« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

田植え時の雨が止み菜園作業です        家庭菜園報告 NOー229

山陰地方、今週はまるで梅雨時の季節の様な雨が続きましたが、ようやく週末に晴れて、夏野菜達も元気に成り菜園作業が捗りました。
1)夏野菜の手入れ作業です。
 ○ 夏野菜類の芽欠きと整枝作業。Cimg8449ak
*ミニトマト、瑞栄トマト等に脇芽が出始めましたので、待望の芽欠き作業を苗の下部の側枝を重点的に整枝です。Cimg8465ak



Cimg8469ak*ピーマンにも花芽が出ましたが、全体として未だ育ちが小振りですので下株の側枝は全て剪定しました。
Cimg8470ak*キュウリに花芽が出始めてツルの伸びが勢い良く出て来ました。





Cimg8466ak*長ナスに一番花芽が付きましたので3本立て残しで脇芽整枝です。





○ 夏野菜類の支柱立て作業完了。

Cimg8502ak*夏野菜類の伸びが盛んに成りだしましたので、今までの仮支柱より「直立式の支柱」に作業です。
Cimg8492ak Cimg8493ak *キュウリのツルはもう少し伸びた時点で今年は「ネット式」を張る予定です。

Cimg8501ak*和、洋カボチャは昨年「空中ネット栽培式」で実の付が良好したので、今年も引き続きもネットを採用しました。Cimg8498ak









2)ジャガイモの花芽欠きと土寄せ作業。
Cimg8458ak
*連日の雨でジャガイモが急に育ち更に脇芽が増えきて、ソロソロ花芽が出始めましたので「花芽欠き」作業をしました。
*ジャガイモの花芽欠き作業は人によっては遣らない所も有りますが、当方は何時ものとうり花芽欠きをします。
Cimg8459akCimg8475ak*第二回目の土寄せ作業と軽い追い肥のやり作業です。







3)ジャガイモの花々の競演。

*この時期のジャガイモの花は品種により様々な姿形と色合が有り非常に優雅な花芽を見せて菜園作業を楽しみにしてくれます。
*ダンシャクの花芽Cimg8453ak
*メークインの花芽。

Cimg8455ak*インカのメザメの花芽。
Cimg8457ak*キタアカリの花芽
Cimg8461ak








4)この芽は何の発芽でしょうか?

Cimg8422ak  *そうです、噂の?「コンニャク芋」の発芽なんです!Cimg8420akCimg8419ak
*4月14日に植えうつけした「コンニャク芋の3畝の内1畝分が待望の発芽です、初めてお目に掛かりますが丸でダリヤの花芽の様に不思議な発芽で此れからが楽しみです。
Cimg8417ak

| | コメント (4)
|

2010年5月24日 (月)

新緑の季節、菜園の様子。   家庭菜園報告 NOー228

 山陰地方も先週は穏やかな快晴の日々が続き菜園作業には良い季節で、周囲の農家は田植えが盛況で緑の田圃が多く成って来ました。
 菜園の夏野菜も順調に生育して日々の水遣りに追われて居ります。
1)第二段、夏野菜類の追加植え付け作業。
Cimg8332ak*連休に植え付けした第ー段の
夏野菜類に追加して、ソロソロ、夏野菜の苗も終わりに成りますので遅くの収穫用として約2週間遅くれで植え付けしました。

*長ナス(千両)x2本
*キュウリx2本
Cimg8333ak*中玉トマト(隋栄)x2本
*ミニトマト  x2本
*ピーマン(京三)x2本

Cimg8312ak*洋カボチャx2本 
Cimg8339ak *オクラ苗に行灯式の風除け支柱立て、此方の農家等では良く見かける遣り方です。



Cimg8344ak








2)ショウガ種芋の植え付けをしました。
Cimg8360ak

Cimg8357ak*ショウガ種芋(約700g)を17箇所40cm間隔で植え付け、根肥えに腐葉土と油粕を入れる。
Cimg8362ak*昨年初めて植え付けしたショウガは栽培手引き書等も殆ど無くてポイントが解からずで初物で余り出来栄えは良く有りませんでしたが、家人の強い要望により今年も引き続きの少量ですが再度植え付けして又勉強です。 Cimg8359ak
*多肥料系のショウガは発芽が難しい作物なので出来れば箱植えして新芽が出てから移植が良いそうですが、昨年同様に直接の植え付けで栽培です。





3)里芋の畝に初のマルチ架けをしました。
Cimg9717ak
*先月中旬(4月14日)植え付けの里芋(石川白芋)が約一月程経ちますが、先月の雨不足の影響なのか発芽が遅れ気味ですので、知人のアドバイスにより乾燥防止と雑草防止を兼ねて初めて「黒マルチ」を事後ですが架けて促進を試してみます。
Cimg8306ak*この大豆畑は黒ボク土壌で非常に水捌けが良くて穀物系の大豆、麦や果菜類(スイカ、メロン系)には最適の土壌ですが要水分系の里芋、玉ネギ等には不向きの様です。

Cimg8371ak

| | コメント (4)
|

2010年5月16日 (日)

薫風の季節の菜園作業です。  家庭菜園報告 NO-227

山陰地方、今週前半は恵の雨が続き先週に植えた夏野菜類への水不足が此れで解消して助かりました。
 今週末は一転し快晴の日々で心地良く菜園作業が順調に捗りました。
1)ようやく、ジャイモの新芽欠き作業開始と成りました。
Cimg8242ak*連休の頃の好天で一気に新芽が大きく成り、昨年より約10日程遅くですが、ようやく「ジャガイモの芽欠き」の時期に成りました。
Cimg8249ak*ジャガイモの3月30日に植え付け分(ブログ、NOー221にリンク)。
の様子、
Cimg8273ak*ダンシャク 2畝。 
*メークイン 2畝。
*キタアカリ 1畝。
*インカのメザメ 1畝。Cimg8279ak
*4月8日に遅く植えの新種のインカのメザメ 1畝分分)は種芋が小粒でしたので小分けせずに其のままの芽の状態で植え付けたので無数の新芽が伸びて芽欠きが大変でした。
Cimg8264akCimg8256ak*ダンシャク、キタアカリは新芽は可なり大きく育って、来月頃再度新芽欠きをする予定でいます。
*3種とも同じく新芽欠きは2本立ち残しとし、その後に、一回目の土寄せと、追い肥作業をしました。

2)新玉ネギの試し収穫です。

昨年11月19日に植え付け(ブログ、NOー202にリンク)
Cimg8247ak「玉ネギ、3種の早生玉ネギ、赤玉ネギ、晩生玉ネギ」の内の「早生、赤玉ネギ」がようやく玉太りが良くなりましたので、生育状態確認の為に試し採りに成りました。
Cimg8269a*早生、赤玉ネギの葉身が少し倒れてきましたので時期的には良いころでしょうか?
Cimg8282ak Cimg8286ak *今年の玉ネギは昨年と比較して 植え時期は約10日遅くの11月19日に植え付けして、更に春先の低温気象の影響で可なり遅れ気味の生育状態で、玉太りも小振り気味で、今年の新玉ネギの試し取りは時期が約3週間程(昨年は4月20頃)遅くに成りました。Cimg8284ak
Cimg8290ak*周囲の畑では今年の玉ネギの育ちは、天候不順で未だ玉太りが付かず殆ど「ラッキョの大きさ程度」しか実が付いて無い畑も多く有りますネ。




3)葉物野菜をトレーに種蒔きして発芽しました。

Cimg9985ak*連休頃に「キャベツ、ニュートップ」「トウモロコシ、スイートコン」をトレーにて種蒔きしまし、10日程経ち待望の発芽が良好です。
Cimg9982ak*発芽用の土は「黒ボク土と種蒔き培養土壌」との2:1のミックスを使用しました。
*2週間後位には植え替え出来ますでしょうか?Cimg8326ak Cimg8327ak   

| | コメント (6)
|

2010年5月 9日 (日)

春連休の頃の菜園作業 家庭菜園報告     NOー226

 山陰地方も今年の連休は毎日快晴で、まるで夏日の様な気候でした。
早くも、一部の田圃では早生なのか田植えが始まった所もチラホラ見掛ける季節と成り、負けじと菜園も大忙しのこの頃です。
1)待望の夏野菜類の植え付け開始です。Cimg0004ak
*今年は天候不順で遅れ気味でしたがこの好天続きで、ようやくに例年どうり夏野菜類の第一弾の植え付けと成りました。
*今年は昨年の反省として植え付け時期が重なり晩生での収穫が不足気味と成りましたので、第一弾の植え付け分の数は少し減しました。
Cimg0009ak*ミニトマトx2本。
*大玉トマト桃大郎x2本。
*中玉トマト瑞栄x3本。
*米ナス(クロワシ)x2本。                  *長ナス(千両)x4本。 
Cimg0012ak_2*ピーマン(エース)x4本。
*シシトウx1本。
Cimg0006ak_2*和カボチャ(ミヤコ)x1本。
*洋カボチャ(ハヤト)x1本。
*ゴーヤ(青苦)x2本。
*オクラx2本。  Cimg0011ak 










2)ようやく、夏葉菜類の発芽が始まりました。

*先月中旬(4月14日)に種蒔きの夏葉物類が連日の晴天で水不足気味で発芽が遅れ気味でしたがようやく発芽してきました。
Cimg0026ak*チンゲンサイ(雲白)
 発芽は非常に良好で約90%程度です
Cimg8223ak*レタス (シスコ) 発芽は約50%で余り好く有りません。
。 

Cimg0023ak*夏大根(中型大師)
 この時期にしては発芽は良く約80%程度です。Cimg0025ak
Cimg8186ak*ネギ(根深一本太) 例年ネギ類の発芽は余り芳しく有りませんが、今年のネギの発芽は良く約90%以上で楽しみです。Cimg8185ak









3)春豆類の初収穫です。

Cimg9987ak*昨年11月23日に種蒔きして冬を越し5ヶ月半経ちようやく、待望のキヌサヤ(ツル有り白花)が初収穫に成りました。
この時期でのエンドウ等の春豆類は春の味覚を感じさせる貴重な作物での此れから収穫が益々楽しみな成ります。Cimg8182ak




Cimg8189ak*ソラマメ(小粒)にもようやく実が付き始めました、此れからアブラムシ対策が益々大変です。Cimg8241ak
*遅採り用に植えた春キャベツの収穫が出来てこの時期としては非常に重宝してます。Cimg8217ak

| | コメント (3)
|

2010年5月 1日 (土)

晩春の頃の畑作業です。    家庭菜園報告 NOー225

山陰地方もようやく、連日晴天が続き気温が揚り、家庭菜園には打って付けの季節到来と成りました。
 いよいよ、夏野菜の植え付けの準備で忙しく成って参りましたネ。
1)ジャガイモの発芽と遅霜の被害の様子。
Cimg9948ak*先月3月30日、植え付けした3種のジャガイモがようやく、先週まで続いた低温で遅れ気味でしたが、発芽し始めました。
Cimg9952ak *ダンシャクx2畝の発芽様子、
今の所はダンシャクが一番発芽状態が良さそうです。
Cimg9949akCimg9957ak *メークインx2畝の発芽です。
Cimg9967ak*キタアカリx1畝の発芽の様子、キタアカリは多少遅れ気味です。



Cimg9966ak*写真でお解かりの様に発芽したばかりの新芽が先週の遅霜に遭い被害が出ております(今年は種芋の植え付けを可なり遅くにしましたが)、毎年にジャガイモを栽培してますがこの様な遅霜の被害は初めての経験ですネ。Cimg9964ak_2









2)ソラマメの摘心とアブラムシ対策です。

Cimg9883ak*葉身が大きく(70cm程度)成りましたので、実付きの促進とアブラムシが付き始めましたので(新芽に集中して付きますので)新芽欠きをしました。
Cimg9882ak


 





Cimg9937ak*一部の新芽にアブラムシの幼虫(青色半透明)が出始めましたので、早速に、アブラムシ用の50倍希釈液剤(天ぷら油+石鹸液とのミックス)を散布しました、暫く様子をみて効果が無い時には、次の希釈液剤(焼酎、木酸酢ミックス)を試してみます。
Cimg9939ak

Cimg9885ak*そうです、アブラムシの天敵の天道虫さんが僅か一匹ですが現れてきましたヨ。






3)夏野菜植え付け用の畝の準備です。

Cimg9888ak_2*最後まで収穫してました、ブロッコリ、春菊、キャベツ、ホウレンソウ(別畝に移植して)をようやく春野菜類の跡形付けし、夏野菜用の畝作り。
Cimg9969akCimg9960ak
*先回約1週間前に天地返しをして放置しておりました畝です。

Cimg9959ak*元肥として有機肥料(腐葉土、鶏糞、菜種油カス、少量の牛糞)を入れて更に苦土灰を充分に散布です。
*ようやく、この連休中には植え付けが出来そうです。

| | コメント (5)
|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »