« 梅雨の晴れ間の菜園作業  家庭菜園報告    NOー232 | トップページ | 梅雨の季節の頃での菜園    家庭菜園報告 NOー234 »

2010年6月27日 (日)

’10年度 大豆栽培の様子、NOー1。       家庭菜園報告 NOー233

 山陰地方も梅雨の季節ですが、今年は空梅雨の様相です。

’今年最初の「’10年度の大豆栽培作業(NOー1)」、の様子を報告します。
 自家製味噌作り、自家製豆腐作り用の大豆栽培も今年で4年目と成りますが、年々自然農法での大豆栽培は難しく成って来ました。

1)今年最初の大型耕運機による大豆畑の耕作作業。
Cimg9898ak
*4月25日(曇り)、

*大豆畑(630㎡、190坪)。

 昨年より約5ヶ月間程休ませていた「大豆畑」を今年初めて親類の大型耕運機での天地返しの耕作作業です。
Cimg9899ak*大豆収穫後は大豆用の畑は何も栽培しないで休ませ手付かずでしたので御覧のように雑草が伸び放題です、この雑草を耕運機で鋤き込み肥料分とし利用します。
Cimg9907ak*昨年は早くも3月には大型耕運機での天地返しの耕作をしましたが、その後種蒔きまでの時間が3ヶ月も長すぎ再び雑草の伸びが酷く成りましたので、今年は雑草の伸びを抑える為に約1月程遅らせて4月に機械入れとしました。Cimg9914ak
Cimg9911ak*この大豆畑での大豆栽培は今年4年目に成りますので、昨年度より大型耕運機での天地返しで入れ替えし土壌の改良を図ってます。
Cimg9912ak *ヤハリ大型耕運機では土壌が深く耕せ雑草も完全に鋤き込みが出来見る見る内に綺麗に成ります。





2)自家小型耕運機による大豆畑の整地作業
Cimg8232ak
*5月9日、6月2日。

 先月に大型耕運機を入れた「大豆畑」はその後の雑草の繁殖を抑える為と土壌を更に改善(土壌の破砕と水捌けの促進と酸素、窒素攪拌作用)をする為に何度も「自家小型耕運機」で耕作します。
Cimg8234ak*この耕運機での大豆畑の耕作作業は後で大豆の育ちと実の付き等収穫の大きな要素と成る重要な作業です。Cimg8236ak
*やはり「自家小型耕運機」は馬力が弱くて、大豆畑(630㎡、190坪)の全面手入れには約一月間で、4往復には延べ約2日程も掛かり大変ですネ。
Cimg8238ak*「小型耕運機」は小型ですが総重量が約30kgも有りますので車での運搬には一苦労です。





3)大豆種蒔き用の畝作り作業。

Cimg8548ak*6月11日(晴れ)

いよいよ、大豆種蒔き用に畝作りの作業です。
*今年の大豆用と小豆用の畑の総面積は500㎡(150坪)で昨年と略同じ広さです。

*大豆用の畝のサイズ。
ー畝幅約40cmx溝幅約40cmx長さ約22m。
*畝数x23本。

*大豆用の広さ約390㎡(120坪)で昨年より+約20%程広くしました。              
Cimg8640ak*小型耕運機での畝作りは、畝幅を計りながらの作業ですが、実際には馬力が不足気味で機械がブレて中々測った様にはどうしても溝が綺麗に切れません。
*後日に再度手作業によっる畝作りに拠らなければ充分な畝は作れません。
Cimg8642ak*普通大豆栽培農家では大豆の種蒔きには畝は作りませんが、当方は畑の除草効率と発芽時の水捌けの効率と畑全体の防虫の為(完全無農薬栽培の為の株間の換気を良くする為)に「広く畝幅を作り」をしております。  Cimg8672ak









4)大豆の種蒔き作業。Cimg8695ak
*6月16日(晴れ)

*今年の大豆畑(畝数x23本)の種蒔きの量。

*白大豆(20畝)x約1.8kg(4,500粒)
Cimg8696ak*青大豆(3畝)x400g(800粒)






Cimg8702ak*今年の作付け面積。

*大豆ー畝数x23本
*面積 約390㎡(120坪)

*今年は大豆の収穫量の増量を期待して(昨年は小豆の収穫が予想以上に多く余り気味で)大豆用面積を約20%程広げました。
Cimg8706ak*種の撒き穴の間隔は
ー穴間は約30cmで1箇所に3粒づつ、1畝に約60箇所穴の種蒔きです。
*大豆種の撒き穴はー1,380箇所。Cimg8686akCimg8699ak
Cimg8708ak
Cimg8712ak








5)大豆新芽の鳥害対策の作業。

Cimg8729ak*6月19日(曇り)


*昨年は大豆の新芽を可なり酷く(約5%程度)鳥害(カラス、キジ、鳩等)で根元から食べられて遣られて遣られましたので、早速、鳥防止用の糸と赤銀の光テープを全面に廻らして対策をしました。Cimg8733ak_2










Cimg8819ak *今年は昨年の反省で早期に付けましたが、更に対策として、鳥防止用の糸を一段下部に廻らして追加で光物を取り付ける予定です。

|
|

« 梅雨の晴れ間の菜園作業  家庭菜園報告    NOー232 | トップページ | 梅雨の季節の頃での菜園    家庭菜園報告 NOー234 »

コメント

こんにちは。
詳しいご説明、素晴らしいですね。

これらの画像からは家庭菜園人はおかしいですよ!!
これはどこから見ても農家が相応しいと思いますので、どうぞ改名して下さい(笑) 
我々ささやかな菜園人を脅かさないで下さい。~~ですよ!! と思うような規模です。 

*wakaboshiさん
 最近、家庭菜園で「大豆」は注目のようで(先日もTVで放送してました)、ブログにも、そのキーワードでの訪問者が多いので参考に成ればと出来る限り詳細に書くように勤めてる次第です。
 当方も自家製味噌作りからタマタマ、大豆を栽培するようになり、必要と効率とから半年だけの大豆農家?(一方の畑だけ)と成っている次第でして、悪しからず・・・久米仙人

投稿: wakaboshi | 2010年6月30日 (水) 14時41分

大豆の種蒔きを終えられて、ホッとしていらっしゃる頃でしょうか~
なんといっても自家製味噌とお豆腐用の大豆という点が、素晴らしいですね!
どちらも美味しいんでしょうね~
からだにやさしいタンパク質が、これでまかなえるのですから、大豆には、いいこと尽くしですね!
こちらは精々、枝豆どまり~(笑)
畑の広さがあっても味噌・豆腐一年分の大豆は、おそらくつくれないでしょう~
途中でへこたれそうな気がします(笑)

*マルコさん
 お陰様で、今年もようやく、種蒔きが終わり一息ついてます。
ご承知のように大豆は最近食材として見直されてまして、色々と利用が高まって、当方の知人も今年から一緒に自家製味噌作りを始めまして大豆栽培するようになってきました。
特に自家製豆乳(何せ手絞りですので、大豆タンパクが豊富に含まれてますヨ)がに嵌まって毎日飲んでます。
一度大豆を購入されて試されたら如何でしょうかお薦めですヨ。    久米仙人

投稿: マルコ | 2010年6月28日 (月) 23時35分

お邪魔します。
 今年も始まりましたね。
 大規模菜園の大豆畑作り、大型トラクターによる本格的な耕転作業、小型耕運機の畝作りと、2ヶ月ほどの作業の結果、いよいよ種まきを迎えて一段落ですね。
 後は、鳥害、害虫、雑草の対策が大変ですね。
 よく光りテープやCD盤などぶら下げてありますが効果のほうはどうなのでしょうか。

*龍山さん
 ようやく今年も無事大豆種蒔きが終わり、一息付いてます。
 其処までの準備期間が大切で後に影響しますので手抜きが出来ませんので、小型耕運機での作業も何度もやりますので結構疲れます。
此れからはオシャルとうり、鳥(ハト、キジ、カラス)、虫達との戦争が始まりますので此れから色々と試してみますが未だ々気が抜けませんヨ。    久米仙人

投稿: 龍山 | 2010年6月28日 (月) 14時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨の晴れ間の菜園作業  家庭菜園報告    NOー232 | トップページ | 梅雨の季節の頃での菜園    家庭菜園報告 NOー234 »