« 暮秋の季節の菜園では・・  家庭菜園報告     NOー249 | トップページ | 大豆と小豆栽培の畑   家庭菜園報告     NOー251 »

2010年11月 8日 (月)

紅葉の季節の菜園の様子。  家庭菜園報告 NOー250

山陰地方も連日の秋晴れ続きで、山では段々と紅葉が始まって来ましたが、里は秋の気温が高い影響で今年は少し遅れ気味で未だ々色付きが控えめです。
 菜園も秋野菜類が色々と待望の収穫の季節と成って来ました

1)落花生の初試し掘りです。
Img_0428ak*5月上旬に種蒔きした「自家採集種の落花生」がようやく 葉身が枯れ始めましたので本日2株程試し掘りをしました。
*昨年は11月14日に全収穫してますので、今時が先行試し堀の時期です、
Img_0432ak*ご承知の様に「落花生の収穫時期」は非常に難しくて一般には目安として「葉身の枯れた時」が有りますが、実際は「試し掘り」での「実付き具合、外殻の確りとした網目や色付きの濃さ等」で判断するのが最適です。
Img_0431ak*今回の試し掘りの落花生の状態は、実の付き具合は約半数が未だ小振りで、網目の出来具合も不鮮明で、仲の実の育ちも不足ですので、収穫としては早過ぎで未だ々2週間程の時間が掛かりそうです。 Img_0442ak Img_0444ak










2)ショウガの初収穫と成りました。

Img_0417ak*5月18日に植え付けしました「ショウガx500g」が葉身が枯れ始めましたので試し堀を兼ねてようやく「2株だけを初収穫」しました。
Img_0419ak*今年の猛暑の良い影響とマルチ架けでの乾燥防止の効果等で2株ほどですが昨年に比べて良好な出来栄えと成りました、「ショウガの栽培」は家人の強い要望ですのでこの出来栄えですと此れで一安心です?Img_0421akImg_0423ak









3)待望の大根の初収穫です。

*9月7日種蒔きの「大根関白」が待望の初収穫出来ました、写真の様に未だ小振りですが我が家では小振りな内から方が辛味や堅さが少ないのでこの状態の物が調理の食材としてはモットも重宝して、早取りで収穫します。
Img_0424akImg_0425ak








4)葉物も害虫に負けずに元気で育ってます。
Img_0346ak
*9月上旬に今期第一弾として移植したキャベツが この夏の残暑での連日の害虫青虫等との戦いに耐えて(、写真の様に外葉はスダレ状態ですが) 完全無農薬栽培でも元気に復活し育って、先日は待望の収穫までに成りました。 Img_0364ak
Img_0244ak2*同じ時期に移植の写真右側の「
白菜」も無農薬栽培で現在害虫等との闘いで復活の最中です。 

Img_0348akImg_0375ak_2*同じくブロッコリも青虫と闘争中です、然し今年は土壌の天地入れ替えの成果?今の所は根切り虫等は比較的見当たりませんネ。

|
|

« 暮秋の季節の菜園では・・  家庭菜園報告     NOー249 | トップページ | 大豆と小豆栽培の畑   家庭菜園報告     NOー251 »

コメント

こんにちは。
未だ未だ自在に作業できる状況~羨ましいですよ!
此方は既に畑は3分の2以上が裸同然となっております。残るは大根、ホウレン草、水菜、旬菊、パセリ程度かな? 落花生は手掛けた事なし生姜は寒冷地では育たない経験でやめました。 冬は熊と同じで冬眠です。

*wakaboshiさん
 秋も深まりましたが、畑は未だ々、これから玉ネギ等で終りそうも有りません。
其れに大豆小豆の収穫が終りませんと冬休みが来ませんでの、気が急く分?ある意味ソチラが羨ましい面も有ります。
 然し、落花生やショウガ、柿等の秋の実の成る物が収穫が出来て好いです。
当方と一緒で?此方の熊も冬眠の準備で未だ々野山に出没してますヨ。
                        久米仙人

投稿: wakaboshi | 2010年11月12日 (金) 13時18分

お邪魔します。
 落花生のためし掘り、まだ充分実が入っていないようですが、例年より遅れているのですか? 
 生姜は大丈夫のようでよかったですね。大根も立派に成長して収穫が楽しみですね。
 今日、奈良では初霜が降りましたが、仙人様のところはまだ降りませんか。水菜やキャベツなどは霜が降ると甘味をましておいしくなりますが。花などはしおれてくるので苦労しております。

*龍山さん
 御覧の様に落花生は未だの様です、昨年の自家の種より作りましたので(昨年も余り良い出来では有りませんでした)で出来は今一の様です、ヤハリ良い種は重要ですね。
其れと自然栽培(堆肥のみで化成肥料等は無し)の土壌では要肥料系の根菜には栄養不足の様ですネ。
 此方も初霜が降りましたが幸い当方の野菜類(サツマイモやインゲン等の葉は枯れましたが)には影響は有りませんでしたネ。            久米仙人
 

投稿: 龍山 | 2010年11月11日 (木) 15時26分

落花生、生姜、キャベツに大根と、収穫のたのしみが次々に続きますね!
そして、山では紅葉が始まっているようす~
写真にうつるそちらの日差しが、なんともやわらかです
こちらでは、九月蒔きの大根、蕪、青菜類が、依然パッといたしません~
あまりに暑い日がつづきましたので、例年より少し遅めに種を蒔いたことが災いしているかもしれません
アッというまに短い秋から冬ですものね!
今年は、ゆっくり休めのシーズンなのかと、自らを慰めております~(笑)

*マルコさん
 先週は秋晴れの日が続き、真に実りの秋と成り家庭菜園の醍醐味の季節です。
 秋冬の野菜の種は当方も何度も害虫に遣られたりしてますが、懲りずに次々に何回も蒔いて育ちの良い時期を探してるのが現状です。
当方の方はこれから最重要の「大豆、小豆」の収穫が有りますので未だ々冬休みは当分来ませんネ・・・ 久米仙人

投稿: マルコ | 2010年11月10日 (水) 10時15分

しょうがは暑い方が生育がいいのですか?
初栽培のためよくわからず、夏の猛暑で半ばあきらめていました。葉の部分がかなり小さかったので。
まだ望みはありますね。
苗で購入した1株だけですので、試し掘りは出来ずもう少しこのまま待ってみます。

*maoさん
当方も2年目ですが、 ショウガは連作を嫌い、高温多湿、暑さを好むそうです、乾燥を嫌いますが、然し水捌けが悪いと腐りますから難しい根菜ですネ。
その分今年の猛暑が幸いしたようです。
 又、マルチや敷き藁が良いようで真夏の乾燥期に水遣りを遣れば効果的だそうです。 
未だ々 楽しみがありますね。          久米仙人

投稿: mao | 2010年11月 9日 (火) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暮秋の季節の菜園では・・  家庭菜園報告     NOー249 | トップページ | 大豆と小豆栽培の畑   家庭菜園報告     NOー251 »