« 秋雨の季節での菜園では。 家庭菜園報告   NOー246 | トップページ | 秋晴れの日々の菜園と脱穀作業。         家庭菜園報告 NOー248 »

2010年10月18日 (月)

秋深し我が家の菜園の様子 家庭菜園報告    NOー247

山陰地方も今週は秋晴れの日が続き、周囲の田圃ではハゼ干しの稲の脱穀作業が多く見られ出し、真に秋深しの気配です。
 我が家のの菜園、畑も第一弾の秋冬の種蒔き植え付けが一区切り付き、外作業も一段落して来ました。
1)ゴボウの初収穫と成りました。
Img_0059ak*昨年10月末に秋蒔きした「ゴボウ中長」が冬の寒さ、今年の猛暑にも負けず、待望の初収穫が出来ました、ご承知の様に「ゴボウ」は春蒔きと冬を越す秋蒔き(初夏の頃に収穫)が有りますが、当方の昨秋蒔きのゴボウは発芽の時期遅れや(発芽直後に気温が下がり)、又春の低温の影響等で非常に生育が遅れての夏過ぎての秋時の収穫と成りました。
*今年は種蒔き時期を早めに調整します。
Img_0177ak*実はゴボウ栽培は数年前から菜園にて何度も種蒔きしましたが土壌の適正や管理が悪く、今まで発芽、葉身の育ちが不十分(途中で葉身株が消えてしまい?)で収穫まで育たずに失敗続きの問題児?の野菜でした。
Img_0176ak*今回、大豆畑に場所を変えての「ゴボウ」は待望の出来栄えで(形は余り良く有りませんが)の初収穫が出来て永年の念願を果たしました。 Img_0069ak











2)落花生の鳥対策(ネット架け)作業です。

Img_0064ak*昨年の自家採集種で栽培した「落花生」が遅ればせながら、実が付いて大きく成りだしましたので、昨年は鳥の被害に遭いましたので早速に鳥対策様のネット架けをしました、ブログで見ると他の地域では早や収穫の時期ですが、当方は写真のとうり、今年は遅れて葉身は未だ々青々として此れからで収穫は可なり遅そうです。
Img_0066ak Img_0156ak








3)秋冬用の直播種の発芽。

Img_0073ak*9月下旬に再度(先月中旬種蒔き分は発芽不良でしたで)種蒔きした「ニンジン時無し5寸、新黒田5寸」が約2週間経ちようやく発芽と成りました。Img_0126ak
Img_0125ak*今の所
 「ニンジン時無し5寸、と新黒田5寸」2種には発芽状態、率(約80%程度)には大差は無いようです。

Img_0124ak*先々週に種蒔きの「九条ネギ」がようやく発芽しました、ネギ類は意外と発芽に時間が必要で、更に育ちにも約半年程以上も時間が掛かりますが、若芽を間引きしながら其の苦味を味わいます。Img_0122ak

Img_0173ak *小松菜(みどり菜)とチンゲンサイ








4)大根の間引きと成りました。

Img_0039ak*9月上旬、に直播きの「大根、関白」が元気に発芽して本葉も6,7枚に十分に成りましたので第二回目の間引きの程に大きく成りましたImg_0042akので、早速大根の2本立てまでに間引き作業です。Img_0071ak

*早速に御覧のように大根の間引き菜をサラダの具やシラスとの和え物等で新鮮な苦味を味わいましたImg_0078ak
*先月中旬に種蒔きの「聖護院カブ」も本葉が大きく成りましたので、早速、2本立てに間引きです。

|
|

« 秋雨の季節での菜園では。 家庭菜園報告   NOー246 | トップページ | 秋晴れの日々の菜園と脱穀作業。         家庭菜園報告 NOー248 »

コメント

こんにちは。
ゴボウの初収穫おめでとうございます。
初めて手掛けるものはなかなか要領を得ていないので思うようなものを収穫するには多少の屈曲が付きもので、出来た時の喜びはひとしお! 来期はまっすぐ伸びた子根無しゴボウの出現になると思いますね。
そちらは未だ未だ楽しめそうですね。当方はいよいよもって寂しい畑になりつつあります。ネットも支柱も無くなりました。盛岡は初霜のニュースです。

*wakaboshiさん
 お陰様で、今年初めて牛蒡が取れました、牛蒡の栽培は正直2,3年程難しくて諦めてました。
其れだけに感激が強いですヨ。
ヤハリ作物は土壌が大切ですね・
盛岡は初霜ですか?日本は狭いようで広いですね・・・
 東北は暫くは我慢の季節が続くようですが、其れ成りの冬の釣りと味覚の楽しさでお過ごし下さい。   久米仙人

投稿: wakaboshi | 2010年10月19日 (火) 13時49分

お邪魔します。
 牛蒡の収穫まずまずの出来で、長年の苦労が報われましたね。牛蒡は柔らかく水はけの良い土に深く耕して植えなければならないので大変でしたでしょうご苦労様でした。
 私のところも大根、蕪、人参等の間引きが終わり本格的な秋野菜の成長が始まっております。間引き菜は浅漬けや味噌汁、白和えなどでいただき重宝しております。サラダも美味しいのでしょうね。

*龍山さん
 ブログにも書きましたが、牛蒡は永年の念願の収穫と成りました。
 実は市民菜園は元は田圃で40cm底に真砂土が有り又土壌の質が根菜に不向きで、牛蒡、ニンジン等は皆が殆ど作ってませんで諦めてましたが、別の大豆畑で栽培してようやく、収穫出来ました次第です。
 葉物は新鮮さを味わう為に意識して間引き菜で食材として食べて、レタス等物によっては大きくなる前に消費してますヨ。     久米仙人

投稿: 龍山 | 2010年10月19日 (火) 08時00分

牛蒡の収穫、おめでとうございます!
長くかかっても、牛蒡は牛蒡ですから、お喜びもひとしおかと~!
こちらも、いちねんがかりで牛蒡が出来た時は、めちゃくちゃ嬉しかったものですから~
そちらの人参、九条ねぎ、大根ともにいい具合いにそだっていますね!
こちらは、九月蒔きにはじまり、何度も種蒔きをくりかえすほど、ムシとの戦いになっています
ストチューも、効果なしのようで、懲りずに種蒔きをつづけています~(笑)
土壌に問題があるのかもしれません~

*マルコさん
 牛蒡の収穫には感激物でした、正直言って種蒔きから約一年程も掛かりましたので、本来は秋蒔きは初夏の頃の筈が、春巻きと同じ秋にヤット出来ましたので。
何年もTRYしましたが中々最後まで出来ませんでしたので、ヤハリ自家採れは柔かく、味が濃厚で感激物でしたネ。
 当方も菜園は害虫が増えたようで、一部の葉物は植え直ししました、無農薬栽培では非常に厳しいものが有りますヨ。                久米仙人

投稿: マルコ | 2010年10月18日 (月) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋雨の季節での菜園では。 家庭菜園報告   NOー246 | トップページ | 秋晴れの日々の菜園と脱穀作業。         家庭菜園報告 NOー248 »