« 猛暑の季節,菜園の様子 家庭菜園報告      NOー238 | トップページ | 未だ々猛暑の季節が続いてます。       家庭菜園報告 NOー240 »

2010年8月 9日 (月)

’10年度 大豆と小豆栽培の畑の様子 (NO-Ⅲ)     家庭菜園報告 NO-239

 山陰地方も猛暑での異常気象です、先月中旬以降殆ど雨が降らずに水不足で、立ち枯れ、生育遅れ等作物への影響が出始めており、秋以降の作物の収穫に大きな影響が出そうです。

「今年の小豆栽培様子」 を先回の「’10年度 大豆栽培の畑の様子 (NO-Ⅱ)ブログNOー237」(リンク)に引き続き報告致します。

「第一回目の小豆栽培様子」
1)小豆用の畝作りの作業開始。
  *7月8日。
  *第一弾ー小型耕運機での畝作り作業。

Cimg8972ak*小豆用の畝数ー8本。
*第一弾ー小型耕運機での畝作り作業。
ー*小豆用の畝のサイズ。
ー畝幅約40cmx溝幅約40cmx長さ約22m
Cimg8968ak*その後は手作業により溝の深さ(20cm以上)と列の曲がり、向きの修正作業。
*昨年度は小豆用の畝は11本畝でしたのでが、昨年は大豆の収穫量が減量と成りましたので今年は大豆畝をその分増量して、小豆分の植え付け畝を30%程減らしました。
Cimg9007ak*昨年は小豆用と大豆用畝作りを同時期に作りましたので、その分小豆の種蒔きまでの時間が空き過ぎて、雑草の繁殖や畝の崩れ等を起こして種蒔き時期に手直しや雑草取りなど作業が大変でしたので、今年は直前の7月初旬に畝作りをしました。


 




2)小豆の種蒔き作業
*7月15日。
*小豆用畝x8本。

Cimg9104ak*種蒔き用の穴を40cm間隔(株間)-1畝に55ケ株x8本畝
 :1箇所に小豆3粒x440箇所=1,320粒(約500g)
Cimg9118akCimg9115ak*自家採取の小豆種(昨年度の収穫時に混合で採取した為に)を種蒔きに使用しましたので)、「大納言小豆、中方粒小豆」 共に混合にて種蒔きです。
Cimg9117ak*幸い前日に雨降りでしたので土が十分な水分保有状態で種蒔きには最適な土の状態でした。
    Cimg9126ak 
Cimg9110ak







3)鳥害対策の実施。
Cimg7101ak*左の写真は昨年度の小豆の鳥の被害の状況です。
被害の最大場所では1畝の約10%以上が「カラス、ハト、キジ等の鳥の被害」にて大豆、小豆共に新芽が根元から食いちぎられましたので。Cimg9138ak

Cimg9139ak今年は早々と種蒔き直後に「鳥害対策の(鳥用黄色糸と鳥用の赤銀の反射テープ)をしました。Cimg9140ak








4)小豆の発芽の様子。
*7月21、22日、Cimg9212ak
Cimg9243ak*種蒔き後約1週間でようやく待望の「小豆の発芽」が確認できました。
*現在の発芽状態は発芽率は約98%(未発株が約12箇所)で昨年の75%に比較して大幅な改善と成りました。
Cimg9244ak*改善の原因としては
ー大型耕運機や小型耕運機に寄る、数多くの天地返し作業で畑の土壌の改善効果が有った。
ー種蒔き直前の除草作業の実地により発芽が促進された。
ー鳥害対策の実地時期が適合して、新芽の被害を大幅に無くする事が出来た。
ー種蒔き時点での水分保存が良好であり、その後の高温と日差し等天候条件が適合した。
Cimg9246ak Cimg9213ak









5)2週間後の小豆の新芽の生育の様子。
*8月上旬の小豆畑の様子。
*本葉も双葉が充分に伸びて良好な生育状態です。Cimg9283ak
Cimg9293ak

Cimg9290ak

Cimg9286akCimg0011ak *8月中旬、ソロソロ、雑草も出てきましたので、「雑草取り作業と土寄せ作業」が本格的に成って来ます。

|
|

« 猛暑の季節,菜園の様子 家庭菜園報告      NOー238 | トップページ | 未だ々猛暑の季節が続いてます。       家庭菜園報告 NOー240 »

コメント

全国の?ブログ仲間の皆様へ・・・

 猛暑の今週は体力回復と旧盆で「畑作業」も「ブログ」共に一時お休みにします。悪しからず・・・・

来週には再会しますので宜しく!   久米仙人

投稿: 久米仙人 | 2010年8月15日 (日) 18時14分

こんにちは。
長く続く畝~多少ラインが曲がっている所が微笑ましく、失礼ながら歳はどうか判りませんが、菜園の道では先輩と思われる久米さんに親近と共鳴を感じる所です(ごめん!)長く続く畝と言う事は広い畑地と言う事で、何時もながらそれを順調にこなしていらっしゃる久米さんに感服敬意を感じます。まだまだ作業は継続中ですからお身体大事にお願いしますよ!

*wakaboshiさん
流石に経験者は良く観察してますネ。
 長い畝の曲がりは小型耕運機でやりましても馬力不足で真直ぐには上手く行かなく(最初は線引きしてますが)、その後手作業での修正の結果です、中々苦労してますヨ。
 大豆栽培での最大の作業は畝作りとその後の土寄せ、雑草取りで(秋の実りを楽しみにしながら)、此れが終りますと一息つきます。
 
*今週は体力回復と旧盆で「畑作業」も「ブログ」共に一時お休みにします。悪しからず・・・・   久米仙人

投稿: wakaboshi | 2010年8月15日 (日) 12時11分

お邪魔します。
 大変な努力のかいがあって、北海道を連想するような見事な小豆畑になりましたね。
 晩秋の夕日をあび、雄大な大山を背景に大豆と小豆の収穫する仙人様の作業風景が目に浮かびますね。
 これから害虫や雑草の駆除大変でしょうが、頑張ってください。
 秋の収穫の報告を楽しみに待っております。

 *龍山さん
 此処1月は暫く早朝作業で「大豆、小豆専業農家」で外の野菜類は手が付かない状態です。
其れだけに皆様に参考に成ればと記事にしてます。

お陰様で、ー作業が完了してようやく今は夏休みで体力の回復に努めてます。
その分、味噌や豆腐や小豆餅等の楽しみで遣ってます。                            久米仙人
   

投稿: 龍山 | 2010年8月10日 (火) 17時03分

見渡す限りの大豆畑~
連日、暑い日がつづいておりますが、お元気でいらっしゃいますでしょうか~
こちら、気になることがあっても、ほどほどに~という感じで畑に出ています!
雨が降ってくれると、ああ~水遣りが省ける~ありがたや~という調子です!!(笑)
二度目に蒔いた大豆に、花が咲き始めました~
でも、どこか頼りなげで、ヒョロヒョロしています!
収穫まで漕ぎ着けるかどうか~ちょっと妖しいかも~

*マルコさん
此方も猛暑続きで流石に、早朝作業でバテ気味ですネ。
 3週間程は雨が殆ど降りませんで水不足気味ですネ。
大豆、小豆は種蒔きの時期等を正確に厳守すれば結構丈夫な作物で、今の時期に花芽が付くのは順調と思います。(大豆は根粒の付き方の良し悪しで育ちがわかります)              久米仙人 

投稿: マルコ | 2010年8月10日 (火) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猛暑の季節,菜園の様子 家庭菜園報告      NOー238 | トップページ | 未だ々猛暑の季節が続いてます。       家庭菜園報告 NOー240 »