« 落葉の季節での畑  家庭菜園報告 NOー252 | トップページ | ’10年度 大豆と小豆栽培の様子 (NO-Ⅴ)     家庭菜園報告 NO-254 »

2010年12月 6日 (月)

晩秋の頃の家庭菜園作業 家庭菜園報告     NOー253

山陰地方も日々に寒さが厳しく落葉の季節も過ぎて、冬の気配が迫ってきました。
 菜園も段々と秋の収穫や冬支度の準備で忙しく成り慌しく作業してます。
1)春豆
3兄弟の種蒔きがようやく終りました。Img_0759ak
Img_0761ak*恒例の春豆の三兄弟「ソラマメ、グリンピース、キヌサヤ」の種蒔きです。
Img_0762ak*ソラマメは今年は大粒種の「お多福」の直播で16箇所(1箇所x2粒種)に種蒔き。
Img_0766ak*グリンピースは恒例の「グリンピース」の直播で30箇所(1箇所x3粒)
種蒔き。
Img_0767ak*キヌサヤ は白色花の「ツル有りキヌサヤ」の直播で30箇所(1箇所x4粒)に種蒔き。
Img_0770ak*豆は点撒きの間隔は約20cm程で厚撒きですので発芽後の春先頃に新芽を1本立ちに間引きします。
Img_0771ak*種蒔き用の畝は夏野菜類の支柱を残しそのまま豆類のツル用ネットや添え木支柱の外枠に使用します。
Img_0898ak*此方の地方は1,2月には雪が降りますので防寒と新芽の雪負け防止に、早速に恒例の「寒冷紗」を架けました、此れで安心して冬が越せます。 Img_0900ak

   








2)ショウガの収穫が終りました。

Img_0804ak*5月18日に植え付けの「ショウガx種芋500g」10株が先月中旬の試し掘りで未だ少し早過ぎでしたので、ようやく本日本収穫と成りました。
Img_0806ak*収穫量は新ショウガx20個、根ショウガ10個程です。Img_0811ak
*昨年は植え付けの時期が遅すぎ、根肥え不足、乾燥防止対策不足等で余りで気が好く有りませんでしたが、今年は其々の対応⁽マルチ架け等)が良かった勢で非常に良好な収穫が出来ましたので、家人の希望も強く?食材としても重宝ですので来年は植え付け量を増量の予定です  Img_0809ak










3)落花生の収穫作業です。

Img_0789ak*5月上旬に種蒔きした「自家採集種の落花生、白皮、赤皮色大粒半立」x10株程の葉身が完全に枯れて、先月の試し掘りでの具合でようやく収穫と成り、総量で約2kg程度です。
Img_0796ak*株はそのまま葉身を落として日陰にて約1月乾燥後に鞘を取り更に豆を乾燥させます。
Img_0797ak*落花生は昨年度より栽培を始めましたが、今年の鞘、豆の付き具合も大小バラバラです、昨年同様に余り成績はよく有りません。
*色々と調べてみましたが栽培方法が今一掴めませんし改良点が未だ不明です、此方の土壌は余り適合して無い様ですので、今の所は来年度は「落花生の植え付け」は中止するかもしれません。Img_0794ak
   








4)インゲン豆の収穫が終わり跡片付け作業です。
Img_0876ak*今年の猛暑で一時は収穫が危ぶまれた「ツル無しインゲン」が秋に成り勢い復活し良好な収穫が出来て秋の食卓を盛り上げてくれましたが、遂に終わりと成りました。Img_0877ak
Img_0894ak*インゲンのその後は菜園の側の堆肥(枯れ草の腐葉土と牛糞ミックス)と根肥え(油カス、鶏糞ミックス)を入れて暫くの天日干しの後に葉菜類の移植用の畝として耕作します。 Img_0896ak

|
|

« 落葉の季節での畑  家庭菜園報告 NOー252 | トップページ | ’10年度 大豆と小豆栽培の様子 (NO-Ⅴ)     家庭菜園報告 NO-254 »

コメント

お邪魔します。
 師走に入って、タマネギの植え付け、春豆三兄妹の種まき
生姜の収穫、落花生の収穫、インゲン豆の後始末、雪害対策の寒冷紗と大車輪の働きご苦労様でした。 
 1年間の疲れた身体は、冬休みの間に温泉などで癒して来年に備えてくださいね。

*龍山さん
 お陰様で大体の春物の準備は終わり、秋冬物の収穫のみで一段落しましたが、実は本チャンの大豆の収穫と脱穀が未だ此れからですので此れが終りませんと冬休みには入れません・・・トホホ。
 ソロソロ年間の成績表等もまとめる時期にも成りましたので此れも残務整理では重要ですネ。  久米仙人
 
 

投稿: 龍山 | 2010年12月10日 (金) 16時26分

こんばんわ

こちらでもエンドウマメ類には霜や雪対策が必要です!
現在は、昨年と同じミニ・温室にしていますが、もしかしたら不織布のほうがいいかもです!
ある程度、自然の試練に立ち向かった方が、丈夫な苗になりそうなので~
生姜、いいですね!
寒い季節の生姜は、とりわけ暖まるので欠かせません
ピーナッツ、実がたくさん付いているように思えましたが、来年は、お蔵入りなんですか~ションボリ

*マルコさん
 今年は例年より比較的暖かいですが、早速豆類は寒冷紗でノンビリと越冬の準備と成りましたヨ。
 当方の経験に拠れば、雪の中でも寒冷紗で充分育ち、具合は宜しいようです(露地での早くの発芽は霜雪負けしましから)。
 ショウガは昨年より栽培して余り良く有りませんでしたが、今年はマルチと種芋のお陰で(低肥料の畑でも)良い出来と成り、食材で重宝しますので家人に喜ばれてます。
 落花生は3年栽培しましたが余り結果が良く有りませんので来年の栽培は今の所は未定ですネ。      久米仙人

投稿: マルコ | 2010年12月 7日 (火) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 落葉の季節での畑  家庭菜園報告 NOー252 | トップページ | ’10年度 大豆と小豆栽培の様子 (NO-Ⅴ)     家庭菜園報告 NO-254 »