« ’10年度 大豆栽培の畑の様子 (NO-Ⅱ)     家庭菜園報告 NO-237 | トップページ | ’10年度 大豆と小豆栽培の畑の様子 (NO-Ⅲ)     家庭菜園報告 NO-239 »

2010年8月 2日 (月)

猛暑の季節,菜園の様子 家庭菜園報告      NOー238

山陰地方も猛暑続きで、今週は昼間の外作業を控えて、体力回復の為に丸で夏休み状態ですネ。
 専ら夏野菜類の収穫のみの日々が続いています。
1)夏野菜類の収穫の様子。
①カボチャの初収穫です。Cimg9175ak

*待望の空中ネット栽培「洋カボチャ、日向ハヤト」が十分に外皮も色濃く付き、ヘタも硬く成りましたので初収穫です、
*今年は整枝を充分過ぎるほどやりましたので個数は3個と少なく成りましたが大きさ色付きも良好です。

Cimg9319ak Cimg9321ak
*カボチャの実の色付き、種の育ちも完全に成熟して居り、早速煮物、天ぷらで食べて良好な味わいでした。





➁ミニトマト、大玉(桃太郎、瑞栄)トマトが取れ々で大変です。

Cimg9330ak今年は大玉トマトは連日の猛暑で玉太りも良く、 尻割れも無くて昨年に比べて非常に良好です。
*ミニトマトは5月に植え付けの本株の苗から整枝した脇芽を挿し木したミニトマト株からも実が付きだして収穫が出来始め、今年のミニトマトは天候の影響が非常に甘味が強いです。

Cimg9355ak









③丸ナス(クロワシ)は盛況に成って来ました。Cimg9349ak

*春先の低温で遅れ気味の丸ナス「クロワシ」はようやく順調に取れ始めました、丸ナスは煮物、揚げ物、肉詰めと家族皆の大好物の作物です。。




④オクラの巨大化してきました。
Cimg9352ak
*流石に熱帯系の作物だけ有り、この猛暑で元気一杯で巨大化?(太さ3,4cm長さ15,20cm)してます、然し余り育っても硬さが出て味が落ちますので良し悪しですネ




⑤キュウリが取れ過ぎ?状態です。

Cimg9348ak*今年は何処もキュウリの取れすぎで真に「ネコまたぎ」状態です。
当方では「キュウリのたまり漬け」で保存して永らく重宝してます。


⑥ミョウガの初収穫です。Cimg9333ak

*花畠の側に放置状態の「ミョウガ芽」が取れ始めて、毎日の「素麺、和え物等」の薬味に重宝します、然し此れから芽が出始めると薬味甬ですので取れ過ぎでも困りますネ。



2)ブロッコリ、チンゲンサイの種蒔き。

Cimg9183ak*秋冬の葉物用に「ブロッコリ、里緑」と「チンゲンサイ、」をポット種蒔きをしました。約1週間頃には発芽で今月末には植え替えの予定をしております。

Cimg9188ak Cimg9191ak Cimg9192ak








3)この真夏の季節での「珍しい海の幸と山の幸」戴き物の話題です。
 ➀真夏の時期には此方の山陰地方でも珍しい「天然の岩カキ」です
Cimg9339ak*昔より、此方では「真夏の天然の岩カキ」を食べる風習は有りましたが、最近は
天然モノ(個人が海に潜り直接に取って来ての岩カキ)が手に入るのは非常に珍しく初めてお目にかかりました。
Cimg9342ak*御裾分けしてくれた知人に拠ると「自分か知らない秘密の岩場」が有り毎年そこで取っているそうです。
Cimg9344ak*早速、岩カキの殻をペンチで砕き細身のナイフで貝柱を取り除き「生カキ」にてその海の香りと天然の恵を堪能しました。






 ➁さてこの小枝と実は何でしょうか?
Cimg9200ak

*そうなんです、「山モモ」の小枝と実なんです!


Cimg9202ak*昔より噂には聞いてましたが「山モモの実」には初めてお目にかかります、
Cimg9207ak*山モモは昔は山林等に、成長が早く保水性が良く常緑性等で間伐材として良く植えられていたが、今は「その実と実の付く木の姿」を好む一部の人々のみ栽培しているだけで此方の地方でも珍しいモノです。
*「山モモの木」は「雌雄別の木」(例えば銀杏の木の様に)で実の付く木は大変珍しく、この時期にしか実が付か無く、それで栽培する人が少ないようです。
Cimg9262ak「山モモの実」は、少し酸味と甘味が有り、山イチゴやスモモの様な不思議な味がする山の実です。
*今回は「山モモのシロップ漬け」漬けました、一般に山モモは「焼酎orワイトリカーの割り漬け」で飲む方が多いようですが、初物の出来上がりが楽しみです。

|
|

« ’10年度 大豆栽培の畑の様子 (NO-Ⅱ)     家庭菜園報告 NO-237 | トップページ | ’10年度 大豆と小豆栽培の畑の様子 (NO-Ⅲ)     家庭菜園報告 NO-239 »

コメント

こんにちは。
盛り沢山の収獲の紹介~夏野菜の収穫期にふさわしい盛況ぶり!! もうカボチャの収獲なのですね。やはり南国早いですね。キュウリ・インゲン・オクラ・ナス等はこちらも一日休んだら肥大巨大なり過ぎに困るほどです。
猛暑でトマトは色付き味ともよろしいようですね。

私は早朝の3時間程度の作業ですが、それでも汗だくの状態の暑さですよこちらも~日中はジッとして居ただけでも汗が噴き出ます。使用電気量のうなぎ上りが報じれておる連日の猛暑~これ又異常なのでしょうね!

*wakaboshiさん
 此方南国?では有りませんよ、山陰地方ですヨ。
今年の猛暑は南も北も関係有りませんが・・・
その分お陰様で、夏野菜トマト等は好調でして良い事も有りますね(野菜には水と太陽が必定・・)
 当方も流石にこの夏は早朝出勤で作業してまして、涼しい分、連ちゃんですと可なり体力の消耗が激しくて近頃は休みや休みで体力の保持に努めてます。  久米仙人

投稿: wakaboshi | 2010年8月 8日 (日) 14時34分

お邪魔します。
 長梅雨の後、猛暑が続きナスやきゅうりの収穫も落ちてきました。仙人様のところは今が最盛期のようですね。我が家でも、ミヨウガは暑さにあまり左右されないようで毎日良く採れれております。ヤマモモ関西に来て初めて和歌山の友人に同行して自生しているヤマモモを採って食べたのが最初でした。美味しかったこと今でも思い出します。
 岩牡蠣は夏でも食べられるのですね。牡蠣はRの付かない月は食べないと聞いたことがあるので?私たち夫婦は牡蠣で食中毒の経験があり、今はゼンゼン食べませんので夏の牡蠣も、美味しいものなのですね。

*龍山さん
 ヤハリ夏野菜には猛暑が宜しいようで、例年尻割れ、色付き不足するトマト等が完熟で連日トマトジュースで堪能してます。
 山モモは初めての味でえも言われ無い味覚で子供の頃の野いちご、山ブドウを思い出して懐かしい感激でした。
 岩カキは真夏のこの時期に取れる天然モノしか食べれない貴重なものです(結構高価で1個600円以上しますヨ)。
 ご承知の様にRの付く月にしか食べれないのは養殖モノで春夏は海水が高温に成り、カキに雑菌が繁殖しやすい為に食べない様です。    久米仙人

投稿: 龍山 | 2010年8月 4日 (水) 08時01分

うわぁ~今回もまた、盛りだくさんですね!!
こちらはトマトは良く取れても、胡瓜はいまいちで、うらやましいかぎり~(笑)
カボチャも実がしまっていそう~
オクラも取れとれなんですね!
こちらは、まだ、これからです!
ブロッコリー、青梗菜は、種蒔きなんですね!!
そして、やまももに夏牡蠣~
やまももは、伊豆の家に植えていましたので、とても懐かしく拝見!!
我が家のやまももは、植木やさんが接木をなさって、雄雌同株になったものでした!!
そちらにも、植えられたご様子で、これからの成長がたのしみですね!!
そちらの夏牡蠣、築地でも入手できますが、とてもお値段が良くて~秘密の岩場から採ってスグの岩牡蠣、美味しいでしょうね!!
食卓に、山海の珍味が並ぶなんて、これ以上のご馳走はないのでは~!!

*マルコさん
 今年の猛暑で良い事もありで夏野菜類がお陰様で元気々で毎日収穫してます、カボチャの熟成も完璧?ですね。
 今年は真夏の珍味(山モモ、岩カキ)の戴きモノに出会いまして夏の暑さもそれで楽しみが増えました。
山モモは実は、最近は初めて食べましたが、昔懐かしい味で子供の頃を思い出し、シロップ漬けの出来上がりで焼酎割りが楽しみです。     久米仙人

投稿: マルコ | 2010年8月 4日 (水) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ’10年度 大豆栽培の畑の様子 (NO-Ⅱ)     家庭菜園報告 NO-237 | トップページ | ’10年度 大豆と小豆栽培の畑の様子 (NO-Ⅲ)     家庭菜園報告 NO-239 »