« 寒冷の季節の菜園 家庭菜園報告 NOー255 | トップページ | 新年 とんどさん祭りの様子。  家庭菜園報告 NOー257 »

2010年12月27日 (月)

10年度 大豆と小豆栽培の様子 NOーⅥ    家庭菜園報告 NOー256

山陰地方も今週は雪がチラつき本格的な冬が始まりました。
雪模様の日々の晴れ間にヤット大豆作業が出来ました。
 今年の「大豆栽培」6月の種蒔きから約半年が経ち先週ようやく刈り取りの収穫も終わって、今回「大豆の脱穀作業」が終り一区切りが付き、此れで今年の菜園作業も全て終わりと成りました。
 
*前回のブロク「大豆と小豆栽培 NOーⅤ NO-254」(リンク)に引継いての報告です
 Cimg8708ak)今年の大豆栽培と刈り取り作業と屋内保管。

*6月中旬、大豆の種蒔きの作業です。
Cimg8909ak*7月下旬頃、大豆若葉の出揃った頃。
Img_0711ak*11月中旬、大豆が実が成熟し乾燥が始まりました。
 Img_0834ak
*12月上旬、大豆の刈り取り作業です。









2)大豆の脱穀作業です

*12月中旬。

Img_0998ak*軽トラックでの大豆移動作業。
約2週間程屋内で乾燥させた大豆を知人より借りた軽トラックで約3回分を大豆畑に移動しての作業です。

Img_1026ak*脱穀機の借り出しの様子。
JAにてビーンスレツッサー(脱穀機)を借りて軽トラックにて大豆畑に移動、この機械は非常に大型で重量が有り軽トラでの移動に苦労しました。 

Img_1000ak
*大豆の脱穀作業。
Img_1017ak
Img_1012ak*今年は天候の具合で急な脱穀作業と成りましたので人出が無くて大変でした。 
Img_0996Img_1010ak









*収穫跡の大豆畑と小豆畑の様子。

Img_1023ak*大豆の収穫の後の畑。Img_0984ak
Img_1005ak*小豆の収穫後の畑。
   

Img_0982ak 









3)今年の収穫した大豆。

*今年の大豆の総収穫量は
  白大豆ー約40kg (選別前総量)。
  青大豆ー約4kg  (選別前総量)。
 
Img_1031akー今年は大豆分の作付け面積を昨年より約+20%程増加し23畝(4,500株)を栽培しましたが、結果として収穫量は約25%程の減量と成りました。  
Img_1059ak*選別前の白大豆。Img_1062ak
Img_1068ak *今年の大豆は例年に比較して不良品(未成熟)豆の割合(良品率約65%弱程度)が多く目立ってます。
Img_1065ak*選別前の青大豆。
非常に綺麗な色艶をしてますが実の入りが極端に少なくて栽培は可なり難しい品種です。   




*今年の大豆の栽培の総論。
全体に大豆の株の育ちが小振りで豆の鞘への実入り不良が目立ちます、主因としては花芽が盛況に咲く春の低温気候と、梅雨時の雨不足での水不足との異常気候が鞘への実入りに最大の悪影響が出ました様です。
 今年ほど大豆の生育が悪い出来はこの数年度初めての事で(周囲の多くの大豆栽培農家も同で様です)今年の大豆の良品率は昨年に比べ大幅な減量(収率約65%)と成りました。

*反省としては、来年の大豆種蒔き用の種の再選別と大豆栽培面積の拡大と種蒔き時期の再調整と天地返し等の土壌の改良等を検討します。
4)今年の手作り自家製味噌の熟成の様子。
Cimg9271ak*8月上旬の自家製味噌Cimg9272ak*今年の2月上旬に仕込んだ「自家製味噌」、雑菌も無く色合いも良く順調な熟成をしてこの冬には初の取り出し頃と成りそうです。 Cimg9277ak_2 Cimg9279ak






*今年もブログにお付合い戴きまして有難う御座います、年末年始は暫く休みますので新年1月中旬頃に再開させて頂きますので、来年も宜しく願います。

|
|

« 寒冷の季節の菜園 家庭菜園報告 NOー255 | トップページ | 新年 とんどさん祭りの様子。  家庭菜園報告 NOー257 »

コメント

お邪魔します。
 夏の猛暑の影響を受けながらも立派に育った大豆、仙人様の努力が報われた収穫でしたね。
 あの猛暑を考えると最高の出来だったと思いますね。
 それよりも、あの沢山の大豆の処理を仙人様は良く処理できましたね。驚きと共に関心しております。
 2月に仕込まれた味噌も順調に熟成しているようで、新年には新しい味噌汁がいただけるのではありませんか。
 いつも、菜園の様子を発信していただき、ありがたく参考にしながら菜園作業を進めております。来年も元気で菜園の情報を発信してください。本年は有難うございました。
 良いお年をお迎えください。

*龍山さん
 今年ようやく大豆の収穫も何とか終わり、一息付いてます。
しかし今年程大豆栽培の難しさと厳しさを(猛暑にモロニ遣られましたから)経験したのは初めてで、正直、少しでも収穫出来ただけでも自己満足(家人と二人ですので)して、何とか味噌用には充分に足りますので感謝してます。
 今年の味噌もようやく食べれそうで出来上がり具合(ご承知の様に自家製は気候や材料で毎年熟成が全く違いますので)が楽しみです。 
 今年は此れでお仕舞に成りますが、来年も「家庭菜園の記事のみで変化有りませんが」宜しくお願いいたします。
                           久米仙人

投稿: 龍山 | 2010年12月29日 (水) 10時54分

久米仙人さん、こんばんわ~

大豆の脱穀作業、お疲れ様でした!
脱穀機を軽トラックに乗せるの、一体どうなさって!?
まさか、多人数で担いでのせるわけにもゆきませんでしょうし~トロッコ方式か何かでしょうか!?
今年は、どちらでも難しかったようですね!
それにしても、悪条件下で、まずまずの収穫でいらっしゃるのでは!?
これから年があけましたら、恒例の味噌の仕込みにはいられるのですね!
今年、仕込まれたお味噌、もう召し上がられたのでしょうか~
自家採取の大豆でつくられたお味噌を召し上がっていらっしゃること事態が、なんとも素晴らしく思えてなりません
いよいよ、今年も残すところあと僅かとなりました!
一年を通して、たいそうお世話になりました
どうぞ、良い年をお迎えくださいませ

*マルコさん
 お陰様で例年より遅れ気味(育ちと乾燥が遅く)でした大豆の脱穀作業がヤット終わりましたので此れで新年が安心して迎えられますヨ。
 借りた脱穀機は実は軽トラックの荷台と略同じ大きさですので、ご指摘のように載せと降ろす時が一番大変でした、脱穀機は良く見るとお解かりの様にキャタピラー付きの自走式で、上げ下げ時は同じ幅のアルミ製の渡し板で載せますので、その時が落下し易く一番危険で神経を使いました。
 今年仕込んだ自家製味噌は未だ食べてませんがソロソロ1年間程熟成しましたのでこの年末にでも初出しを予定してますので、出来上がりが楽しみです。   久米仙人

投稿: マルコ | 2010年12月27日 (月) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒冷の季節の菜園 家庭菜園報告 NOー255 | トップページ | 新年 とんどさん祭りの様子。  家庭菜園報告 NOー257 »