« 晩秋の頃の家庭菜園作業 家庭菜園報告     NOー253 | トップページ | 寒冷の季節の菜園 家庭菜園報告 NOー255 »

2010年12月13日 (月)

’10年度 大豆と小豆栽培の様子 (NO-Ⅴ)     家庭菜園報告 NO-254

山陰地方も先週から雨模様の日が多くて晴れ間を縫っての作業です。
  大豆栽培は前回のブロク
「大豆と小豆栽培 NOーⅣ NO-241」(リンク)に引継いての報告、大豆も6月の種蒔きから半年経ち、ようやく収穫の時が到来し今回の「大豆の刈り取りでの収穫」にて今年の大豆作業も区切りが付き、後は「大豆の脱穀作業」を残すのみと成りました。

1)初秋、大豆の実入りの季節の様子。
*大豆は6月1日に種蒔き
大豆の植え付けは全23畝(約2,800株)(青大豆x3畝、400株)
*9月20日 -種蒔き後約3ヶ月経過。
Cimg8161ak*今年の大豆株の生育状態は1本の葉身の鞘の付き数や実の入り具合も昨年に比べると約半月以上も遅れている様子です。Cimg8176ak
Cimg8175ak*原因としてはヤハリ今年の花芽が盛況に成る春の低温気候と、梅雨時の雨不足での水不足が等の異常気候が花芽の咲きに最大の悪影響が出ました様です。Img_0071ak










*10月13日ー種蒔き後約4ヶ月の大豆の育ちの様子

Img_0151ak*今年の
生育状態は気候の回復で可なり鞘に実入りが多く成って来ましたが、1株への鞘の付き昨年と比較して可なり少ない数と成ってます。

Img_0188ak Img_0187ak









*11月4日。ー種蒔き後約5ヶ月後の大豆畑の様子。

Img_0378ak*真夏の猛暑と秋の連日の好天で可なり実の付き具合も良くなり鞘と葉身も色付いてきました。
Img_0380ak*然し、昨年は既にの時期には一部の大豆の一部は収穫が出来ましたので其れから考えると、今年は大豆の生育が約半月以上も遅れ気味です。
  Img_0386ak  


 






2)大豆が乾燥し始めました。

*11月26日ー大豆種蒔き後約5ヶ月半程過ぎ、
Img_0711ak*ようやく大豆の葉身が褐色に色付き大豆の実に栄養分が付き始めて葉が落ち始めました。この夏枯れ葉の落ち出した時期も昨年よりは約半年も遅くか可なり遅れ気味です。

Img_0712ak*11月29日ー此れだけ実の乾燥が進みますとソロソロ今週12月には刈り取りの時期に成りました、然し 畝と株により乾燥の進み度合いに大きな差が現われて来ましたので刈り取り時期は2回に分けて遣る事に成ります。
Img_0779ak Img_0778ak









3)待望の大豆を手刈りで収穫しました。

 *12月上旬に第一回目の刈り取り作業。
Img_0834ak*早く乾燥が進んだ大豆の株の畝の部分より先にー大豆畑(23畝)の約1/3の畝を大型剪定バサミで手作業で刈り取り作業です。
Img_0841ak*ご承知の様に一般の大豆栽培では収穫は「コンバーイン」に寄る刈り取りと脱穀作業を機械で一度に遣り効率を図ってます。
Img_0840ak Img_0843ak










*12月6日ー第二回目の刈り取り作業  
(大豆畝の残り部分2/3)、
Img_0918ak*2回に分けて手作業で刈り取り収穫し完了、後は乾燥の遅れてる少しの株と「青大豆」を残し終了しました。Img_0830ak
Img_0914ak 
Img_0924ak
*刈り取り完了後の畑の全体の様子です。Img_0911ak
*今年は春先の低温と雨不足での水分不足との影響で、全体に大豆の株が小振りで豆の鞘の実入り不足が目立ちます、此れほどの大豆の生育が悪いのはこの数年度初めての出来事で今年の大豆の収穫量は昨年に比べて可なりの減量が予測されます
*今年は知り合いの大豆畑でも全く収穫が出来無い人も有ります、多分北海道等の大豆農家では深刻な影響が出てると事と思います。

4)刈り取った大豆の保管の作業です。
Img_0925ak*刈り取った大豆は車で運び実家の屋内で広げて更に2週間程の脱穀作業まで乾燥を進めます。
*今回の納屋に保管乾燥分は車で約4台分です。

Img_0927ak Img_0846ak
*1昨年は刈り取り直後に脱穀作業をし乾燥不足で「大豆実の割れと潰れ」が起きて不良品が多発し収率が落ちたので今年も手刈りで刈り取りして保管乾燥後に脱穀します。

|
|

« 晩秋の頃の家庭菜園作業 家庭菜園報告     NOー253 | トップページ | 寒冷の季節の菜園 家庭菜園報告 NOー255 »

コメント

おつかれさまです~

昨年もビックリいたしましたが、今年もあらためてう~んと、唸っております!(笑)
2800株!!凄いですね!!これを、手作業で!!
腰の方は、大丈夫でいらっしゃるのでしょうか!?
ゆっくりお湯につかって、背筋をゆるゆる~と伸ばす感じでしょうか~!?
収穫した大豆は、しばし乾燥させ、それから脱穀なのですね!
お味噌づくりは、年が明けてから~
そちらもたいへんですね!
今日、豆腐百珍のレシピを見ておりまして、自ら作った大豆でお豆腐をつくってみたいな!などと思っていたところです!
いつか、もう少し広い畑を耕せるようになりましたら、きっと大豆をつくることでしょう~夢かもしれませんが~

*マルコさん
 大豆栽培は一部農家の田圃の転作で作る人は有りますが、経費効率やその他(補償等)で年々減少してますネ。
然し、自家製味噌作りの仲間が増えて自家製大豆を使いますのでその分は栽培者は増えてますヨ(ホンの数人ですが)。
 実は大豆栽培は栽培より収穫、脱穀や選別が手間が掛かり大変なんで毎年夫婦で悪戦苦闘してますが、自家製味噌作りの為に頑張ってますヨ。    久米仙人

投稿: マルコ | 2010年12月15日 (水) 22時15分

お邪魔します。
 広大な豆畑の取り入れご苦労様でした。
 コンバインを使用しないで、手刈りでは大変だったでしょ う、仙人様の馬力には頭が下がりますね。
 これから脱穀、豆の選別等まだまだ作業が続きますね。
 例年の豆を使った加工品つくりまで頑張ってください。
 寒くなりますので身体には充分気をつけ作業を進めてくだ さいね。

*龍山さん
 お陰様で、約半年掛けました大豆畑も刈り取りが終わり一段らくしました、此方はこの頃は雨降り天気が続きますので、此れから未だ脱穀が有りますが屋内に保管してますので、天候回復待ちでその分気が休まります。
その分来年の味噌造りが楽しみですヨ。   久米仙人

 

投稿: 龍山 | 2010年12月15日 (水) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晩秋の頃の家庭菜園作業 家庭菜園報告     NOー253 | トップページ | 寒冷の季節の菜園 家庭菜園報告 NOー255 »