« 秋深し我が家の菜園の様子 家庭菜園報告    NOー247 | トップページ | 暮秋の季節の菜園では・・  家庭菜園報告     NOー249 »

2010年10月25日 (月)

秋晴れの日々の菜園と脱穀作業。         家庭菜園報告 NOー248

山陰地方も今週は晴れの日が続き、野も山も秋が真っ盛りです。
 今年は日中未だ20度以上の日も有り気温の加減で、未だ野山の紅葉の色付きは遅れて居る様です。
1)ハゼ干しの稲(自然栽培米)の脱穀作業の手伝い。
Img_0200ak *先月下旬に稲刈り作業(ブログ記事のNOー244にリンク)の手伝いをした「ハゼ干しの稲」が約3週間程経過し連日の快晴続きで十分に乾燥したので、ようやく「稲の脱穀作業」と成りました
Img_0202ak*この親類の田圃では自然栽培農法米(完全無農薬、無除草剤、有機堆肥のみ)で米作りをしていて、
毎年自家消費用の米と自家製味噌用の米をこの方から分けて頂いておりますので「春の田植え、草取り、稲刈り、稲扱き、稲扱き 」自然栽培作業を手伝っております 。Img_0209ak
*通常は稲刈りと脱穀作業はコンバインで同時にヤッテしまいますので、この「ハゼ干し稲」の脱穀作業は可なりの時間と人員の掛かりる作業と成るので、「自家消費用のお米の収穫」場合だけやる事が多い贅沢なお米です。Img_0214akImg_0226ak
Img_0225ak*今年の籾米の収穫量は夏の異常天候の影響等で昨年度より約10%程(1袋分)の減量と成りました。
*この籾米は後日、使用する時に籾刷り、精米して新鮮な状態で食べます。



2)冬野菜ポット苗の移植作業。
Img_0256ak*9月中旬にポットに種蒔きの自家栽培苗「キャベツ四季みどり」がようやく本葉が4,5枚に育ちましたので、菜園畝と大豆畑に分割して移植しました。
Img_0259ak*菜園の畝に「キャベツ四季みどり」 畝x10本苗
Img_0279ak*大豆畑畝に「キャベツ四季みどり」Img_0275ak苗x8本。
Img_0278ak*白菜国宝85苗x8本  Img_0267ak
*レタスシスコ苗を別畝に12本移植。
Img_0268ak









3)初収穫の野菜です。

Img_0243ak*6月22日に移植した自家製苗の「キャベツ、ニュートップ」が、夏の猛暑や害虫の被害(完全無農薬では)にも負けず今期初の秋採り収穫となり、そのキャベツの玉付きに感激です。Img_0244Img_0249ak
Img_0251ak*先週にようやく実が付き始めた「ツる無しインゲン」がこの時期では遅ればせながら初の収穫と成りました、インゲンは実が付き出すと急激に実り付き盛り時期が短ちかい作物です、早速ゴマの和え物や天麩羅等で旬を味わい残りは冷凍で保存します。Img_0085ak
 











4)秋冬葉物の間引き作業が捗ってます。

*お陰様で気候が落着きだして秋冬の葉物が元気に成って来ましたので早速、間引き作業です、勿論間引き菜の和え物、サラダの具で若芽の柔かさを味わいます。
Img_0288akImg_0270ak*ミズナ京葉の若芽の間引き菜。
Img_0285ak*大葉春菊の若芽の間引き菜
Img_0274ak*聖護院カブの若芽の間引き菜
Img_0290ak2*ニンジン「新黒田5寸、時無し5寸」の若芽の間引き菜。
   

|
|

« 秋深し我が家の菜園の様子 家庭菜園報告    NOー247 | トップページ | 暮秋の季節の菜園では・・  家庭菜園報告     NOー249 »

コメント

あららら~コメントさせていただいたものが、消えているようです!どうしたことでしょう~!?
でも、懲りずに又、書きます!
天日干しの脱穀作業、おつかれさまです!
なんといっても天日干しの新米は、もっちりして、味に深みがあり、おいしいんですよね!
塩だけのおにぎりで、いただいてみた~~~いです!
残念なことに、こちらでは入手しにくく、オートメーション化された新米をいただいております(笑)
新米もですが、そのキャベツにビックリ!!!
あの猛暑の夏をくぐりぬけ、なんと綺麗に育っているのでしょう~
どうしたらそんなに綺麗に出来るのでしょう~
何か、秘訣があるのでしょうか~!?
レクチャーいただけたら、嬉しいんですけど~
水菜も、綺麗にできていて、ただ、見とれています(笑)

*マルコさん
 自然栽培のお米ですからその分時間と手間(田植え、草取り、稲刈り、脱穀と)が掛かりますヨ、自分が食べる米だから出来て、ある意味其れだけ贅沢なのかも知れませんがネ。
 キャベツ、葉物等は無農薬、有機栽培では例年害虫との闘いは避けられない問題で対策としては特別な方法は未だ有りません。
植え付けた時から被害に遭うのは予定どうりで、ですから同じ物を時期をズラシて何回も植え付けして、残った最善の栽培状態の野菜を見つけて其れを育ててます。
 今年も既に害虫に遣られいるキャベツ、等も有りますが、昨年に比べて被害の時期が短ちかい様ですね(ネキリ虫等は出てませんヨ)。     久米仙人

投稿: マルコ | 2010年10月28日 (木) 11時23分

こんにちは。
秋の良き天候に恵まれて作業が捗っている模様、近年ハゼ干し稲風景~見る事が少なくなりましたが、ご親戚では自然栽培農法米としてやられているのですね。良き天気に乾燥されて一段と美味しさが増したお米の誕生ですね。更にはお味噌に加工されて久米家の食卓を飾る!!
苦労はつきものですが、逆にこんな贅沢は誰彼に出来るものではない幸福感に繋がるものですね heart04
未だ未だ作業が続くみたいですのでお身体お大事に!!

*wakaboshiさん
 今では田舎でもハゼ干しでの稲の自然乾燥を遣るのは少なく成りましたネ。
正直、手間が掛かりすぎて通常の農家での稲作りでは色々難しくて出来ませんネ。
実は作業を手伝っている親類も、専業農家ではなく4年前から自然栽培の米作りを始めた人達です、勿論、栽培方法や機械や道具は農家の方から力を借りまして(今の農業は田植え機等大型機械が無ければ出来ませんから)お互いに3軒で助け合って、栽培してます。
その分有難く貴重なお米を食べてますヨ。
 秋冬物は一段落付いて少し落着いた所です。  久米仙人

投稿: wakaboshi | 2010年10月27日 (水) 13時51分

お邪魔します。
 私達が子供のころは、100%ハゼ干しのお米でしたが
現在は、コンバインで刈り取りと脱穀が一度で済んで
しまい楽になりましたね。
 久米仙人様の親戚では、完全有機栽培のお米を作って
自分たちの飯米にしているのですね。さぞかしおいしい
お米なのでしょうね。仙人様宅もこの美味しいお米を分
けていただき、お味噌もこのお米で作るのですね。贅沢
の極みですね。
 春採りのキャベツ苗の植え付けですか?一方では秋冬
野菜の間引き菜を楽しみ、インゲン豆やキャベツの収穫
に喜び、楽しい菜園生活も冬に向けて最終コースに向か
いますね。これから寒くなりますのでお互い健康に留意
して頑張りましょうね。

*龍山さん
 最近は田舎でもハゼ干しのお米は自家用分しか遣りませんから、大変貴重なお米です(その分時間や労働が掛かりますが)。
其も完全有機栽培米を自家用に食べ、味噌に使用してますので大変有り難いことで、此れも田舎暮らしの贅沢ですネ。
何せ、無農薬で栽培してますので、葉物等は秋、冬、春と同じ物を分割し連続し栽培して、害虫や気候に備えて育ちの良い物を選び残して栽培してますので、何時も気が休まりませんネ。                
 その分、この時期のキャベツ、インゲンは貴重です。
                 久米仙人

 

投稿: 龍山 | 2010年10月26日 (火) 13時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋深し我が家の菜園の様子 家庭菜園報告    NOー247 | トップページ | 暮秋の季節の菜園では・・  家庭菜園報告     NOー249 »