« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月20日 (月)

水無月の季節、玉ネギの初収穫です。      家庭菜園報告 NOー272

鳥取地方も水ノ月の季節、夕方には近くの小川沿いに源氏蛍が乱舞していて幻想的な世界が現れております。
梅雨で「三晴四降」の日々が続いて居り、その晴れ間を縫っての菜園作業をやってます。
1)待望の、早生玉ネギの初収穫と成りました。

Img_2472ak*昨年11月17日に植え付けした、
玉ネギ苗x400本、
(早生x100本、中生x100本、晩生x200本)が気温が上がり玉太りが大きく成って来ました。
早速、「早生玉ネギx100本」の葉身が倒れ枯れ出して来ましたので、この時期の梅雨の雨で遣られ無い内に収穫です。Img_2594ak

Img_2592ak*今年の大雪で一時は葉身の育ちが小振りでしたが、春先の好天のお陰で急激に回復して例年よりも玉太りも良好の育ちと成りました。
*例年春先に現われる葉身のネギ坊主も気候の低温の成果、今年は殆ど出来ずに久し振りに良好な出来栄えで約80個程の収穫でした。Img_2600ak
Img_2602ak*今回は大振りな玉ネギでは1個で約300g以上の玉太りの物も有りましたが、然し味としては小振りな方が味も良く調理にも利用できて重宝です。
 
 







2)エンドウ豆、ソラマメの収穫が最盛期です、

Img_2469ak*今春の2月24日に改に種蒔きした「エンドウマメ、万竜」が先の「キヌサヤ」に負けじと育ちようやく待望の初収穫と成りました、早速にエンドウ豆御飯にて春の食感を堪能しました。
Img_2470ak*エンドウマメを春のこの時期に種蒔きし栽培したのは初めての事でしたが、意外とこの季節に充分に合って実が入り良く出来ましたので、豆類のこの時期の種蒔きもこれも良い経験でした。Img_2495akImg_2497ak
Img_2465ak*昨年11月27日に種蒔きした「ソラマメ、お多福」が例年の散々な害虫アブラムシ等の被害も今年は殆ど無くて良い大粒の鞘で実の入りも良くて待望の収穫が出来ました、早速塩茹で味わいました。Img_2483ak
*春先の「キヌサヤ」の収穫は足が速くて、先日もう完了し撤去しました。   







3)トウモロコシ苗の移植と成りました。Img_2336ak

*自家製のポット苗「トウモロコシ、ピータコン」が充分に育ちましたので本日約30本程、大豆畑の野菜畝に移植しました。
Img_2516ak*今回のトウモロコシ苗の移植は、先に4月末に一度ポットに種蒔きしたが春の低温等で発芽が不良でしたので、再度5月中旬に種蒔きしたので昨年よりも約2週間程遅くに成りましたから収穫の時期は8月中旬頃に成りそうです。
Img_2528ak Img_2579ak Img_2565ak
*ブロッコリ、緑嶺のポット苗x10本も同時に移植しました。







4)春大根と牛蒡が発芽しました。
Img_2307ak
*5月27日に大豆畑の野菜畝に種蒔きした「春蒔き大根、時なし」と「ゴボウ、うまいごぼう」が約1月達って順調に発芽しました。
Img_2309akImg_2311ak_2
Img_2312ak
Img_2586ak*ようやく間引き出来る様に成りましたので、本日土寄せをしました
Img_2587ak*例年この時期での無農薬の「春大根」の栽培は害虫等被害で結果は余り良く有りませんが、今年は約2週間程気候が遅れていて比較的気温が低めですので期待して種蒔きしましたが如何成りましょうか?

Img_2589ak

| | コメント (4)
|

2011年6月11日 (土)

梅雨の晴れ間、夏野菜の追加植え付け      家庭菜園報告 NOー271

鳥取地方も、先週は昨年よりも約12日早く入梅と成り、約1週間も雨が続きましたが、梅雨の晴れ間を縫っての作業で忙しくしてます。
1)第二弾の夏野菜類の追加植え付けです。
Img_2246ak*先の連休後の第一弾の植え付けに引き継ぎ、ようやく約3週間程遅くれて5月末に追加の遅採り用の夏野菜類の植え付けと成りました。
Img_2316ak*第二弾の追加の夏野菜類ー 
*トマト瑞栄 苗x2本
*ナス千両 苗x2本
*ピーマングリーン苗x2本
*オクラ苗 x2本
*キウュリ苗 x2本Img_2251akImg_2247ak

*連休後に植え付けした夏野菜の第一弾がソロソロ芽欠き作業の時期と成って来ました。





2)今週は、第一弾の夏野菜への支柱立てと新芽欠き作業です。
Img_2372ak_2*5月上旬の夏野菜類の葉身や蔓が大分育ちましたので、ようやく支柱立てと成りました。Img_2371ak
*今回は、トマト、キュウリ、オクラ、ゴーヤは例年どうりの直立式の支柱を立てました。
Img_2375ak*洋カボチャには昨年の「空中式栽培ネット」が良好でしたので今年も同じ様にネットを張り、カボチャのツルを上方に伸ばします。Img_2377ak









Img_2381ak夏野菜の新芽欠きと整枝作業です。
*トマト、ナス、キュウリ、カボチャ等が可なり脇芽や側枝が出来て来ましたので、基本的には3本仕立てに整枝と芽欠きと下葉の除去の作業して葉身の促進を図ります。Img_2256akImg_2262ak Img_2350ak









3)サトイモ(石川小芋)苗の移植をしました。

Img_2388ak*4月24日に今年初めて「サトイモを促進箱で芽出し」を試してみました、其れから約40日経過して発芽(植え付けした種芋24個の全量が発芽しました)が良好で新芽が充分に大きく成りので待望の移植と成りました。
Img_2404ak*昨年は種芋の直植で発芽は約70%程度しか発芽しなかったので今年は「サトイモを促進箱で芽出し」が成功しました。Img_2409ak
Img_2413ak*サトイモの苗24本は畝2本に十分の広さ約40cm間隔幅で植え付けしました。Img_2411ak
Img_2417ak*サトイモ畝には水分保持と雑草防止の為にマルチ を掛けました。 






4)今年は春キャベツの収穫が盛況です。

Img_2281ak*昨年10月末に自家製ポット苗より移植の越冬した「キャベツ四季緑」が、今年は低温のお陰で害虫の被害も比較的に少なくて、最近の好天で一気に大きく成り(大型では1個重Img_2321akさが約2,0kg程)毎日収穫出来てます。
*此れからは気温が揚がり害虫の被害が益々酷くなりますので、一気に収穫します、今期のキャベツは連日で合計で12個以上取れてたので、知人に御裾分けしてこの時期のキャベツは喜ばれてます。Img_2282akImg_2419ak





**今週からいよいよ大豆種蒔き畑の準備が始まり12月頃ま大豆栽培が続きそうです。

| | コメント (4)
|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »