« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月29日 (日)

惜春の季節、黒豆の枝豆の植え付け       家庭菜園報告 NOー270

鳥取地方も、春から梅雨への気配で田圃では本格的な田植えの季節が到来で活気付いて来ました、我が家の菜園も畑も連日夏秋物の植え付け作業で大変忙しく成ってます。
1)初めて、黒豆の枝豆苗を移植しました。
Img_1989ak*今まで、自家製味噌用には大豆を栽培したので、枝豆としては作ってませんでしたが、昨年8月に知人から「黒大豆の枝豆」を戴きその美味しさに目覚めましたので、今年は自家で栽培をしてみます。
Img_1991ak*初の枝豆(黒大豆)をポットに種蒔きして苗を育てました。Img_2211ak
Img_2216ak*5月3日にポット35個に黒大豆を種蒔きし、ようやく約3週間で初生葉が2本以上に成り十分に移植出来るまで生育したので早速大豆畑の畝に移植です。
Img_2223ak*枝豆苗x33本を
畝(幅80cmx3m)3本に株幅約30cmで植え付けしました。
Img_2295akImg_2294ak*枝豆苗の新芽は「カラスや雉」等の鳥に食べられ易いので恒例の「色付きテングス糸と反射テープ」を張り巡らして鳥害対策用をしました。
Img_2230ak*この夏8月の旧盆頃に美味しい意枝豆の収穫をしております。
 

 





2)ショウガが発芽不足なので再度種芋を追加で植えました。Img_2202ak

*4月中旬に植え付けしました「ショウガ大型お多福」が約1月半経過しましたが今春の低温と植え付け時期が早過ぎく等で発芽が遅れ気味ですので、本日発芽を確認に為に畝を試し掘をして調べた所、種芋の11個を植え付けした内の約半数の6個のみしか発芽してませんで明らかに発芽不良した。Img_2203ak
*掘り出した発芽したショウガの新芽の様子です。
Img_2204ak*今週に追加で「ショウガ大型お多福」の種芋500gを同じ畝に植え付けしました、昨年のショウガの植え付け時期も丁度同じ頃5月中旬でしたのでこの時期でも十分に発芽が可能のはずです。Img_2207ak
*ショウガの種芋は1個は約70g程度の大き目にして分割し植え付けです。
Img_2206ak Img_2155ak









3)苗育成箱のサトイモの発芽が良好です。Img_2133ak
*今年初めて、4月24日に「サトイモ石川小芋」を箱植えにて発芽促進をしてみました。Img_2151ak
Img_2142ak*サトイモの発芽の様子は、5月上旬頃にようやく新芽(約10本程)が出始めたばかりの状態です。
Img_2288ak*4月24日に植え付けした種芋約24個の内、今回は約21個の発芽(約90%)がしましたので、昨年の発芽に比べて可なり良い発芽が出来ました。
Img_2289akImg_2291ak*種芋を植え付けして、保温と水分の補給が十分に出来て約1月程で待望の発芽しましたので来週頃には早速移植出来そうです 。




◎来週は第二弾の夏野菜の追加植と大豆畑の管理機での耕作の予定です。

| | コメント (3)
|

2011年5月22日 (日)

薫風の季節、夏野菜植え付け作業。    家庭菜園報告   NOー269

鳥取地方も先週から連日の快晴続きで、まるで夏日(28度にも)の様な日も有ります。
 周囲の田圃では早い所では田植えが始まる季節と成りました、我が菜園もこの天候に急かされて大忙しのこの頃です。
1)待望の夏野菜類の植え付け開始と成りました。

Img_2048ak*今年は冬の大雪の影響で気温が低くて例年に比べ遅れ気味でしたが、連日の好天で昨年に比べて約10日程遅くに成りましたが連休明けに、ようやく第一回目の夏野菜類の植え付けをしました。Img_2058ak
**第一回目の植え付け分。









Img_2090ak
*ミニトマトx3本。大玉桃大郎トマトx2本。中玉瑞栄トマトx3本。


*丸ナス(クロワシ)x2本。                  *長ナス(千両)x3本。  Img_2055ak

Img_2054ak *ピーマン(京ミドリ)x2本。
*シシトウx1本。

Img_2093ak洋カボチャ(ハヤト)x4本。
*和カボチャ(ミヤコ)x2本
*ゴーヤ(青苦)x2本。
*オクラx1本
Img_2183ak
*今年最初の植え付け分は数を少し減らして、後日に晩生収穫用として4種x8本程を追加で約10日程に遅くの植え付け予定してます。





2)ジャガイモの芽欠き作業と土寄せと追い肥作業です。
Img_2119ak *今年4月上旬に植え付けのジャガイモ4種がようやく新芽も大きく成りました、全て新芽の2本立ちへ芽欠きしました。
Img_2107akImg_2112ak*「ダンシャク」は種芋に準備不良で1畝分が特に発芽率が70%程度と悪い様です。
Img_2136ak*「メークイン」「キタアカリ」の発芽は良好で約90%以上の発芽率を得られました。Img_2163ak_2
Img_2168ak*新種の「はるか」は土壌条件が合わなかったようで発芽は50%程度と極端に良く有りませんでしたので来年度は新品種の選定を検討します。
*土寄せ作業をした後初回の有機系の追い肥をしました。




3)待望の春豆のキヌサヤの初収穫と成りました。
Img_2187ak*今年の大雪にも負けずに寒冷紗で越冬した「キヌサヤツル有り白花」が待望の初収穫です、この時期の春豆キヌサヤは葉物以外での作物では春の味覚を代表する貴重な作物です、早速サラダの具や玉子とじ、塩茹でビールの肴等で堪能しました。Img_2188ak
Img_2199akImg_2190ak*遅れていた「エンドウ、万竜」にも花芽が付き始め出しました。
Img_2193ak*「ソラマメ、お多福」にもようやく小振りながら可愛い実が付き始めました。
     

| | コメント (5)
|

2011年5月10日 (火)

陽春の季節,菜園の様子です 家庭菜園報告    NOー268

鳥取地方も、連日の快晴続きで25度にも成る日が有ります、気候も好く成って外作業に良い季節です、いよいよ菜園も大豆畑も夏野菜の植え付けの準備で忙し成って来ました
1)待望の、ジャガイモの芽が出始めました。
Img_2066ak*今年の4月4日に植え付けした「ジャガイモの4種ーダンシャク、メークイン、キタアカリ、新種はるか」がようやく発芽し始めました、昨年は4月20日過ぎには発芽を確認してますので、今年は約1週間程遅くの発芽です、その上に品種によっては可なり芽の出具合
の差が大きく、今は全体的には半分程度の発芽ですので未だ々此れから発芽には時間が掛かりそうで暫くは様子見ですネ。Img_2015ak
*「ダンシャク」は特に種芋の良し悪しのバラツキが大きかった様で、更に植え付け前の処理で木草灰を付け乾燥させた時に種芋の切面にカビ不良が起きた一部の種芋の発芽が悪い様なので様子を見て今後に追加等を検討します。 Img_2014ak
*メークインは全体に発芽は8割良好です。
Img_2018ak*キタアカリはようやく芽が出始めたばかりですが発芽は良好の様です。
Img_2067ak*新種「はるか」は写真の様に未だ々遅れて気味で特性なのか殆ど発芽してません。   







2)ようやく、春豆の花芽が出始めて、芽欠き作業の時期と成りました。

Img_2006ak*春豆3兄弟に待望の花芽が出て来ました。
*昨年の11月末の種蒔きし寒冷紗で越冬した「キヌサヤツル有り白花」は花芽も盛りで、一部の日当りの好い所の早い花芽には可愛い実が付き始めましたネ。Img_2007ak
Img_2009akImg_1920ak*ソラマメにも一斉に可愛い花芽が付き始めました、ソラマメには例年此れからアブラムシ等害虫が付き始めますので対策(元気丸や植物製嫌気剤等の散布)に悩みそうです。Img_2000ak
Img_1945ak*キヌサヤ、ソラマメに最初の側芽欠きと整枝作業を遣り葉身と実付きの促進を図ります。
Img_2003ak*今年の2月中旬に追加で種蒔きした「エンドウマメ、万竜」は遅れ気味でしたがようやく蔓が大分延びて来ましたのでもう直ぐ花芽が付きそうです。

   




3)今年も春の恒例、筍の初堀です。
Img_1902ak*今年は大雪で季節が遅れ気味でしたので、例年より約10日程遅くヤットこの連休に何時もの秘密の所(誰でもが自由に採る事が出来る一部の人のみが知る場所)の竹薮に出かけました。Img_1894ak
*ヤハリ何時もより筍が小振りで見付けるのが難しい状態でしたが、出始めの初筍は其れだけに柔かく、アクも無くて非常に美味で春の味覚を堪能しました。
Img_1904akImg_1900ak*初物だけに知人に御裾分けしても大変喜ばれております。
   

Img_1906akImg_2074ak

| | コメント (4)
|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »