« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月28日 (火)

秋の彼岸の頃の菜園 家庭菜園報告 NOー244

山陰地方も彼岸には連日雨が降り、気温がグット下がり急に秋めいて来ました。
 今年の気候は異常で例年彼岸の季節に咲く「彼岸花」が全く咲いていません、更に柿の実も春に花芽が咲か無くて今は実が殆ど付い無い有様で、コンナ不思議な季節の気配は初めてです。
1)稲刈り作業の手伝いをしました。
Img_0015ak_2*親類の自然栽培農法米(完全無農薬、無除草剤、有機堆肥のみ)を遣って居る田圃です。
*毎年に自家消費用の米と自家製味噌用の米をこの方から分けて頂いてますので「春の田植え、草取り、稲刈り、稲扱き、稲扱き 」作業を手伝っております。
Img_0016ak*自然栽培農法米ですので、小型稲刈り機での刈り取り作業。
Img_0020ak*刈り取った稲束を「ハゼ掛け干し」にて約20日間程も天日干してから後に脱穀作業をします。
Img_0019ak*遠方に見える三角の支柱と竹竿が「ハゼ」です、この「ハゼ干し作業」が手作業で重労働ですヨ。
Img_0050ak_2*通常農家では「コンバインで稲刈り」して一度に連続で「稲刈りと脱穀作業して籾米」まで遣ってしまいそのまま保管します。




2)サツマイの手入れ作業(ツル返しと整枝作業)

Img_0028ak○ツル返し作業(別名、鶴の恩返し)
*7月1日に定植のした「サツマイモ、金時」が又角猛暑で遅れ気味でしたが、最近の雨降りにてようやくツルの勢いが出て来ましたので第一回目の手入れ作業です。 Cimg0033ak









○サツマイモのツルの整枝作業。

Cimg0077ak*サツマイモのツルの間引き作業は手間が掛かりますが、後の芋の玉太りの良し悪し(余りツルが育ち過ぎますとツルボケを起し実が付きません
)を決めますので重要な作業です。 Img_0042ak
Img_0045ak *そうですこの写真は中高年の方には懐かしい「サツマイモのいもツル」です、油揚げと合わせて煮物にしましと「蕗やタキナ」にも増して甘味が有り柔かくこの季節には非常に美味しいです。



3)直播の秋冬葉菜類の発芽の様子。

Cimg8170ak*9月上旬、に直播きの「大根、関白」が元気に発芽してソロソロ間引きの程に大きく成りました。Cimg8178a
Cimg8169ak*小松菜(べんり菜)
Cimg8167ak*タカナ の発芽の様子。


    Cimg8176ak
*レタス(グレートレーク)が発芽して間引きして少しづつ移植です。
Img_0032ak*赤丸二十日大根(ラデェシュ)、
の発芽で大きく育ち、早速間引き菜をサラダの具で味わいます。

| | コメント (3)
|

2010年9月21日 (火)

新秋の季節の菜園の様子。   家庭菜園報告 NOー243

陰地方も秋の気配が深まり朝晩はメッキリと涼しく成って来ましたが、然し先の台風の雨降りの後には殆ど雨が降りません。
 益々、菜園、畑の秋冬野菜の水不足が深刻で、毎日水遣りに追われております。
1)第一弾の夏野菜の跡形付け作業。
Cimg8178ak*ようやく気温も下がりだし遂に夏野菜類の撤去作業と成りました、先ず第一弾として「大玉トマト、ミニトマト、キュウリ、洋カボチャ、オクラ」株の全株を後片付けです。Cimg8190akCimg8188ak
Cimg0069ak_2*夏野菜類の内「長ナス、丸ナス、ピーマン、ゴーヤ、和カボチャ」依然、元気で実が付いておりますので未だ々残します。
Cimg8187ak*支柱の一部はこれから冬の「春豆類」の栽培時に利用しますのでそのまま残し、外は時間と手が掛かりますので少しづつ撤去の予定です。 Cimg8193ak









*今年は秋茄子が順調に収穫出来てます、

Cimg8195ak_2今年は初期には水不足で遅れ気味でした長ナス、丸ナスが初夏の剪定と気候の落ち着きでのお陰で勢いをましてよく取れ毎日がナス三昧の日々です。
Cimg0024ak  Cimg0023ak

Cimg8198ak_2*この時期としては珍しい事に、一時勢いが落ちていた和カボチャが猛暑の影響か再び2個実が付き始めて嬉しい出来事です。 Cimg0025ak









2)ニンニクの植え付け作業。

Cimg0032ak*昨年始めて栽培した「ニンニク」を今年も昨年の約倍量を植え付けしました。
Cimg0037ak_2*昨年始めて栽培した「6片ニンニク」は栽培の時期が遅れ気味で余り良好な結果では有りませんでしたので、今年は植え付け時期を早め、根肥えを入れてジックリと栽培の予定で居ります。
Cimg0042ak*種球の間隔は畝幅 約30cmx20cm
Cimg0043ak*植え付けの 種球は27個x2列Cimg0046ak










3)冬野菜類のポット種蒔き作業。

*冬野菜類の自家苗作りの第二弾としてポット種蒔きで苗の育成をします。
*今回種蒔きは
Cimg0087ak*四季どりキャベツ
*国宝85白菜
*チンゲンサイ、白自体 Cimg8209ak Cimg8210ak Cimg8213ak










4)*第二弾の冬野菜類の露地種蒔き。
Cimg8204ak*聖護院カブ(初の栽培です)
Cimg8205akCimg0082*赤丸二十日大根(ラデェシュ)
Cimg0083akCimg8157ak*追加種蒔きー
ニンジン(時無し5寸) 2種を種蒔き。
     (新黒田5寸)
Cimg8158ak 先回種蒔きしたニンジン(ひとみ5寸)の発芽率が極端に悪かったので再度ニンジンの2種を同時に同じ畝にて発芽の比較の為に種蒔きしてみます。   
Cimg0003ak

| | コメント (4)
|

2010年9月12日 (日)

未だ々ー残暑の季節の菜園です。         家庭菜園報告    NOー242

山陰地方も今週、待望の雨が降り少しは水不足が和らぎ、本格的な雨は約2ヶ月振りではないでしょうか?
 然し、この雨も1日半程で終わり翌日から猛暑続きで此れから未だ々残暑が厳しい様です。
 ようやく、秋冬の準備に取り掛かり忙しくなって来ました。
1)秋冬野菜用の畝の作り作業開始です。
Cimg0005ak*先週に雑草刈りを終えていた菜園を久し振りに今週、台風の雨が降る前に急いで、秋冬野菜の畝作りの作業開始。
Cimg0001ak*先ず小型耕運機(最近連日の大豆畑、菜園と活躍です)で全面の耕作、連日の猛暑で土がカラカラに乾き土埃が舞ってます、流石に耕運機の威力は抜群で硬い畝が柔かく解れて来て良好な土壌に成りました。Cimg0008ak
Cimg0013ak_2 
Cimg0061akCimg0017akCimg0018ak*畝の根肥として「有機肥料の牛糞、鶏糞、腐葉土ミックス」を元肥に入れます。
Cimg0019akCimg0025ak*最後に控えめに「有機性の苦土石灰」を散布してHPの調整です。


 



2)秋冬野菜ポット苗の移植の開始。

Cimg0001ak_2*待望の雨降りで畝に水分が補充されましたので、先月より自宅でポットに種蒔きして育ててました「ブロッコリ、キャベツ、チンゲンサイ」苗を早速、菜園に移植しました。 Cimg0003ak  
Cimg0010ak_3*ブロッコリ(里緑)x約15本Cimg0008ak_2
Cimg0011ak*キャベツx約6本


*自家製のポット苗(ブロッコリ、レタス、キャベツ、チンゲンサイ等)は好評ですので知人にも苗を配ります。 Cimg0013ak_4
Cimg0006ak*チンゲンサイx8本









3)第一彈目の秋冬野菜類の種蒔き開始。
*今回の台風での久し振りの雨(本格的な雨は約2ヶ月振りでしょうか)が振り出す前に、早速急ぎの品目のみ種蒔きです。
Cimg0021ak*ニンジン(ひとみ5寸)を今年の第4回目の種蒔きです、 従来の畝(NO-11)では連作(約2年間程)に成りますので、今回から植え付けを新しい畝(NOー1)に変更しました。Cimg0030ak
Cimg0016ak*レタス(グレートレーク)の種蒔き。
Cimg0037ak*大根(関白、短系)の大豆畑の野菜用の畝に、昨年に出来が良かったので同じ品目を種蒔きです。Cimg0039ak
Cimg0040ak*大豆畑の野菜用の1本の畝に3分割で種蒔きです、この畝で苗が育てば後で移植しますので一時的に同じ畝に種蒔きです。
Cimg0035ak* ホウレンソウ(マルチ)

*タカナ

*小松菜(べんり菜)
Cimg0028ak

| | コメント (2)
|

2010年9月 5日 (日)

’10年度 大豆と小豆栽培の畑の様子 (NO-Ⅳ)     家庭菜園報告 NO-241

 山陰地方も9月に入っても連日の猛暑が続き、真夏日の新記録更新中です。
 今、周囲の畑ではこの異常気象の高温と雨無しで水不足での作物の夏枯れが心配されて居ります(農家の一部ではスプリンクラー等の水制限も出てます)。 
 先回のブロク「大豆と小豆栽培の記事 NOーⅢ NOー239(のリンク)記事に引継ぎ、真夏の季節での作業の様子を報告します。

「’10年度 大豆と小豆栽培の様子、NO-Ⅳ」

 
 ◎ 「大豆の畑の様子 」

1)第一回目、大豆畑の草取りと土寄せ作業。
  *7月21日-26日。
Cimg9222ak*6月中旬の大豆の種蒔きと植え替え作業の後に約3週間程達ち、大豆畝に雑草の勢いが増して来ましたので、早速の最初の雑草取りと土寄せ作業を開始です。
Cimg9299akCimg9220ak*作業には最初に畝の溝に小型耕運機を入れて、溝部分の雑草除去と土の耕作を遣ります。
Cimg9217ak*その後は手作業により大豆畝部分の雑草取り、此れが大変時間と労力を使いますが、大切な作業で作業の時期がポイントので真夏ですが5日程掛かり完了しました。
*大豆畝ー24畝の土寄せ作業、
鍬での手作業で 株の根元を被せて補強します、この作業は1週間程掛かりこの真夏の時期では可なりキツイ作業です。
Cimg9303ak*完全無農薬栽培では「害虫対策と大豆株 の保全」の為に「雑草取りと土寄せ作業」、この作業により大豆株間の通気性が良く成り、更に日光の日当りが増幅されて大豆葉身への害虫予防と勢いが増進される、大豆栽培には重要な作業です。Cimg0014ak




Cimg0019ak








2)大豆の花芽が咲き始めました。

  *8月5日
Cimg0032ak*6月15日に種蒔き後に約40日でようやく大豆の花芽が咲き始めました、花芽の時期は昨年に比べて雨降り等の不足の影響なのか?約2週間程の遅れ、葉身の育ち具合も少し小振りの様です。
Cimg7090ak*青大豆の花芽はーー白色の花芽です。
Cimg0036ak*白大豆の花芽はー薄紫色の花芽です。Cimg0033ak
Cimg0058ak








3)大豆に実が付き始めました。

  *8月24日
Cimg0003ak*6月中旬の種蒔き後、ようやく待望の大豆鞘に実付きが始まりました、Cimg0007ak
Cimg0016akCimg0014ak_2*昨年と比べて実付きの時期は大差は有りませんが、しかし全体に大豆の株は小振りで大豆鞘の実付く具合は少し小振り気味で量的にも少ない様です、ヤハリ実の付き初夏の時期での水不足の影響が出て来ている様です。Cimg0018ak








 ◎ 「小豆栽培の畑の様子」。


1)第一回目、小豆畑の草取りと土寄せ作業。

   *8月5日
Cimg0001ak*7月15日の小豆の種蒔き後、約3週間経過して小豆畝の雑草が目立ち始めましたので、早速雑草取りと土寄せ作業開始です。
Cimg0003ak_2Cimg0007ak_2*大豆畝と同じく最初に小型耕運機で畝間を耕し、雑草除去と土の耕作作業です。
Cimg0053akjpg*畝の雑草取りと土寄せ作業は手作業での作業と成ります、この作業は約3日掛かり真夏の作業で夏バテ気味に成りました。Cimg0065ak  Cimg0063ak_2










2)小豆株の間引き作業。
*8月24日。
Cimg0026*小豆の葉身も約1月経過し充分に育ちましので、小豆苗の1箇所に3株立てに育った株を2立て株にと間引きをしました。Cimg0023ak
Cimg0022ak*8月中旬の猛暑の為に出来なくて間引きの時期としては少し遅めですが影響は無いので早速間引き実行です
Cimg0025ak*小豆株の間引き作業は、株間のスペースを確保し日当りと防虫の為に生育促進に大切な作業です。






3)小豆の花芽が咲き始めました。

*9月3日
Cimg0037ak*7月中旬の種蒔き後、
待望の小豆に花芽が付き始めましたが、小豆もヤハリ雨が降らなくて水不足の影響でしょうか昨年より約10日程の遅れです。
*大豆、小豆とも花芽付き時、鞘の実付きの時期には水分の不足が重要な影響を及ぼします。
Cimg0039akCimg0007ak_3 Cimg0009ak Cimg0040_2

| | コメント (5)
|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »