« 田植え時の雨が止み菜園作業です        家庭菜園報告 NOー229 | トップページ | 水無月の季節の菜園では。  家庭菜園報告   NOー231 »

2010年6月 6日 (日)

麦秋の季節の畑作業  家庭菜園報告 NOー230

山陰地方も今週は晴天が約10日も続き、まるで初夏の様な気候でした、此れからアノ梅雨の季節が来るとは想像も付きません。
 雨無し天気続きで毎日夏野菜の水遣りに追われてます。
1)待望の早生玉ネギの収穫。
Cimg8512ak*昨年の11月19日に植え付けした「早生玉ネギx100本」が、ようやく葉身も倒れ十分に枯れたので待望の収穫です。
*今年は春先に急激に気温が下がりましたがその後の好天候で、その影響も少なく例年どうりのこの時期に収穫出来ました。
Cimg8521ak*今年は周囲の菜園では玉ネギの玉太りは低温の影響で昨年に比べて可なり悪い所が多い様です。
Cimg8525ak*今年の「早生玉ネギ」の収量は約85個程で、玉太りには大小のバラツキは有りますが、大玉は約200g程の大きさの玉ネギが2/3程有り良好な出来と成りました。
Cimg8527ak
*「赤玉ネギ」(サラダ用)も少し収穫して見ましたが未だ小振りですので玉太りには少し時間が掛かりそうです。Cimg8491ak
*「晩生玉ネギ」は写真の様に未だ葉身が青々と勢いが有り玉太りが此れからの様です。





2)エンドウマメの収穫
Cimg8560akが盛況です。
*キヌサヤは殆ど終わりに近くなりましたが、エンドウマメの実入りが確りとして来ましたので連日の収穫、さそくサラダの具やエンドウ豆御飯にて味わいました。
Cimg8385ak Cimg8386ak*ソラマメは大分大きく成りましたがその名のとうり、未だ空に向いてますので未だ々時間が掛かりそうです。






3)ニンジンの種蒔きとチンゲンサイの移植です。

Cimg8575ak*今年の3月の第一弾種蒔きに引継て、第二段のニンジン「時無し5寸」の筋蒔きにての種蒔きです。
Cimg8577ak Cimg8438ak *4月14日に種蒔きした「チンゲンサイ、雲白」がようやく移植出来るまでに育ちましたので、菜園に約20本程
移植出来ました。
Cimg8554ak








4)タイトルに有ります「麦秋の畑の風景」。

Cimg8446ak
*この風景は何時見ても子供の頃の田舎の「麦秋の季節」を思い出す何となく懐かしい風景ではないでしょうか?Cimg8532ak
*この頃は田舎でも余り「麦」を栽培しませんから、この様な「麦畑の風景」は此方でも余りお目に掛からない珍しい風景です。
*聞いた所では「農家でも国産の麦は特定の契約農家」(特にビール用の大麦等は)しか栽培し無いので麦畑は余り見る事が無いそうですCimg8534ak Cimg8535ak
*この麦は良く穂を見ると大麦系の様に見えますが如何でしょうか

|
|

« 田植え時の雨が止み菜園作業です        家庭菜園報告 NOー229 | トップページ | 水無月の季節の菜園では。  家庭菜園報告   NOー231 »

コメント

お邪魔します。
 奈良では、ようやく田植えが始まり、麦は刈入れの真っ最中です。畑ではジャガイモとタマネギの取入れが盛んです。
春先の異常低温の影響で出来はあまりよくありません。
 仙人様のタマネギも、大小バラつきがあるようですね。
 えんどう豆は終わり次の野菜植え付けの準備中です。これから小松菜など葉もの種まきをするところです。
 晴天が続いておりますが、菜園の仕事頑張り過ぎないよう作業してください。

*龍山さん
 此方は田植えは略終り緑の田圃が広がって綺麗ですヨ。
もうジャガイモが収穫ですか?早いですね。
 早生玉ネギは低温の影響で玉付きに可なりバラツキ出ましたが大玉も結構取れましたので自己満足してます。
其れに気候が良くて晩生の玉太りが良く成り出しました。
 此れからは、玉ネギ、マメ類の後のサツマイモ、葉物等の植え付け予定場所確保に悩んでます。    久米仙人

投稿: 龍山 | 2010年6月 7日 (月) 17時02分

こんにちは。
玉ネギ上々の収穫ですね。当方は昨日試し掘りで10個収穫。紹介も出来ないような出来です。予定の3分の2くらいは春半ばの降霜で土中より浮き上がってしまい、慌てて埋め直しましたが、駄目で栽培地の大半がガランとしております。 当家の新玉の朝食サラダ定番、今年は激減です(涙)

*wakaboshiさん
 今年は玉ネギは春先の低温と遅霜の影響で全般に不作の様で、周囲ではラッキョウの親分程度しか玉が付か無い畑も有りますヨ。
ソチラも可なり影響が出た様でサラダ定食?に影響が有りますね、此れから玉ネギの値が上がるかもしれませんヨ。
 事実、ジャガイモは春先に種芋も値上がりしましたから。
                  久米仙人 

投稿: wakaboshi | 2010年6月 7日 (月) 13時44分

今頃のことを、麦秋の季節というのですね~
麦にとっての、秋ということなのでしょうか~
どこかから麦笛の音が聞こえてきそうな、懐かしい風景です~
こちらの小さい頃には、確か麦畑は、あちこちに見られ、冬の麦踏というのを楽しく眺めた記憶があります(笑)
本当は、やってみたかったのですが、言い出せませんでした~(笑)
玉ねぎ、今年は、どこでも例年よりやや小振りのようですね!
そちらでは、これから新玉ねぎを存分に召し上がれるのですね~
こちら、残り少なくなってきました~(笑)
赤玉ねぎも、美味しそうです!!

*マルコさん
 昔から麦の熟する季節(実る秋に擬えて)の頃、初夏のこの時期を「麦秋」と読んでるそうで、6月の季語の一つです。
 そうなんです、麦畑は昔は何処でも見られた風景ですが今は田舎でも珍しいので其の麦穂の様子を見ると郷愁を感じますネ。
 新玉の美味しさは甘くて柔かくて格別で暫くは連日食卓に続きそうです。
                 久米仙人

投稿: マルコ | 2010年6月 7日 (月) 09時36分

この所の暑い好天続きで、畑の野菜の伸びが目に見えるほどです。
こちらではキューリの収穫も出来るようになりました。
ソラマメは、初物はカラスに献上したものの、教えてもらった
ように、下向きになったマメを半分ほど収穫しました。
塩茹でにしたり、焼いたりしてビールの肴にしています。
葉物野菜も大きくなって、採りきれないほどになりました。
この暑さで、益々野菜は元気になっていくことでしょう。

因みに、私は定植したとき以外は、水遣りは全然しないで
野菜を育てています。

*スロー人さん
 此方山陰も連日の高温で夏野菜類が勢いを出してその元気さに驚いてますが、キュウリは未だ実が付き始めたばかりです。
ソラマメは春先の寒さで未だ々収穫には時間が掛かりそうで、空豆とは昔の人は良く言ったモノだと感心してます。
此方では、此れだけ雨が降りませんと、初期のこの時期はヤハリ水遣りしませんと苗の勢いに影響が有ります様で遣ってますネ。 久米仙人

投稿: スロー人 | 2010年6月 6日 (日) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 田植え時の雨が止み菜園作業です        家庭菜園報告 NOー229 | トップページ | 水無月の季節の菜園では。  家庭菜園報告   NOー231 »