« 梅雨の晴れ間、夏野菜の追加植え付け      家庭菜園報告 NOー271 | トップページ | '11年の大豆、小豆栽培の様子(NO-1)      家庭菜園報告 NOー273 »

2011年6月20日 (月)

水無月の季節、玉ネギの初収穫です。      家庭菜園報告 NOー272

鳥取地方も水ノ月の季節、夕方には近くの小川沿いに源氏蛍が乱舞していて幻想的な世界が現れております。
梅雨で「三晴四降」の日々が続いて居り、その晴れ間を縫っての菜園作業をやってます。
1)待望の、早生玉ネギの初収穫と成りました。

Img_2472ak*昨年11月17日に植え付けした、
玉ネギ苗x400本、
(早生x100本、中生x100本、晩生x200本)が気温が上がり玉太りが大きく成って来ました。
早速、「早生玉ネギx100本」の葉身が倒れ枯れ出して来ましたので、この時期の梅雨の雨で遣られ無い内に収穫です。Img_2594ak

Img_2592ak*今年の大雪で一時は葉身の育ちが小振りでしたが、春先の好天のお陰で急激に回復して例年よりも玉太りも良好の育ちと成りました。
*例年春先に現われる葉身のネギ坊主も気候の低温の成果、今年は殆ど出来ずに久し振りに良好な出来栄えで約80個程の収穫でした。Img_2600ak
Img_2602ak*今回は大振りな玉ネギでは1個で約300g以上の玉太りの物も有りましたが、然し味としては小振りな方が味も良く調理にも利用できて重宝です。
 
 







2)エンドウ豆、ソラマメの収穫が最盛期です、

Img_2469ak*今春の2月24日に改に種蒔きした「エンドウマメ、万竜」が先の「キヌサヤ」に負けじと育ちようやく待望の初収穫と成りました、早速にエンドウ豆御飯にて春の食感を堪能しました。
Img_2470ak*エンドウマメを春のこの時期に種蒔きし栽培したのは初めての事でしたが、意外とこの季節に充分に合って実が入り良く出来ましたので、豆類のこの時期の種蒔きもこれも良い経験でした。Img_2495akImg_2497ak
Img_2465ak*昨年11月27日に種蒔きした「ソラマメ、お多福」が例年の散々な害虫アブラムシ等の被害も今年は殆ど無くて良い大粒の鞘で実の入りも良くて待望の収穫が出来ました、早速塩茹で味わいました。Img_2483ak
*春先の「キヌサヤ」の収穫は足が速くて、先日もう完了し撤去しました。   







3)トウモロコシ苗の移植と成りました。Img_2336ak

*自家製のポット苗「トウモロコシ、ピータコン」が充分に育ちましたので本日約30本程、大豆畑の野菜畝に移植しました。
Img_2516ak*今回のトウモロコシ苗の移植は、先に4月末に一度ポットに種蒔きしたが春の低温等で発芽が不良でしたので、再度5月中旬に種蒔きしたので昨年よりも約2週間程遅くに成りましたから収穫の時期は8月中旬頃に成りそうです。
Img_2528ak Img_2579ak Img_2565ak
*ブロッコリ、緑嶺のポット苗x10本も同時に移植しました。







4)春大根と牛蒡が発芽しました。
Img_2307ak
*5月27日に大豆畑の野菜畝に種蒔きした「春蒔き大根、時なし」と「ゴボウ、うまいごぼう」が約1月達って順調に発芽しました。
Img_2309akImg_2311ak_2
Img_2312ak
Img_2586ak*ようやく間引き出来る様に成りましたので、本日土寄せをしました
Img_2587ak*例年この時期での無農薬の「春大根」の栽培は害虫等被害で結果は余り良く有りませんが、今年は約2週間程気候が遅れていて比較的気温が低めですので期待して種蒔きしましたが如何成りましょうか?

Img_2589ak

|
|

« 梅雨の晴れ間、夏野菜の追加植え付け      家庭菜園報告 NOー271 | トップページ | '11年の大豆、小豆栽培の様子(NO-1)      家庭菜園報告 NOー273 »

コメント

お久しぶりでした!!

大きな玉ねぎの収穫ですね!!
待てば回路の日よりあり~(笑)
こちらではめったに大きくなってくれませんけど、大振りのものより、小振りの玉ねぎの方が美味しいのですね~
お豆さんも、春植えのものが綺麗に出来て、良かった~!
こちらの春植えは、いまひとつパッとせず、胡瓜に場所を提供しなくっちゃ!!ということで、早めの撤収となってしまったのです!!
可哀想な事をしてしまいました!
とうもろこし、たくさんですね!!
お体、ご慈愛くださいませ~

*マルコさん
 お陰様で今年は玉ネギの出来は良かったですネ、ブログで見るに今年は全国的に出来が良さそうです。
春蒔きのエンドウも良く間に合い予想よりも収穫が良かったですね。
春蒔きの方法は来年の参考に成りました。
 当方も次のサツマイモ等植え付けで春物の跡形付けに追われております。
 今年気長にブログもペースダウンでの更新で遣ってます。       久米仙人

投稿: マルコ | 2011年6月28日 (火) 23時59分

其方の方は良い所ですね源氏蛍が飛んでいますか、綺麗な水の小川何でしようね。
早生の玉ネギを収穫が終わりましたか、それにしても玉ネキを
沢山作っていますね、我が家は半分です。
今エンドが最盛期ですか、我が家ではエンドの場所にトウモロコシが芽を出していますが、遅い分だけ長く楽しめますね。

トウモロコシは直蒔きをしないのはなぜなのかな???
直蒔きで簡単に芽がでますが・・・

*安さん
 菜園の近くの小川は地元の方が保護していて(当方も冬にキャベツ等を与えてます)タニシが生息していて、そのお陰で源氏蛍が沢山に生息してます。
 玉ネギは我が家の主食?なので保存が効きますので略1年分を栽培してますヨ。
 トウモロコシは昨年までは直播してましたが発芽と苗の育ちが不揃い勝ちで、場所的も非効率なので(防鳥ネット掛けも)、今年からポットで苗を育て良い苗だけを選んで移植する方法に変えました。   久米仙人

投稿: 安さん | 2011年6月23日 (木) 07時16分

昨冬は寒かったので玉ねぎは不作と思っていましたが、この辺りでは近年にない豊作でどこのお宅も大玉が吊るされています。
うちは畑の状態が悪かったので普通でした。畑の状態が悪くても普通だったのですからいかに豊作だったかわかりますね。
と、この状態を見るに玉ねぎは3月頃の玉が太る頃に水分を大量に与えると大玉になるのではないかと。
久米仙人さんは小玉の方がよろしいようですが、大玉狙いなので来年はこの時期に水をあびせるほどやってみようかと思っています。

*maoさん
 今年の玉ネギはこの冬は歴史的な?大雪でしたので一時は不安でした、気温の回復と共にグングン育ち、ネギ坊主も出なくて玉太りも良好でした。
 此れから一年間分の晩生の収穫です。
 ブロク仲間の皆さんを見ると全国的に玉ネギの当たり年のようで、奈良の方は何んと1個で900gも有る大玉が出来たそうです。
ハヤリ3月頃の水分がプラスしたんでしょうか?      久米仙人

投稿: mao | 2011年6月22日 (水) 18時09分

お邪魔します。
 いよいよ早生タマネギの収穫ですか、このところ雨が多いので収穫後の保管が大変ですね。今年は玉太りも良く大きめのものが多く収穫できよかったですね。あと300本の収穫が控えておりますので無理の無いようにしてください。
 ブロッコリーやとうもろこしの定植、大根や牛蒡も無事に発芽して安心ですね。あとは無事収穫を待つばかりですね。

*龍山さん
 お陰様で玉ネギは大雪で一時は心配してましたが天候の回復と共に育ちが良くなり、収穫と成りました。
玉ネギは苗の出来と植え付け前の土が出来ていれば後は多少雑草等有っても丈夫に育ちます・・玉ネギは冬にも負けず・・偉い!・・
 例年どうり春大根を蒔きましたが、この時期は難しいので如何成りますやら・・・ 
                      久米仙人

 
   

投稿: 龍山 | 2011年6月21日 (火) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨の晴れ間、夏野菜の追加植え付け      家庭菜園報告 NOー271 | トップページ | '11年の大豆、小豆栽培の様子(NO-1)      家庭菜園報告 NOー273 »