 NO-223

 山陰地方も4月中旬なのに(今週は東北、関東では雪が降ったとの事)気温が揚がらず底冷えの日が多く日照も不足気味、此れから先の作物の育ちが気に掛かります。
 ようやく、この数日晴れの日に成りましたので一気に?懸案の種蒔き、植え付け作業開始です。
1)芋類の植え付け開始(真に根菜類の宝庫?ですネ)。
○里芋の植え付け
Cimg9715ak*里芋(石川白芋)x1kg(約24コ)、
昨年と同じ品種の小芋早生を植え付け、昨年は気温が揚がらず、雑草で苦労しましたので今年はマルチ架けを検討してます。
Cimg9717ak*昨年は少し狭かったので芋の間を約40cm程充分に新芽を上向きに取りて植え付けした。 Cimg9720ak Cimg9721ak









○追加での新ジャガイモの植え付け。

Cimg9628ak*今年は追加で新品種「インカのメザメx1kg」、小振りですが実が黄色で味が濃厚とかで、従来の、ダンシャク、メークイン、キタアカリに追加での新品種を植え付けをしてみました。
Cimg9630ak Cimg9633ak Cimg9641ak *新品種の「インカのメザメ」は植え付けが少し遅く成りましたが、収穫が楽しみです。







○初物の種芋の植え付けです。
Cimg9705ak
*この種芋は何でしょう?
そうです、「コンニャク芋」です、
知人より半強制的に?種芋を勧められて頂きましたので、早速に植え付け、色々と調べてみましたが、流石に家庭菜園関係の本には「コンニャクの栽培方法」は有りませんネ。
*インタネット等調べると、食べられるまでには約3年程掛かるそうで、種芋を段々と1年物の大きさから3年物の大きさの芋まで大きく育ててからコンニャクとして使用できるそうで気の長い作物ですネ。
*写真の一番大きいサイズの種芋は今年には食べれそうですが?如何成りますやら?。
Cimg9710ak
*畝や種芋の間は芋の6、7倍は充分に必要だそうで期間(2,3年)を考えると植え付けの場所が難しく畑の最端の畝に成りますね。
*何しろ初栽培で解かりませんから試行錯誤で此れから楽しみですネ。
Cimg9712ak *手前より小振りの芋(1年物)x8コ、
2年物x6コ、3年物x6コのサイズ別に植え付けました。





2)夏向けの野菜類の種蒔き開始です。

○レタスの種蒔き。
Cimg9737ak *レタス(シスコ)
昨年も今の時期にこの畑に蒔いて後で菜園に移植し非常に育ちが良く重宝しましたので早速今年も同じ品種を種蒔きです
*レタスはバラ蒔き種蒔きです。
Cimg9738ak 








○大根の種蒔き。
Cimg9743ak
*大根(中型大師)の種蒔き。
*春蒔きの大根は此方の地域では時期的に難しく(害虫、玉太り不足等)余り蒔きませんし、昨年も結果はこの時期には出来が良く有りませんでしたが今年も再度違い品種でTRYしてみます、如何成りましょうか?
*大根は一箇所4,5粒の点蒔きです、Cimg9746ak









○ネギの種蒔き。
Cimg9756ak
*根深一本太ネギ。
ネギ類は
スジ蒔きで蒔きました、ネギ類は種蒔きから移植して食べられる様な大きさには成るには約1年程掛かる気の永い作物ですネ。

Cimg9754ak





Cimg9739ak○チンゲンサイ(雲白)の種蒔き
*チンゲンサイの種はバラ播きです。
冬物のチンゲンサイが完了し撤去しましたので連続で種蒔きです。

|
|

« 花曇りの季節の畑   家庭菜園報告       NO-222 | トップページ | 花冷えの日々、竹林と菜園の様子。      家庭菜園報告   NOー224 »

コメント

里芋やこんにゃくなど、いろいろと植えつけましたね。
こんにゃくまで栽培するとは驚きました。

関東地方は初夏の陽気かと思えば翌日は冬の気温になったり
なんとも寒暖の差や気候のめまぐるしい日々です。
こんな天気だと、いつ何の種を蒔こう・・などと計画して
いても、天気の変化で狂ってしまい、タイミングが難しいです。

それでも、野菜たちは確実に春を感じているようで、畑では
苦しみながらも健気に野菜達は成長しているようです。

*スロー人さん
 本当に今年の天候は異常ですね、未だ此れからの梅雨や真夏の異常気象の影響の大きさが大袈裟に言えば地球的食糧事情が心配ですね。
 畑仕事をしてますと如実に感じられ、尚増す、作物栽培の有難さが身に浸みます。
 コンニャクの事は書きました様に半強制的に解らず(資料が少なく聞きながらデ)に植え付けしましたので、此れから如何成りますやら、楽しみ心配と中半ですヨ。  久米仙人          

投稿: スロー人 | 2010年4月22日 (木) 15時02分

たくさん、植え付けと種まきされましたね、お疲れ様です。
いよいよコンニャク作りも始められるんですか~、すごいですね。それにしても、栽培に3年もかかるなんて・・知りませんでしたよ。
今日は暖かくなりそうで、ほっとしてます。

*ニャーゴさん
 此れだけ天候が不順ですと快晴に成るとついアレもこれも植え付けしてしまい、家庭菜園者の性でしょうか?
 コンニャクは全く何も知らないで進められての栽培ですから此れから少しづつ勉強しながらで、一部が今年には取れそうですが加工も含めて全く未知の事で如何成りますやら
結果を御覧じてですヨ。     久米仙人

投稿: ニャーゴ | 2010年4月21日 (水) 08時30分

こんばんわ~~~

お芋類が、いよいよなんですね!!
こちらもじゃがいも、里芋をうえつけました
ほんとはインカのめざめにしたかったのですが、去年、全部お腹のなかに入ってしまいましたので、スーパーで購入したもので~~~(笑)
こんにゃく、長い月日がかかりますね!
三年までは、お芋を太らせるばかりだそうですから、確かに、スペースをとりますよね!(笑)
お芋ができたら、凄い量のこんにゃくが出来るようですね!!
レタスは、露地にバラ蒔きして、それからの定植で上首尾なんですね!!
参考になります~~~

*マルコさん
 気が付いたら芋類が多く成り真に主食の様相に成ってしまいましたネ。
昨年は黄色系キタアカリで今年は名前に惹かれてインカのめざめを植え付けしてみましたネ、味が良いとの事で楽しみにしてます。
コンニャク芋は半強制的に進められて植え付けしましたが調べたら結構時間も場所も掛かる作物で、如何成りますか果報は寝てまてで其れも楽しみの内ですかね?
                    久米仙人

投稿: マルコ | 2010年4月21日 (水) 00時03分

お邪魔します。
 寒さが去らならない4月ですが、サトイモ、ジャガイモ、そしてコンニャク芋と植え付けが進んでおりますね。インカのメザメは種芋を切らずに、そのまま一個づつ植えつけるのですか。コンニャク芋は1年もの2年ものそして3年ものと分けて植えれば毎年収穫でき、自家製コンニャクの製造過程の発表を期待しておりますね。
 色々な野菜の種も蒔き、後は発芽を待つばかりで、一段落ついたところですね。天気の回復を祈っております。

*龍山さん
 此方山陰も未だ々寒さが厳しいが、晴れますと、植え付け作業を開始してしまいますネ。
インカのメザメの種芋は小振り約30g程で丁度其のまま植え付けに適してましたので切りませんでした。
 今回、初めて知人の薦めでコンニャク成るものを植えてました
 全く未知ですので、1年後に初芋での「自家製コンニャクの製造」を予定しておりますが、その時は知人に教わりながらの製造で如何成りますやら、皆目検討が付きませんネ。
 此れも又楽しみが増えましたと考えてます。 久米仙人 

投稿: 龍山 | 2010年4月19日 (月) 15時42分

こんにちは。
次々と植え付け進んでおりますね。
新種、あるいは初挑戦と、更には去年の実態からの改善と~研究熱心な久米さんらしい工夫を加えておりますね。準備は出来ても寒さを考えて植付け出来ない当方からは羨ましい限りです。今度はこんにょく製造が加わりますね(*^_^*)

*wakaboshiさん
 ようやく晴れ間が出てきましたので遅れていました、種蒔き、植え付けモードに一気に突入しましたネ。
晴れたら晴れたで(ソチラ様からすれば羨ましいでしょうが?)アレも此れもと気が急きますヨ。
 毎年少しずつ変化を求めて新種にTRYしてますが、此れも家庭菜園者の悲しい習性でしょうか?
                         久米仙人

投稿: wakaboshi | 2010年4月19日 (月) 12時45分

こんにちは!
コンニャク芋・・・・コンニャクって芋から出来ていたんですね~しかも、育てるのに風雪、暑さに耐え3年!
自然の厳しさを3年間耐え~育ったこんにゃく~
これからは、その生産者の苦労も知りつつ食べていきたいです。
収穫時は喜びもひとしおですね。
生育過程にも興味があります。
そして、どんなお花を咲かせるのでしょうか!

急に寒くなり積雪の所も・・・野菜が高騰・・・
苗の生育にも影響~心配ですね。

*和香さん
 急に寒くなったり、暖かく成ったりで異常な天候ですね。
コンニャク芋は知人に強制的に進められて植えましたが正直検討が付きませんので此れから試行錯誤です。
食用になるまで3年も掛かる気に永い事で?
 物の本に拠りますと、花は4,5年経たないと咲かなくて殆ど茎ばかり伸びて余り知られていないそうです、不思議な作物で、如何成りますか    久米仙人

投稿: ☆和香☆ | 2010年4月19日 (月) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花曇りの季節の畑   家庭菜園報告       NO-222 | トップページ | 花冷えの日々、竹林と菜園の様子。      家庭菜園報告   NOー224 »