« 秋の彼岸の頃の菜園 家庭菜園報告 NOー244 | トップページ | 秋雨の季節での菜園では。 家庭菜園報告   NOー246 »

2010年10月 4日 (月)

孟秋の季節の菜園の様子。 家庭菜園報告   NOー245

山陰地方も例年より約1週間程の遅れでようやく彼岸花が咲き出し、キノコや栗の実が採れ始めて秋が深まって来ました。
 連日の雨模様で秋冬野菜の植え付け準備で大変忙しく成って来ました。
1)サツマイモの試し掘り。
Img_0046akImg_0075ak*6月末に植え付けした「サツマイモ金時」のツルの勢いが出て来たので、9月30日 に試し掘りです。
Img_0074ak*今年も昨年と略同じ時期(10月3日)に試し掘りをしてますが、今年は予想どうり今夏の雨無しでの水不足の影響でしょうか?、全体に玉太りが遅く小振りの様(大きい物でも約200g程)で収穫には未だ々1月程は掛かるようです。

2)直播秋冬野菜種の発芽の開始です。

Img_0062ak*9月14日に植え付けの「ニンニク」が2週間程経過し待望の発芽しました、この後にマルチ架けをする予定で居ります。Img_0061ak
Img_0008ak*先週種蒔きの「聖護院カブ」が発芽です、カブは初栽培品ですので今後が楽しみです。
Img_0018ak*種蒔き専用の畝に直播の3種の内「千京葉ミズナ」「中葉春菊」が発芽しましたが、「九条ネギ」は時間が掛か様で未だ発芽しませんネ。 Img_0019ak
Img_0013ak*レタス(シスコ)、ラデッシュが可なり大きく成りましたので早速に間引き菜で朝食のサラダの具に成ります。Img_0023ak
Img_0012ak*レタスはソロソロ植え替えの時期でも有ります。
Img_0011ak*ポットより移植の「チンゲンサイ」が略収穫出来る程に育って来ました。






3)今昔物語??第4弾ーコンニャク芋の顛末記
ー失敗の巻。
*先回のコンニャク栽培の記事(7/16日付け)ブログ記事NOー236、の4)」にリンク
のその後の栽培の様子です。
Cimg8949ak*7月下旬頃
ーコンニャクの様子、 まるで南国の植物の様な葉が勢い良く茂っておりました。Cimg8945ak


Cimg0053ak*8月中旬頃
ー上部の葉身部分が黄色く変色し出して枯れ始めた。
Cimg0057ak2Cimg0039ak*8月下旬頃
ー猛暑の中突然の葉身の根元の辺りから枯れ出してポッキリと6株の全てが全く原因不明で倒れ始めました。
Cimg0059ak*やむなく根元を盛り返して「コンニャク芋」を掘り出しましたが、Img_0030ak
*大部分の芋は消滅しており写真のとうり 大小合わせて僅か6個のみで最大でも250g程度でコンニャクに加工するには最低でも400-500g以上の大きさの3年芋でなければ加工出来ないそうです。
*結論ー今回初めて栽培し色々と試しましたが、知人に確認しましたが枯れ始めるのは秋口頃からで、真夏に枯れる事は無いそうです。
(原因は不明ですが、水不足や土壌の不適合、肥料不足等?)で今回のコンニャク栽培は勉強不足で完全に失敗に終りました。
      

|
|

« 秋の彼岸の頃の菜園 家庭菜園報告 NOー244 | トップページ | 秋雨の季節での菜園では。 家庭菜園報告   NOー246 »

コメント

お邪魔します。
 今年の猛暑は、いろんなところに影響を与えていますね。
サツマイモ写真で見る限り綺麗な色で、美味しそうな芋に見えますが、後一ヶ月ほどかかるのですね。
 葉物の発芽は順調そうで、レタスとラデッシュ早々と食卓に登場ですか早いですね。
 コンニャクどうしたのでしょうか?熱中症にやられたのですかね。一年物や二年物も同じようになったのですか。それとも収穫年の芋に被害が出たのですか。それにしても残念ですね。

*龍山さん
 今年の猛暑は誰も(100年に一度だそうで)経験してない世界でその影響は計り知れませんです、作物にはこれから益々、春夏の異常気象の時の影響が出てきますネ。
 コンニャクは1,2,3年物の種芋10個を植え付けしましたが、真夏に突然倒れて、その後、掘り返してみましたが写真の様に、3年物が1個と1,2年物が数個取れただけで散々な結果で(コンニャク作りを期待してましたが)、新しい物への事前の勉強不足でした。     久米仙人 

投稿: 龍山 | 2010年10月 6日 (水) 16時01分

ラディッシュやレタス、早いですね!
ほんと、はつか大根とは、このことなのですね!
こちらは、まだ間引きができておらず、小さいままです!
涼しくなった畑での、赤い色、可愛いですね!
さつまいもは、もう少しなんですね!
こんにゃくいもは、ある日、突然にたおれちゃったとは、ずいぶんドラマチックです!
どうしたことでしょう!
こちらも水菜、ビタミン菜など、はものの発芽がつづいております~

*マルコさん
 この時期にはレタス、ラディシュ(若芽の内で殆ど無く成ります)は種蒔き後直ぐに育ちますので(真さしく20日大根です)間引きしまがら、サラダの具で重宝してますヨ。
 そうなんです、コンニャク栽培(資料が本もインタネットも殆ど有りませんので)は初めてで驚く事ばかりでした、
 ある日突然に変色しだし、根元からポッキリと折れ始めまして見る々内に全部写真の様に折れてしまいました。
葉身も最後も真にドラマの様でした。
知人に寄るとこんな事もザラに有るとの一言でした・・・事前の調査不足で後悔の極みです。     久米仙人

投稿: マルコ | 2010年10月 6日 (水) 09時53分

本当に今年はさつまいもの出来がよくありませんでした。カラッと乾いた土の方がよく育つと思っていましたが限度があるのでしょう。
猛暑というのも影響したのでしょうね。
5月初めに植えた芋もいまだに小さいものしか収穫できていません。
来年度から新しい畑に移動するのでまだにんにくを植えていません。
植え付けが遅くなるので出来を心配していますthink

*maoさん
 来年度から新しい畑に移動の予定では、長期に作物の植え付けが出来ませんから春先の予定が狂い大変ですネ。
 サツマイモは元々暑さ向きの作物で今年の様な猛暑は得意?の筈が、日本向けに改良?されているのか?余り出来が良く有りませんがネ、元々気長な作物ですからこれから猛暑のお陰で甘味が増すのを気長に期待してます。
 久米仙人

投稿: mao | 2010年10月 6日 (水) 09時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の彼岸の頃の菜園 家庭菜園報告 NOー244 | トップページ | 秋雨の季節での菜園では。 家庭菜園報告   NOー246 »