« 向夏の季節での菜園の様子。  家庭菜園報告   NOー235 | トップページ | ’10年度 大豆栽培の畑の様子 (NO-Ⅱ)     家庭菜園報告 NO-237 »

2010年7月18日 (日)

梅雨明けの季節の菜園  家庭菜園報告     NOー236

山陰地方も先日待望の梅雨明と成りました。
 今年の梅雨は局地的には大雨でしたが、此方は例年に比べ全般的に雨量は少なめの印象、先週は雨の日が続き外作業が遅れ気味でしたが、梅雨の晴れ間での菜園作業です。
1)トウモロコシの第一弾の鳥被害対策です。Cimg9004ak
4月中旬に種蒔きした「トウモロコシ、スイートコン」の雄花、雌花の付き始めましたので、早速カラスの被害に遭わないように第一弾として「鳥害対策用のネット」を掛けました。 Cimg9149ak
*昨年は「「鳥害対策用のネット」を遣るのが7月23日と遅すぎ「カラスの被害」をモロニ受けましたので今年は約10日程早目にしましたが、「カラス対策の専門家のブログ仲間のソロー人さんに習い」御覧の様にこのネットはどうやら網目が荒いので直ぐに第二弾で「鳥害様の細の目ネット」と「反射テープ」を追加でやる予定です。
Cimg9148akCimg9146ak








2)「ツル無しインゲン豆」の種蒔きです。
Cimg9151ak
*ようやく、玉ネギ、ジャガイモの収穫が終わり畝が撤去で来き、ようやく「ツル無し菜豆」の種蒔きが出来ました。
Cimg9152ak*今年は玉ネギ、ジャガイモの収穫が春先の低温の影響で収穫が遅れましたので「インゲン豆」の種蒔きは昨年比べて約2週間程遅くに成りました、人によりましては最早収穫期の人も有りますネ。
Cimg9154ak*インゲン豆の種蒔きは一昨年も7月10日に種蒔きしてます、其れに「インゲンは時無し」と言ってる様に種蒔きの時期は永いので此れから未だ充分です。



3)サトイモとホウレンソウの発芽の様子。
Cimg8990ak
4月14日植え付けの「サトイモ石川白小芋」がその後5月中旬の「マルチ架けをした」お陰でとこの時期の梅雨の雨にて水分補給が良くて成長に勢いが出てきました、サトイモは今年は少しは期待が出来そうです。
Cimg8987ak

Cimg9167ak *7月10日に種蒔き「ホウレンソウ、マルス」が早くも発芽しました、この時期は種物の発芽が早い様でヤハリ作物には恵の雨ですネ。Cimg9165ak









4)第三回の恒例のクイズですー此れは何の作物でしょう?

Cimg8740ak*6月20日付け「ブログNOー232、の3)」にリンク の記事に載せました例の作物の約1月後の成長の姿です。
Cimg8947ak*そうです!!-例の「コンニャク芋」の今の葉身の姿です。
2月前(5月20日頃)には丸で、ユリか「ダリヤ」の芽の様な姿の「コンニャク芋」(写真の最左側の葉身と同じく)の姿でしたものが。
Cimg8949ak*先月(6月20頃)のブロクの姿の新芽(リンクにて参照下さい)の南洋の植物の様なあの異様な新芽が育ち。
*今月(7月10日頃)の葉身は伸び伸びと真横の広げて丸でジャングルの植物の様な不思議な有様です、此れから如何な姿で育って行くのでしょうか楽しみですネ・・・・。
Cimg8945ak
*追加のニュースです。
ー先日17日付け「日経サイエンス」と19日付け NHKの9時の「ニュースウォチ9」に取り上げられてました「ショクダイオオコンニャクの花」東大小石川植物園でその珍しい花(巨大で異様な燭台の様な姿)が約20年振り近い数日内に咲きそうだと(咲くと2日程しか持たないそうです)報道されてました。
普通のコンニャクの花も3-6年に一度しか咲かない貴重な花だそうで、この菜園の花もその可能性は有りや?・・・・・。

|
|

« 向夏の季節での菜園の様子。  家庭菜園報告   NOー235 | トップページ | ’10年度 大豆栽培の畑の様子 (NO-Ⅱ)     家庭菜園報告 NO-237 »

コメント

カラス対策の専門家のスロー人です(??)
雄花を切って実のひげに受粉してからネットを被せても
十分にカラス対策は間に合うのでは・・
今ネットでは、人工授粉のときに雄花が切り難いのでは・・
忘れる前の、早めの対策・・慎重な久米仙人さんらしいです。

こんにゃくが見事に育っていて楽しみですね。
今からどんな風に育っていって、こんにゃくになるのか・・
興味津々です。

*スロー人さん
 ブログにも書きましたが、昨年は受粉を待って結果、カラスに遣られましたので今年は、雄花が咲いている最中に早目にネット架けをした次第です、参考のお陰様で今の所受粉も被害も無く順調での様ですネ。
初めて栽培したコンニャクは実に変化が多い作物で、最近はニュースに成る事も有り、色々と面白い事が有りそうで此れから楽しみで、追々に報告しますヨ。       久米仙人


投稿: スロー人 | 2010年7月21日 (水) 22時36分

お邪魔します。
 とうもろこし受粉のときから防鳥ネット出陣ですか。当方では、鳥の害はないのですが「カナブン」黄金虫の仲間が沢山襲来して実をついばみます。小さな虫なので防虫網も役に立たず毎年被害が出ます。
 インゲンやほうれん草は今年2度目の植え付けですか?
 コンニャクイモ大きくなりましたね。田舎にいるとき見ていたこんにゃくは1mぐらいの成長で止まった様に思うのですがもっと成長するのか楽しみに報告を待っております。

*龍山さん
 トウモロコシは昨年受粉してからとノンビリと鳥害対策と予定していて、カラス共に貴重な実を遣られましたので、今年は一速前に鳥対策で今の所、防御で来てますが気を抜かないで追加対策の予定です。
 インゲンは遅めですが今年の初栽培で例年このj期です。
初栽培のコンニャクは見る度に変化して行きますので楽しい発見の作物です、面白い記事を見つけましたので「本文」に追加で記事を載せましたので御覧下さい。 久米仙人

投稿: 龍山 | 2010年7月21日 (水) 08時22分

こんにちわ~

レタス、キャベツに次いで、ほうれん草にインゲンなのですね!
これまでに体験したことのないゾーンなので、興味しんしんです!(笑)
とうもろこしの鳥害対策、必須なのですね!
こちらのとうもろこしは小さいのですが、ヤングコーンでもとれたら嬉しいので、それとなく鳥たちに注意しておりますが、カラスは、いまのところ訪れずです
こんにゃく、いよいよもって、異色のたたずまいですね!(笑)

*マルコさん
 梅雨が明けましたら途端に猛暑と此れからが思い遣られますネ。
 トウモロコシは昨年貴重な実を早々とカラスに遣られましたので早々に、ネットを張りましたが色々見聞きした所ではコンナモノでは駄目なようですので更なる対策を予定してます。
 そうなんですコンニャクは成長するに従い異様な姿が現われ此れから益々如何に変化するのか楽しみな作物です、追々 記事で報告します。   久米仙人

投稿: マルコ | 2010年7月20日 (火) 10時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 向夏の季節での菜園の様子。  家庭菜園報告   NOー235 | トップページ | ’10年度 大豆栽培の畑の様子 (NO-Ⅱ)     家庭菜園報告 NO-237 »