« 梅雨明けの季節の菜園  家庭菜園報告     NOー236 | トップページ | 猛暑の季節,菜園の様子 家庭菜園報告      NOー238 »

2010年7月25日 (日)

’10年度 大豆栽培の畑の様子 (NO-Ⅱ)     家庭菜園報告 NO-237

山陰地方も連日の猛暑日で、日中での外作業が出来ませんので、連日早朝出勤で熱中症を避けての大豆作業が忙しく成って来ました。

 先月の6/27日のブログ NOー233「今年最初の’10年度の大豆栽培作業(NOー1)」(にリンク に続きての、
大豆の、自然農法(完全無農薬、無化学肥料)での栽培の様子「’10年度の大豆栽培」の(NOーⅡ)」、を報告します。
1)大豆の発芽が始まりました。
*6月22日(晴れ)発芽確認です。Cimg8781ak
Cimg8779ak6月16日、ーに種蒔きした「大豆の2種」が約1週間経ち待望の発芽と成りました。

Cimg8785ak*青大豆種蒔きx3畝(180箇所)、
*白大豆種蒔きx 20畝(1,200箇所)
Cimg8787ak*発芽率は両品目ともで約95%程度で良好です。
*今年は種蒔き(6月中旬)直後に梅雨の雨降りが起きて更にその後の高温とで非常に良い発芽状態と成りました。 Cimg8817ak









2)大豆の新芽の育ちの様子。

*7月2日の畑Cimg8910ak
*発芽後約10日の大豆の新芽の状態。
*今年はお陰様で、昨年に酷く遣られた「鳥の被害(新芽を根元より切断、約5%弱程度も)」も種蒔き直後に「鳥害対策ー鳥避糸と反射テープ」を遣ったお陰で今の所はカラス、ハト、キジ等の鳥害は全くと言って良いほど有りません、今年の対策での基本「善は急げ」の例え道理です。
Cimg8907ak
Cimg8909ak








3)大豆苗の間引き作業(2本立ち株への調整)。

*7月5日。Cimg8942ak
*大豆発芽後、約10日から2週間程達新芽も育ち、初葉(双葉)もソロソロ終わり頃と成り時期的にも間引きに新芽を傷付け無い時期最適に成りました、。
Cimg8963ak*大豆株の3本立ちの様子。
Cimg8938ak*大豆苗の1箇所に3粒(多目の株に)の種蒔きとしましたので、育ちの悪い新芽や株間の密集した株を、1箇所に3本株から2本立ち株へと間引き作業をします。
*1箇所には大豆株は2本立ちがその後の育ちや実付き等が最適の様です。
Cimg8950ak
*大豆株の2本立ちの様子。
Cimg8960ak*完全無農薬栽培の大豆では、この株間空間と株数(2本立て)の調整が後の大豆の害虫、病気予防に重要な作業と成ります。    
Cimg9023ak*写真の様にこの時期に成りますと大豆の根には「大豆根粒菌」(この良し悪しが大豆の実付きが決まります)が良く育ってるのが認められます。




4)大豆苗の植え替え作業。Cimg8952ak
*直播栽培では欠株と2本立て株へ補植の為に移植作業をします。Cimg9030ak
Cimg9028*一般大豆栽培農家では株間を狭くして栽培し効率を高めますが、当方は大豆株の間を十分(約30cm間隔で)取ってますので、育ちの良い大豆株の発芽漏れ箇所や育ちの良く無い株の箇所に苗を移植して収穫の効率を図る為に作業してます(一般大豆栽培農家はコンナ手の掛かる事は遣ってませんネ)。
Cimg9025akCimg9022akCimg8959ak
Cimg9039ak
Cimg8944ak

|
|

« 梅雨明けの季節の菜園  家庭菜園報告     NOー236 | トップページ | 猛暑の季節,菜園の様子 家庭菜園報告      NOー238 »

コメント

こんにちは。
女の一生ならぬ大豆の一生の前編部でしょうか。詳しく解説なされて、全国愛好者の参考になっているでしょうね。広い耕地に大地を押し割って発芽する強さと大豆の緑が綺麗ですし、その活き活きとした緑に作業の苦労が報われる瞬間のように思いますが~
これから収穫まで作業は続くと思いますが、暑さ対策気を付けて過ごして下さい。

*wakaboshiさん
 大豆を栽培してますと、益々その有難さを身に浸みてます、そうなんです昔は食事といったら米と味噌と醤油と野菜だけで生活してましたから本当に有難いです。
 本当に種蒔きし発芽し若葉が青々として大きくなるのを見てますと生甲斐を感じますヨ。
御忠告どうり、先週は猛暑少しオーバワーク気味でしたのでまだ先は永いので今週は体力回復に努めてます。    久米仙人

投稿: wakaboshi | 2010年7月30日 (金) 12時28分

お邪魔します。
 備えあれば憂い無し、早い鳥害対策が見事に成功して大豆の苗がスクスクと育ってよかったですね。
 大豆苗の植え替えはポットで別に育てていたのですか。
晩秋時の収穫、今から約束されたようなものですね。今年も大豆加工品の作業が今から楽しみにですね。
 
*龍山さん
 お陰様で、昨年の反省での早目の鳥対策が効果あったようです、然し未だ々油断できませんネ。
 大豆の植え替えの苗は写真に有りますように直播の3本目の余株を根を傷つけない様に、欠株に移植した次第でご承知の様に外ではコンナやり方は不効率で遣りません。
 今年の冬に仕込んだ味噌がこの暑さで段々と熟成中で楽しみな状態に成りました。    久米仙人

投稿: 龍山 | 2010年7月28日 (水) 17時16分

ていねいに見せて頂いて、たいへん勉強になりました!
実は、ダメもとで、第二弾の大豆の種を蒔き、ただいま、身長20CMほどになりました
どうなることでしょう~?
間引きした大豆の植え替えもオーケーなのですね!
ありがとうございます

*マルコさん
 最近は家庭菜園等でも健康志向で大豆栽培が盛んに成っている様なので(大豆での検索が多いです)、少しでも参考に成ればと出来る限り写真を多く、時系列で書く様に心掛けてます。
 大豆の種蒔き期間は永いので今20cm程ですと十分に実が付くと思います。
 大豆の直地栽培での植え替えは欠株と補植の為に重要で、新芽の丸い双葉で育った後に本葉が2,3葉程の伸びた時に遣り、その時期(根が十分に育ち力が有る時)が非常に大切ですヨ。    久米仙人

投稿: マルコ | 2010年7月26日 (月) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨明けの季節の菜園  家庭菜園報告     NOー236 | トップページ | 猛暑の季節,菜園の様子 家庭菜園報告      NOー238 »