« ’10年度 大豆と小豆栽培の畑の様子 (NO-Ⅳ)     家庭菜園報告 NO-241 | トップページ | 新秋の季節の菜園の様子。   家庭菜園報告 NOー243 »

2010年9月12日 (日)

未だ々ー残暑の季節の菜園です。         家庭菜園報告    NOー242

山陰地方も今週、待望の雨が降り少しは水不足が和らぎ、本格的な雨は約2ヶ月振りではないでしょうか?
 然し、この雨も1日半程で終わり翌日から猛暑続きで此れから未だ々残暑が厳しい様です。
 ようやく、秋冬の準備に取り掛かり忙しくなって来ました。
1)秋冬野菜用の畝の作り作業開始です。
Cimg0005ak*先週に雑草刈りを終えていた菜園を久し振りに今週、台風の雨が降る前に急いで、秋冬野菜の畝作りの作業開始。
Cimg0001ak*先ず小型耕運機(最近連日の大豆畑、菜園と活躍です)で全面の耕作、連日の猛暑で土がカラカラに乾き土埃が舞ってます、流石に耕運機の威力は抜群で硬い畝が柔かく解れて来て良好な土壌に成りました。Cimg0008ak
Cimg0013ak_2 
Cimg0061akCimg0017akCimg0018ak*畝の根肥として「有機肥料の牛糞、鶏糞、腐葉土ミックス」を元肥に入れます。
Cimg0019akCimg0025ak*最後に控えめに「有機性の苦土石灰」を散布してHPの調整です。


 



2)秋冬野菜ポット苗の移植の開始。

Cimg0001ak_2*待望の雨降りで畝に水分が補充されましたので、先月より自宅でポットに種蒔きして育ててました「ブロッコリ、キャベツ、チンゲンサイ」苗を早速、菜園に移植しました。 Cimg0003ak  
Cimg0010ak_3*ブロッコリ(里緑)x約15本Cimg0008ak_2
Cimg0011ak*キャベツx約6本


*自家製のポット苗(ブロッコリ、レタス、キャベツ、チンゲンサイ等)は好評ですので知人にも苗を配ります。 Cimg0013ak_4
Cimg0006ak*チンゲンサイx8本









3)第一彈目の秋冬野菜類の種蒔き開始。
*今回の台風での久し振りの雨(本格的な雨は約2ヶ月振りでしょうか)が振り出す前に、早速急ぎの品目のみ種蒔きです。
Cimg0021ak*ニンジン(ひとみ5寸)を今年の第4回目の種蒔きです、 従来の畝(NO-11)では連作(約2年間程)に成りますので、今回から植え付けを新しい畝(NOー1)に変更しました。Cimg0030ak
Cimg0016ak*レタス(グレートレーク)の種蒔き。
Cimg0037ak*大根(関白、短系)の大豆畑の野菜用の畝に、昨年に出来が良かったので同じ品目を種蒔きです。Cimg0039ak
Cimg0040ak*大豆畑の野菜用の1本の畝に3分割で種蒔きです、この畝で苗が育てば後で移植しますので一時的に同じ畝に種蒔きです。
Cimg0035ak* ホウレンソウ(マルチ)

*タカナ

*小松菜(べんり菜)
Cimg0028ak

|
|

« ’10年度 大豆と小豆栽培の畑の様子 (NO-Ⅳ)     家庭菜園報告 NO-241 | トップページ | 新秋の季節の菜園の様子。   家庭菜園報告 NOー243 »

コメント

お邪魔します。
 サラサラとした土、青々とした苗、秋めいてきた畑の作業これから本番ですね。
 それにしても、素晴らしい畑の土、やはり耕運機の力が大きいのですね。私の畑は備中鍬で耕しますので土はゴロゴロの状態で種を蒔く状態になるまで何回も鍬で耕さなければならず大仕事です。
 いよいよ、秋冬野菜の種まき、苗の植え付けが本格化して
菜園は大忙しの様相に一変、にわか農家の人々が菜園に出てきました。私も頑張って菜園に出ています。
 仙人様も無理のない程度にかんばってください。

*龍山さん
 今の家庭農園は元々田圃でしたので、水捌けが悪く又、栽培が続きますと直ぐに土壌が硬く悪く成り勝ちですので、通常は鍬でしてますが最近は時々機械を入れませんと解れませんネ。
 涼しく成り、植え付け、種蒔きと忙しく成りツラレテて気が急きますが、余り周囲を見ない様?にマイペースを保つように心掛け居ります。   久米仙人

投稿: 龍山 | 2010年9月16日 (木) 08時13分

ブロッコリー、キャベツ、青梗菜の苗、立派ですね!
我が家は、ブロッコリーの仲間のスティック・セニョールを植えましたが、苗が徒長気味でひょろひょろしています~(あやうい旅路になりそうな~笑)
人参、レタス、大根、ほうれん草、高菜、小松菜とは、いろどりゆたかですね~
例年、大根がいまいちなので、今年は蕪をうえることにいたしました~
まだまだ残暑つづきですので、お体、ご自愛くださいませ~

*マルコさん
 ようやく涼しく成って来まして、外作業が俄然忙しくなり、あれも之もと野菜達が待ってますので気持ちが急いでます。
毎年この時期は同じ事を繰り返しているようですネ・・・
 ヤハリ冬物の定番は大根で毎年出来不出来の差が激しくて(土壌の相性が難しく)難しい作物ですね。
 少しは植えましたので、気長にやりますヨ。 久米仙人

投稿: マルコ | 2010年9月14日 (火) 10時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ’10年度 大豆と小豆栽培の畑の様子 (NO-Ⅳ)     家庭菜園報告 NO-241 | トップページ | 新秋の季節の菜園の様子。   家庭菜園報告 NOー243 »