« 水無月の季節、玉ネギの初収穫です。      家庭菜園報告 NOー272 | トップページ | 梅雨明けの季節、ジャガイモの試し掘りです。  家庭菜園報告 NOー274 »

2011年7月 2日 (土)

'11年の大豆、小豆栽培の様子(NO-1)      家庭菜園報告 NOー273

鳥取地方も今年の梅雨は例年よりも2週間も早く入り、毎日が降ったり止んだりのハッキリし無い天気が続いております。

「’11年の大豆栽培作業(NOー1)」 

 今年最初の大豆栽培の様子を報告します。
恒例の「自家製味噌作り用、豆腐作り用の大豆栽培」も早くも5年目と成ります、年々この大豆畑での自然農業(完全無農薬、無化学肥料)での大豆栽培は少しずつ難しく成って来ました。

1)今年最初、大型耕運機による大豆畑の全面耕作作業。
 *5月2日(晴れ)、
Img_1881ak*大豆専用の畑(広さ630㎡、190坪)ーを親類の大型耕運機を依頼しての早速、畑全面の土壌の天地返しの為の耕作作業をしました。

Img_1961ak*昨年12月の大豆収穫後は約5ヶ月間程何も栽培しないで休耕で放置していて雑草が伸び放題状態です、この雑草は大型耕運機で鋤き込み有機肥料分とし利用します。Img_1964ak
*昨年は、4月末には大型耕運機での天地返しの耕作をしましたが、今年は気温が低いのと、その後種蒔きまでの時間が長すぎると又雑草の伸びが酷く成るので、今年は雑草の伸びを抑える為に昨年より約1週間程遅らせて5月頭に全面の天地返し耕作作業をしました。Img_1980ak

Cimg9911ak*この大豆畑での大豆栽培は今年5年目に成りますので、昨年度より大型耕運機での天地返しで土壌の入れ替えし畑の改良を図ります。
Img_1982*ヤハリ大型耕運機なので深く耕せ更に雑草も完全に鋤き込みが出来て耕土が綺麗に成りました。





2)自家小型耕運機による大豆畑の整地作業

 *5月20日、27日(曇り)。
Img_2384ak*5月上旬に先に大型耕運機を入れた「大豆畑」をその後の雑草を抑える為と土壌の改善(土壌の破砕と水捌けの促進と酸素、窒素攪拌作用)をする為に何度も「自家小型耕運機」で耕作しました。Img_2392

*この数回の「小型耕運機での畑の耕作作業」は後の大豆の育ちと実の付き等の大豆の収穫に大きな影響を与える重要な作業です。 
Img_2396ak*然し「自家小型耕運機」は馬力が弱くて、大豆畑(630㎡、190坪)の全面を耕すには1回分は延べ約2日程も掛かり、全体では種蒔きまでの整地と畝作り迄には約1月程掛かります。



3)大豆種蒔き用の畝作り作業。

    *5月27日(黒大豆用畝-3本)
    *6月15日(白大豆用と小豆用 畝ー28本) 
 Img_2512ak

*大豆用の1畝のサイズ。
  ー畝幅約40cmx溝幅約40cmx長さ約21m。
*畝数x31本。ー黒大豆用畝-3本。
         ー白大豆用畝ー22本+小豆用 畝ー6本。

Img_2507ak *今年は「黒大豆用と白大豆用と小豆用」で豆類の畑の総面積は504㎡(153坪)で昨年と略同じ程の広さです。
*大豆用の広さ約420㎡(130坪)で昨年より+約10%程広くし、その分小豆用畝は2畝分を減らしました。              

Img_2509ak*小型耕運機での畝作りは、畝幅を計りながらの作業ですが、小型の機械では中々測った様にはどうしても溝が深く綺麗に切れません、後日に再度手作業によっる畝作りで補います。Img_2530ak
*普通大豆栽培農家では大豆の種蒔きに時点では畝は作りらず、直接平面に種蒔きしてますが、我が家の大豆栽培方法は畑の雑草防止効率と発芽時の水捌けの効率、畑全体の防虫への為に風通りを良くする(完全無農薬栽培での畝間の換気)為に「畝切りをして広く畝作り」をしております。

4)大豆の種蒔き作業開始です。
 *6月17日(晴れ)
 *黒大豆の種蒔き完了
   ー黒大豆(畝数 3本)
     x400g(750粒)
Img_2544ak*写真の黒大豆種は赤褐色に見えますが此れは種の表面に防腐と防虫、鳥害対策の処理加工がして有る為の着色です。

Img_2554ak*「黒大豆大粒」の種蒔きは
ー種蒔き間隔は約35cmの穴間隔で深さは約5-7cmで1箇所に3粒ヅツを種蒔きす。
Img_2548 Img_2553ak Img_2556ak Img_2557ak

*「黒大豆大粒」は今年初めての3畝に種蒔きしました、今までも「茶大豆」「青大豆」と色々な大豆を栽培しましたが「黒大豆大粒」は初めての種類の種蒔きで、此れで全ての色の大豆?を種まきした事に成りますが、秋の収穫とお正月が楽しみです・・・。
 *白大豆の種蒔き作業完了。
   *6月18日、21日(曇り)種蒔き作業。

*今年の大豆作付け総面積。
*面積 約420㎡(130坪)
*全大豆畝ー畝数x25本(白大豆畝 22本+黒大豆畝 3本)

Img_2608*今年の白大豆畑(畝数x22本)の種蒔き、
*白大豆種の使用量x約1、300g(4,100粒)Img_2562ak


Img_2571ak Img_2569ak   

Img_2583akImg_2580ak

Img_2575ak*種の撒き穴の間隔はー種蒔き穴間は約35cmで1箇所に3粒づつ、1畝に約60箇所穴の種蒔きです。
Img_2618ak_2*今年は大豆の収穫量の増量を期待して(昨年は大豆の収穫が予想以上に収穫量が減りましたので)大豆用面積を更に約10%程広げ、大豆種の撒き穴箇所ー1,500箇所(黒大豆と白大豆合計分)。


5)大豆の種と新芽への鳥害対策です。
 *6月21、24日(晴れ)

Img_2620ak*昨年と同様に種蒔き後の畝25畝の周囲に早速に支柱を立て防鳥対策をします。
Img_2627akImg_2625ak_2*ー昨年は大豆の新芽を可なり鳥類(カラス、キジ、鳩等で)に根元から食べられて酷い鳥害(約5%も)を被りましたので、又蒔いた大豆種を食べられない様に、昨年より非常に効果が有りました黄色の防鳥糸と赤銀の反射テープを畝の周囲に廻らして鳥害対策をしました。

|
|

« 水無月の季節、玉ネギの初収穫です。      家庭菜園報告 NOー272 | トップページ | 梅雨明けの季節、ジャガイモの試し掘りです。  家庭菜園報告 NOー274 »

コメント

久米仙人さん
本当に大豆様の栽培は大変ですね。
それもこれも規模が大きくなると、家庭栽培の範疇を超えて農業になってしまうからですね。
私も夏になると好きでもっと上達したいグランドゴルフの出席率が下がります。
今年は6月初旬に種まきをしましたので既に本葉も出そろい今週は親類の助けもかりて土寄せが終わりました、以後は草取りをして大豆の成長を待つことになります。でもその草取りがまた大変。夏の汗をかきながらこれが私の趣味なのだと言い聞かせてがんばります。

しかし大豆のたくさん入った、自家製味噌汁はおいしいですから、毎朝の味噌汁が楽しみです。

お互いの今年の豊作を期待しています。

*まかたんさん
 大豆栽培の作業御苦労様です。
お陰様で、6月中旬に大豆の種蒔きも終わり、今は連日の雨降りせいで無事に出芽して初生葉が出て来て、黒、白大豆とも発芽状態は良好です(鳥害に有った新芽も無くて)。
然し、此れから未だ々、中耕や培土と恒例の草取りと続きますので先は永いですネ。
 昔から、草取りは無我の境地に為らなければ出来無いと言いますからネ・・・・
 然し、冬の美味しい自家製味噌作りを楽しみに作業を楽しみましょう。
  お互いに、此れから暑く成りますので、熱中症対策をしながら、少しづつ気長に遣りましょう。               
                   久米仙人

投稿: まかたん | 2011年7月 6日 (水) 22時52分

久米仙人さん★こんにちわ
広大な大豆畑を綺麗に耕作をされ畝立した所に豆蒔きして、しかも防鳥対策して終えられたのですね。
お疲れさまでした。これで一段落がつきましたね。

当方地区では減反対策の為に大豆を作付けしていますが、一部の人かも知らないが収穫時に収穫していないとは、もったない事だな。
おいしいお豆腐、お味噌、煮物などに重宝しますね。
作業は、大変だが収穫が楽しみですよね。

*安さん

 実はオシャルとうりに、大豆栽培関しては今の農家は(北海道等一部の専業を除き)全く駄目です・・
 この原因は敢て言えば、今の農政が駄目で、農家は「減反保障、米価保障、個別保障」等で農地税金逃れと保障漬けで自分達を駄目にしてます、結果大豆等は「保障金目当て」で収穫を無いで廃棄してるのが現状です(収穫すると保証金が取れませんので・・)。
 ですから小生は敢て自栽自消の気持ちで愚直に無農薬で大豆栽培を遣ってます。   
                    久米仙人

投稿: 安さん | 2011年7月 5日 (火) 10時14分

お邪魔します。
 いよいよ恒例の大規模大豆農園作業が
 始まりましたね。
 大型トラクターを駆使しての耕転、壮観ですね。
 そしてチビトラクターでの畝作り、ご苦労様でした。
 晩秋には、見事な豆が大豊作でありますように
 奈良の大仏様に祈っておきますね。
 今年はどんな大豆製品が増えるのか今から楽しみに
 しております。
 キジにも負けず カラスにも負けず そして鳩にも
 負けずに頑張ってください。

*龍山さん
 今年も大豆農家の季節が到来し事前には手間が掛かりますので、種蒔き後の今は一息ついてます
 今は、お蔭様でキジやハト、カラスに負けず無事に発芽してます。
 昨年は天候の関係で不作でしたので
今年は遠くの奈良の大豆様(間違いました大仏様)に祈願して、注意深く生育を遣るつもりです。             久米仙人
 

投稿: 龍山 | 2011年7月 4日 (月) 16時05分

こんにちわ~

これはもうご趣味の範疇をこえていらっしゃいます~!
大豆農家さんの畑のようです!!
お味噌とお豆腐、そして、枝豆もなのでしょうけれど、どれほど久米仙人さんが、大豆にぞっこんでいらっしゃるかが~!(笑)
塩麹、ぜひお試しくださいませ~
なんにでも使えて、あじわい豊か~になります~!

*マルコさん
 そうなんです、この6月は殆ど大豆専業農家状態の日々でした、ようやく大豆の種蒔きが終わり一息付いている所です。
 田舎でも最近は大豆を栽培する農家は減って来てます(現実で言えば採算に合いません作物ですから)、其れだけに素人が大豆を作るのは珍しい様で、作業していると大豆の事を聞かれる事が多いですヨ。
 此れからも味噌等の為に友人も誘い大豆農家?で頑張りますヨ。    久米仙人

投稿: マルコ | 2011年7月 4日 (月) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水無月の季節、玉ネギの初収穫です。      家庭菜園報告 NOー272 | トップページ | 梅雨明けの季節、ジャガイモの試し掘りです。  家庭菜園報告 NOー274 »